ピクシブ百科事典

蜂谷釣糸

はちやつるし

蜂谷釣糸は、アニメ『BORUTO』の登場人物。

CV:高橋伸也

概要

霧隠れの若き忍で、ランクは下忍。六代目水影・長十郎の側近である枸橘かぐらとはアカデミーの同級生でもあり、親友だった。干柿屍澄真はアカデミーの先輩でもあり、その手下として活動していたが、相次ぐ失態から粛清されてしまう。その後、うちはサラダの医療忍術に命を救われ、その恩を返す為に屍澄真たちの目的を話した。

人物像及び戦績

かつてはかぐらの同期で親友だったが、現在は疎遠。典型的不良少年だが、恩に対しては報いるくらいの良心は持っている。アカデミー卒業済みの下忍であるが、実態は他里からの来訪者を血霧の里の名を出して嫌がらせをする不良集団の一員でしかない。また水遁系忍術及び剣術を使う事こそできるものの、山中いのじんから「あれで下忍」と呆れられるレベルでしかない。アカデミーの先輩である屍澄真の手下として活動していたが、うずまきボルト達と喧嘩となった際に仲間諸共敗れ、逆恨みに雷門デンキを拉致する等したが再び敗北。あまりにもの失態続きに屍澄真に見限られて制裁を受け、大怪我を負うものの、サラダに命を救われる。その返礼に屍澄真の企みをサラダ達に教えた。

コメント