ピクシブ百科事典

豁青雲

かつせいうん

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「玄心素懷無別分,明月清音幾度聞,
何處優游能自得,劍舞長空上青雲。」

概要

称号:玄劍(げんけん)

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
霹靂魔封」などの作品を主に活躍した。

道教組織「聖龍口」の玄劍使。青陽子の部下である爽やかな青年剣士。
幾度もの戦いを経て、「聖龍口」の副道主に就任する。

プロフィール

性別
初登場霹靂天命之戰禍邪神Ⅱ破邪傳 第23章
根拠地聖龍口
身分聖龍五使の玄劍使、聖龍口副道主
化身墨台辟邪
家族墨陽子(父)、昔月影(妻)
上司青陽子(道主)、靜濤君(副道主)
同僚凝塵、歐陽鐵血、葛衣生(聖龍五使)
部下傲淩霄、晏何清、碧霄子、辯玄真人、定錄真人(六旗禦主)
その他劍子仙跡(憧れ)
武器玄劍


人物

黒髪の青年道士にして、爽やかな剣士。「聖龍口」の「聖龍五使」の一人・玄劍使であり、青陽子の部下である。東瀛百妖卷の大妖怪・九變妖媸が中原に侵攻する際、西武林の組織を合修會の旧拠点に避難させた。

九變妖媸と互角に渡り合えるほどの実力を持つが、それは当時に生死不明だった劍子仙跡が、彼の名前と姿を借りて活動したからである。九變妖媸が倒されてから、豁青雲の本人が初めて姿を現す。以降は「聖龍口」の剣士として、青陽子のために奮闘する。

父は「霹靂王朝」時期に登場した墨陽子で、青陽子の弟弟子である。墨陽子は気功術が強く、当時の戦いで犠牲になるが、その気功術は豁青雲に受け継いだ。豁青雲のセリフから、修行の際に墨陽子の厳しい一面が知られる。

剣術より気功術が強い豁青雲だが、道教先天・劍子仙跡に憧れるあまりに、剣を取って戦うことになった。物語の進行につれ、劍子仙跡から「天下無雙」を会得し、剣術が高まっていく。

関連タグ

霹靂布袋戲

青陽子 劍子仙跡

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴーりーぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「豁青雲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 0

コメント