ピクシブ百科事典

作品名→ハリー・ポッターと賢者の石

概要

ニコラス・フラメルが錬成した魔法アイテム。見た目は赤い石だと説明されているが、作中では現物は登場しておらず、硬い石のようなものだと言う説明が出てきただけである。

この石を使えば黄金や命の水を生み出す事ができ、それによりフラメルとその妻は600年以上の時を生きてきた。そしてヴォルデモートは、自身の復活の為にこの石を求めて行動を起こす。

1890年代に、フラメルはアルバス・ダンブルドアと初めて知り合い、手紙のやり取りをするようになった。その後にダンブルドアも賢者の石の共同研究者となる。そして完成した賢者の石はグリンゴッツホグワーツみぞの鏡に隠していたのだが、ヴォルデモートの配下となったクィリナス・クィレルの魔手により奪われそうになる。しかし最終的にはハリー・ポッター達が死守した。

その後、ダンブルドアとフラメルは話し合った結果、石の破壊を決定する。
そしてフラメルとその妻は、最終的には自ら己の人生に幕を引いた。

色んな意味で後に登場した死の秘宝、特に蘇りの石との共通点が多く、それ故にここから着想を得たのかもしれない。ダンブルドアが石の研究に協力したのもその為かもしれない。

ちなみにクィレルを燃やしたハリーの力は、よく誤解されるが賢者の石の力ではない。
詳細はを参照。

関連記事

親記事

ニコラス・フラメル にこらすふらめる

pixivに投稿された作品 pixivで「賢者の石(ウィザーディング・ワールド)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16

コメント