ピクシブ百科事典

百味ビーンズ

ひゃくみびーんず

映画『ハリー・ポッターシリーズ』に登場するお菓子の一つ。
目次[非表示]

概要

 正式名称は「バーティー・ボッツの百味ビーンズ」。
 魔法界の子供の間では一般的なお菓子であり、見た目はゼリービーンズそのもの。

 名称の「百味」の名に偽らず様々な味がする。
 イチゴコーヒーのようにお菓子の味として馴染み深い物や、トーストカレー等といった料理の味も存在するが、ゲロ鼻くそなど最早食べ物として如何わしい味もある。
 豆の色は味にちなんだ物で、食べるまで全く分からないという完全なロシアンルーレットではない。

 アルバス・ダンブルドアはこれを初めて口にした際、よりによってゲロ味を引き当ててしまい、強烈なトラウマを抱えてしまった。その後、もう一度挑戦した際に引き当てた味は耳クソ味だった…

種類

以下は劇中で判明した物とする。

チョコ
・ペパーミント
マーマレード

ココナッツ
コーヒー
・煎り豆
胡椒
ほうれん草
・芽キャベツ
トースト
カレー
イワシ

レバー
・臓物
ハッカ
鼻くそ
耳くそ
ゲロ
ヨダレ

ちなみに…

 いずれも百種類までは届かなかったが、百味ビーンズは何度か商品化されている。

 第一回は『ハリー・ポッターと賢者の石』の公開と同時に発売された。全11種類。
 流石に危険な味は出せなかったのか、ワサビ味を除けばごく普通のゼリービーンズだった。

 第二回はアメリカの企業、ジェリーベリー社が原作に忠実な物を製造した。全20種類。
 ここに来てとうとうゲロ味等のゲテモノが登場した。言うまでもないが、味の再現の為にそんな物は入れていないので(精神面を除いた)衛生上の問題は無い。

 現在はUSJで入手可能。全20種類。
 1800円と高価ながら、お土産としては申し分無し。
 何かしらの罰ゲームで、友達に眼隠しをさせて食べさせるのも有りだろう。友情崩壊に関しては保証しかねるが

関連タグ

ハリポタ ハリー・ポッター

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「百味ビーンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4596

コメント