ピクシブ百科事典

重陽の節句

ちょうようのせっく

五節供の一つ。陰暦9月9日に行われる節会(せちえ)。
目次[非表示]

概要

五節句の一つ。9月9日に行われる。
旧暦の9月9日はが咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれる。

重陽の節句の起源は、ほかの節句と同様中国にさかのぼることができる。中国では、奇数縁起のよいの数とされ、一番大きな陽の数であるが重なる9月9日を、「重陽」として節句のひとつとしてきた。

中国ではこの日、茱萸ぐみ)の実をに入れてに登ったり、香りを移した菊酒を飲んだりして、邪気を払い長命を願うという風習があった。これが日本に伝わり、平安時代には「重陽の節会(ちょうようのせちえ)」として宮中の行事となり、江戸時代には武家祝日となった。
その後明治時代までは庶民の間でもさまざまな行事が行われていたようだが、残念ながら今ではこれらの風習はあまり残っていない。

旧暦の9月9日というと現在では10月にあたり、ちょうど田畑収穫も行われる頃、農山村や庶民の間では栗の節句とも呼ばれて栗ご飯などで節句を祝ったという。
さかんに行われていた重陽の節句が、現代にあまり引き継がれていないのは、旧暦から新暦こよみが移り、まだ菊が盛んに咲く時期ではなくなってしまったことが大きいのかもしれない。

宮中行事としては天皇以下が紫宸殿に集まり、を詠んだり菊花酒を飲んだりして穢れを祓い長寿を願った。また、重陽の節句の前夜、まだ菊の花綿をかぶせて菊の香りと夜露をしみこませたものを「菊の被綿(きせわた)」と呼び、宮中の女官たちの間では、それで顔や体を拭くと、いつまでも歳を取らず長生きできるとされていた。枕草子紫式部日記の中でもその風習をうかがうことができる。
中国では、菊の花には不老長寿としての信仰があり、鑑賞用としてより先に薬用として栽培されていた。漢方でも薬効を認められている菊の花の種類は少なくない。

別名・表記揺れ

重陽 菊の節句 9月9日

関連タグ

文化 風習 行事 年中行事 節句 / 五節句
 祝日 祭日
9月 9月9日   / キク
菊酒 菊の被綿

外部リンク

重陽(Wikipedia)

pixivに投稿された作品 pixivで「重陽の節句」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8405

コメント