ピクシブ百科事典

韓国鉄道公社

かんこくてつどうこうしゃ

大韓民国(韓国)で鉄道を運営している公共企業体のこと。愛称はKORAIL。
目次[非表示]

概要

大韓民国韓国)で鉄道運営している公共企業体のこと。
愛称はKORAIL
JRグループ発足前の日本でいう国鉄に相当する。
全線で標準軌の1435mmを採用。複線化されている線区では、日本と同じ左側通行になっており、ソウルメトロ(右側通行)などとはねじれが発生している。

主な路線

KTX韓国高速鉄道


在来線

など

首都圏電鉄線

日本の旧国鉄でいうところの国電にあたる線区。

  • 京釜電鉄線・京元電鉄線:ソウルメトロ1号線を介して、逍遥山駅と温陽温泉駅とを結ぶ路線。ポジション的には日本でいう京浜東北線。もともとの京元線(京元本線)は龍山駅から漢江に沿って清凉里駅を経て、北朝鮮区間に路線が伸びていたが、朝鮮戦争によって新炭里駅で分断され、さらに首都圏電鉄化ののちに龍山駅〜清凉里駅の区間は中央電鉄線の一部になっている。
  • 京義線(京義本線):ソウル駅都羅山駅とを結ぶ路線。こちらも南北分断路線で、現在は首都圏電鉄化され、多くは中央電鉄線へ直通する。
  • 京仁線:1899年に日本の資本で開業した、韓国最初の鉄道路線。現在は全線が首都圏電鉄の一部で、九老駅と仁川駅とを結び、中にはソウルメトロ1号線を介して逍遥山駅に発着するものもある。終点の1つソウル寄りにある東仁川駅まで約25kにわたり複々線化されており、各停や急行に加え、首都圏電鉄で唯一、特急も運行されている。
  • 水仁線:文字通り、水原駅と仁川駅とを結ぶ路線。かつては韓国最後のナローゲージ路線として知られていたが、1995年12月末に一旦廃止。交流電化・1435mmへの改軌などの路線改良を経て、首都圏電鉄線の一部として2012年に再開業した。
など

車両の特徴

  • 現有車両共通:戦後すべて番号だけで管理しようとしたため、番号体型は複雑怪奇である。頻繁な改番もザラであり、新形式にまとまった番号枠を明け渡すために既存形式の番号をしょっちゅう改番してきている。鉄道庁時代まで、機関車気動車電車をすべて「動力車(割当番号100~9999)」の一括りの枠で管理していたため枠が枯渇しやすかったという背景もある。機関車だけならなんとかなるため2018年の現状でもこのままであるが、電車などについては完全に枠組みが破綻し、大きく飛んだ英国式の6桁車番に変わった。逆に日本時代から引き続き使われた蒸気機関車については形式のカナ表記をハングル+数字(パシコ→퍼시5など)に書き直した以外殆どそのまま用いており、枠の枯渇とは無縁であった。
  • 客車:戦前の朝鮮総督府鉄道時代以来、客車の車体に車番表記が無いように見える。実は台車の側枠に書いてあり、客車については現在でも例外は電源車・暖房車くらいである。また古く戦前から近距離普通列車に特化した客車(日本国鉄のサハ48形にステップを付けたような車両)を多用しており、日本とは逆に優等車両の格下げが進むとラッシュの乗り降りに不適な長距離型の客車がローカル列車に多くつながるという現象が見られた。


列車種別の特徴

首都圏電鉄を除く在来線には、急行格のセマウル号(セマウル運動に由来)、快速・普通格のムグンファ号(国花のムクゲに由来)がある。
かつて普通格はトンイル号(統一に由来)やピドゥルギ号(ハトに由来)だったが、ピドゥルギ号は廃止、のちに普通格を継いだトンイル号も、ムグンファ号に統合または、電鉄線網の拡大に伴いそちらの一部に組み込まれるなどして消滅した。なおピドゥルギ号は最後まで非冷房車で運行されていた。

関連タグ

鉄道会社 国鉄 JR
大韓民国 韓国
KTX 韓国高速鉄道
セマウル号
ソウルメトロ地下鉄

関連記事

親記事

海外鉄道 かいがいてつどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「韓国鉄道公社」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1803

コメント