ピクシブ百科事典

高森奈津美のP!ットイン★ラジオ

たかもりなつみのぴっといんらじお

2015年10月10日から文化放送超A&G+とニコニコ生放送にて配信されている動画付きラジオ番組。パーソナリティは女性声優の高森奈津美。
目次[非表示]

解説

本放送は超!A&G+にて毎週土曜日 18:30 - 19:00 (リピート放送は金曜日 15:00~15:30)、ニコニコ生放送では毎週月曜日 22:00 - 22:30にて放送中の動画付きラジオ番組。
制作・提供は大網株式会社(あみあみ)メディア事業室。

車の事をもっと好きになりたい声優(自称)の高森奈津美がお送りするカーエンジョイラジオ番組。
スタジオとロケの2部構成となっており、ロケ部分は様々な場所へ実際になつさんが車を運転して向かい、リポートを届けるという内容になっている。つまり、普段インドア派のなつさんが外に引っ張り出される番組である。

ニコ生あみあみチャンネルの有料会員になれば高画質化したアーカイブ配信と、おまけと称する「もしも、高森さんがあなたの彼女だったら?」 をコンセプトとしたショートフィルムを視聴することができる。なつさんの色々なところを彼氏視点でじっくりと眺められるぞ!

番組関係者

番組パーソナリティ。
免許は持っているものの、車はそれほど運転したことがなかったらしい。
さまざまな愛称があるが、当番組では 「なつさん」 が推奨とのこと。
本人曰くネガティブ思考でヒキコモリがちらしいが、共演者達から「彼氏にしたい」と言われほどさっぱりした性格。
かつて担当していたラジオ番組 「Lady GO!!」内でも「KTK」コーナーで車の話をしていたが、なぜあみあみと特に関係のない「車」がテーマのラジオのパーソナリティになったのかは謎である。

  • ピットクルー
番組の担当広報であり、「れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!」の「球団広報」、「☆佳村はるかのひみつきち☆」の「諜報員」と同一人物。車には詳しいが現在の愛車は自転車
2015年半ば頃からあみあみ提供のラジオ番組が増加し、夜遅くまで番組配信といった仕事を行っているため、リスナーからはしょっちゅう終電の心配をされている。

  • キャップ
かつてなつさんが5年ほど担当していたラジオ番組 「Lady Go!!」 の担当プロデューサー、高橋和也氏のこと。
なつさんの信頼が厚いコワモテのおっさん。ロケのコーナーでしょっちゅう協力しており、けっこうな頻度で画面に見切れる。
なお当番組ではピットクルー氏より 「Lady Go!!」 関連のイベントの感想も受け付ける(番組で紹介するかは不確定だがなつさんには必ず渡す)と言われており、ある意味LG難民の受け入れ先ともなっている。

番組コーナー

  • ふつおた

いわゆる普通のお便り「ふつおた」を読むコーナー。
お便りを読まれると、さげもっこり・あげもっこり・激あげもっこりに分けて手作り感溢れるボードに貼られる(TopGear的に)。
名称はLady Go!!でよく使っていた挨拶、「たかもっこり」に因む。
各ランクは定員があり、一度「激あげもっこり」になっても、定員オーバーになるとランクを下げられる可能性がある。さらに、ヤモリに食べられ自然に還されたり、ミニカーに貼られてドライブさせられたり、ボードが一杯になるとランキングリセットがある模様。

  • P!ットイン★グラフィティ
本番組のメインコンテンツ。
なつさんが様々な場所へ実際に車を運転してドライブに出かけるロケ企画。別名「ブラタカモリ」。
一つの場所につき、四週に分けて放送される。
一週目にはなつさんのナレーションでそのロケで使用する車の紹介がされるが、ややカーグラフィックTV風味。

まれにゲストを招いて一緒にドライブすることもある。

  • あみあみモノフィックインフォメーション
情報センターのミツナ・リモカタさんが、提供スポンサーであるキャラクター&ホビー通販サイト『あみあみ』(大網株式会社)の通販ランキングや最新おすすめ商品などを伝える情報コーナー。

ゲスト

※()内はロケ先&使用車種

小松未可子:2016年2月(神奈川県横浜市みなとみらい マツダアクセラ
大橋歩夕:2016年4月(茨城県大洗町 スバルインプレッサG4)
浅倉杏美:2016年6月(埼玉県狭山丘陵 日産JUKE
青木瑠璃子:2016年7月SP(東京都江戸川区葛西臨海公園 ダイハツタントカスタム
桜咲千依:2016年11月(神奈川県藤沢市江の島 マツダCX-5
三上枝織:2017年1月(群馬県赤城山 トヨタマークX

外部リンク


関連タグ

ラジオ 

pixivに投稿された作品 pixivで「高森奈津美のP!ットイン★ラジオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1835

コメント