ピクシブ百科事典

黒沢和馬

くろさわかずま

金田一少年の事件簿の登場人物にしてホテルオペラ座館のオーナー。別名「黒沢オーナー」。
目次[非表示]

「いいことも、そうでないことも」

CV:笹岡繁蔵/山本圭/演:夏八木勲

概要

「オペラ座館殺人事件」の容疑者の一人でホテルオペラ座館のオーナーにして劇団「幻想」の演出家。しかし、彼の立ち上げた幻想の関係者はその他の人間達までも巻き込む被害者になるか、殺人犯となってしまうなど彼自身には全くの落ち度は無いが、彼が劇団を立ち上げオペラ座館をオープンさせた行為そのものが死神となっている。

後付け設定の愛人響静歌との間に異母兄霧生鋭治を、そしてややこしいことに本妻との間に異母妹黒沢美歌をもうけている。オペラ座館最後の殺人の冒頭で車ごと海に転落して死亡したとされているが、遺体は発見されておらず生死は不明。

一方で二人の女性との間に兄と妹という子供をもうけており、年代は合わないが死亡しているという点から高遠遙一月読ジゼルの父親高遠遙一の父親である可能性がある。また彼の劇団が悲劇を撒き散らし、オペラ座館が殺人に使用できるものだったというのも彼が高遠の父親である可能性を強めている。



余談

  • 顔の傷は美歌が服毒自殺した際に行った自傷行為によるものである。



関連タグ

金田一少年の事件簿 金田一一
元凶 高遠遙一の父親 高遠遙一 月読ジゼル

コメント