ピクシブ百科事典

12200系

いちまんにせんにひゃっけい

近鉄の保有する特急型車両。スナックカーの一族。
目次[非表示]

近鉄が1969年から1976年まで製造した特急型車両。スナックカー12000系の改良増備形で、2000年代までは近鉄特急の最大勢力となっていた。

概要

1970年に開催された大阪万博に歩調を合わせて「伊勢・志摩を万博第2会場に」という合言葉のもと、万博来場者を伊勢志摩に誘致させるべく鳥羽線の建設、志摩線の改軌工事完了、万博輸送遂行のため難波線建設推進と並行し、輸送量増加を見越してて特急車両を大量増備する名目で製造されたのが本車両。
12200系は12000系を基本にしながらも化粧室レイアウトの見直しとスナックコーナー拡大、保安度向上を盛り込んだ車両となり、万博終了後も輸送量の増加が続いたことから1976年までに168両が製造された。なおこの数字は近鉄の公表する数字166両に事故で廃車された12202Fの2両を加えたものである。
2両編成で製造されたが、後年スナックコーナーを当初から設置していなかった編成を対象に、新造した中間車を組み込み4両編成・6両編成が誕生している。

電算記号(編成記号)は2両編成がN、4・6両編成がNS、中間車がS

2016年現在ではスナックコーナーが設置されていた編成は現存せず、現存する編成も2015年度から開始された汎用特急車両の塗装変更の対象に含まれていない為、近いうちに全廃になるものと思われる。

主な変更点

車体・外観

前面では幌カバーが内側下辺の切り欠きが直角から丸状になり、正面の塗り分けが12000系より深い。側面には方向幕が設置された。
スナックコーナーの拡大によって、スナックコーナーにも窓が設置され、窓の上部または下部に「Snack Car」のロゴが入っている。海側は資材の出し入れのため開閉式となり、山側は立食の乗客が景色を見られるように窓位置が他の客用窓と比べて200mm高い。

特急列車同士の増解結に要する時間を短縮するため電気連結器を設置し、電気連結器を持たない10100系ビスタカーとの併結に備え、ジャンパ栓および車体にジャンパ栓受けも12000系から引き続き設置されている。また制御電動車のスカート上に自動連結器密着連結器の連結アダプター箱が設置されている。このアダプター箱はスカートの取付台を兼ねているために撤去が難しく、現在も残ったままになっている。

車内設備

車内ではモ12200形のスナックコーナーのカウンターが、12000系と比較して倍以上の面積の2,355mm×1,770mmに拡大された。これにより運転室との仕切扉は、客室から見て右側の車掌台側に寄せられている。
このスナックコーナーは第20編成まで設置されたが、営業上の問題から第21編成以降は省略され、その分定員が増えた。

関連項目

近畿日本鉄道 近鉄 近鉄特急
12400系サニーカー。12200系からの設計変更が増えたため、12200系とはせずに新形式となった。
あおぞらかぎろひ:団体専用車15200系・15400系は当形式からの改造車である。

pixivに投稿された作品 pixivで「12200系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1702

コメント