ピクシブ百科事典

2250系

にせんにひゃくごじゅっけい

近畿日本鉄道がかつて所有していた特急形車両。
目次[非表示]

概要

近畿日本鉄道大阪線特急専用車両として1953年に就役。
伊勢神宮の式年遷宮が1953年にあり、伊勢輸送が増えることを見越して製造された。
登場時は上半が黄褐色のベージュで、下半が紺色であった。2200系初期車の窓配置を基本とする2扉転換クロスシート車とされた。大阪線で全座席転換クロスシート(ドア横だけ固定ではあるが)は初めてであった。
また運輸省の助成金により、軽量車体構造とし、車体を1t以上軽量化することに成功した。
後期増備車では台車やモーターも軽量化している。
車内には車内販売準備室を設け、車内販売対応も充実させている。

製造後、東海道本線や関西本線に準急を走らせ、名阪輸送を強化した国鉄との競争激化によりシートラジオや冷房、公衆電話を設置し、サービスの向上をはかった。
その後ビスタカー10100系エースカー10400系などの台頭によって1960年代より格下げ改造が行われている。格下げ改造の際、一部座席のロングシート化と3扉化を施工している。

老朽化のため1983年までに形式消滅となっているが、この時点で鮮魚列車用編成(600系)と事業用車へ改造された編成(モワ10形)が残存。残っていた車両も後継車両に交代する形で1998年までに退役している。

余談

近鉄シスターズ 5200系 復刻カラー


登場時の塗装は5200系のVX05編成が「近鉄エリアキャンペーン」の一環で復刻。キャンペーン終了後はその関連のラッピングを剥がし、現在もこの復刻塗装のまま運用されている。

関連項目

近畿日本鉄道 近鉄 近鉄大阪線 近鉄特急
5200系 近鉄5200系 鉄道車両の形式の一覧

関連記事

親記事

近鉄特急 きんてつとっきゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「2250系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 590

コメント