ピクシブ百科事典

7TP

せぶんてぃーぴー

7PTは、ポーランドで作られた軽戦車。実際はヴィッカース社の「6トン戦車」のライセンス生産品である。
目次[非表示]

ニコニコ大百科7TPを基にして記述しています。

概要

 この戦車第一次世界大戦第二次世界大戦の間にポーランドによって製造・使用された軽戦車であり、「7t戦車ポーランド」の略である(実際には10t近くあるのだが、これは元の車両もそうなのだから仕方がない)。実際はイギリスの会社であるヴィッカース6トン戦車のライセンス生産による戦車である。

経緯

第一次世界大戦終了後、各国の保有している戦車は主にルノーFT-17であったが、これは陳腐化が予想された。そこで新たな戦車にする必要が出てきた、ポーランドにおいては、この代替をイギリスにある会社ヴィッカース・アームストロング社6t戦車に目をつけた。この戦車のライセンスを手に入れ、改良することにした。

改良

主な改良点は機銃搭載の双砲塔型DWが搭載機銃をオリジナルのヴィッカーズ7.7mm機関銃からCkm wz.30(M1917のポーランドモデル)に変更。単砲塔型JWが主砲を3ポンド砲(47ミリ口径)からボフォース37ミリ対戦車砲に積み替えた、エンジンをガソリンエンジンからディーゼルエンジンに積み替え、馬力を向上させたことである。
 プラン上では装甲をさらに厚くすることも想定されたが、これはドイツおよびソビエト連邦の侵略により行われなかったと推測される。

実戦

 実戦においてはこの戦車はドイツの戦車(軽戦車であるI号戦車II号戦車)には同格であったとされる。しかし、ソ連の戦車T-26(こちらも6t戦車ベース、後期型は強力な主砲である45mm戦車砲20Kを持つ)やBT-5BT-7には勝てなかったようである。

関連イラスト

ADV大戦略(メガドライブ版)序盤最大の恐怖の的



関連項目

軽戦車 ルノーFT-17 6t戦車

pixivに投稿された作品 pixivで「7TP」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31135

コメント