ピクシブ百科事典

8時だョ!出発進行

はちじだよしゅっぱつしんこう

ハナ肇「8時だョ!」観客「出発進行-っ!」
目次[非表示]

概要

1971年4月3日から同年9月25日までTBS系列局で放送された、ハナ肇とクレージーキャッツ主演の生放送バラエティー番組。
それまで前番組だった8時だョ!全員集合を視聴率50%以上のお化け番組に仕立て上げたザ・ドリフターズが、当時所属していた芸能事務所渡辺プロダクション(通称ナベプロ)の意向により日本テレビで半年間、毎週日曜日夜7時の公開生番組日曜日だョ!ドリフターズ!!を担当することになったため全員集合は一時休止となり、その間のつなぎ番組として制作された。

内容も全員集合とほぼ同じで、前半のコントもハナ肇が観客に向かって「オーッス!」と挨拶する
いかりや長介のポジションを受け継いでいる他、エンディングも「宿題忘れちゃいけないよ!」(ハナ肇)「オシッコして寝ろよ!」(植木等)「寝る前に歯ァ磨けよ!」(谷啓)など、
全員集合のED時における加藤茶と同様、視聴者(主に児童層)に呼び掛ける点も共通していた。


クレージーキャッツの黒歴史?

日本テレビが渡辺プロに「うち(日テレ)でドリフターズの番組を放送したい」というオファーに対し、スケジュールの大半を全員集合に費やし、それ以外にも映画の撮影や歌のレコーディングなどで忙殺されていたドリフからすればこれ以上仕事をつぎ込むのは非常に難しい。そこで全員集合を一時休止にして、その穴埋め役としてドリフの先輩格で兄貴分であるクレージーキャッツに白羽の矢が立った。こうして半年間、ドリフの抜けたTBS土曜夜8時枠を担うこととなったのである。

しかし、メインの視聴者が子供中心ということもあり「なんだバカヤロー」や「ウンコチンチン」といった粗野で下品、下ネタ絡みのギャグが次第に受け入れられたのに対して、もともとクレージーはおとなの漫画シャボン玉ホリデー』『クレージー映画のシリーズなど、時に風刺の含んだ洒落たギャグで大人達を魅了していたため、それ故に子供達の反応は今ひとつだった。それを意識したのか、前半コントでは同じくTBSで当時放送中だった帰ってきたウルトラマンからウルトラマンジャックウルトラ怪獣達と共演するテコ入れを慣行するも、平均視聴率が15%と及ばず、結局当初の予定通りに半年間でドリフは『全員集合』を再開することになり、当番組はその役割を無事に全うする形で終了した。

もっとも、その頃のクレージーは各メンバー個人の活動が多かったことに加えて、グループ全体の活動も第一線から一歩引いた印象が見られ、当時子供だった視聴者からすれば、ドリフと同じようなノリでコントを演じていたように見えても、それはおっさん達が無理して演じているようにしか見えなかったのかもしれない。


関連タグ

クレージーキャッツ 
8時だョ!全員集合 
日曜日だョ!ドリフターズ!! 日本テレビからの要請でドリフターズが半年間出演。
黒歴史?

関連記事

親記事

クレージーキャッツ くれーじーきゃっつ

兄弟記事

コメント