ピクシブ百科事典

スーダラ節

すーだらぶし

植木等が爆発的な人気を得るきっかけになった1曲

作詞:青島幸男
作曲:萩原哲晶

1961年8月発売。ハナ肇とクレージーキャッツの代表曲の一つ。元々はこりゃシャクだったのB面を埋めるために作られた曲だったが、こちらの方が大人気になってしまい後にA面とB面が入替えられたというエピソードがある。

生真面目な性格の植木等青島幸男の書いた詩を見て歌うことを躊躇したが、浄土真宗僧侶で父親でもある植木徹誠から「『わかっちゃいるけどやめられない』は人間の矛盾をついた真理で、親鸞の教えに通じる」「必ずヒットするぞ」と励まされ、実際大ヒットした。

小説家の小林信彦によると最初に人気に火がついたのは名古屋だという。

関連記事

親記事

植木等 うえきひとし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーダラ節」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5990

コメント