ピクシブ百科事典

Dr.クライゴア

どくたーぐらいごあ

Dr.クライゴアとは、『メイド イン ワリオ』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

声 - 松井謙典(日本版ゴージャス)

概要

ダイヤモンドシティ沖の孤島に研究所を構える天才科学者。ワリオの所有物であるワリオバイクやワリオカーをはじめ、カットのカタナ、ジミー・サングの携帯電話、モナのバイクなども彼の発明品である。また、マイクというカラオケロボットを開発したのも彼である。ここまで書くと相当な天才である事は間違いないのだが、かなりの変人でワリオ含めてよく他人を実験台にしたがる。ただし、自分も発明品の被害に遭っていることが多い。世の中全てリアルでなければならないと考えている。
自分が設計した延命スーツに身を包んでいるため、100歳を超える高齢でありながら心身ともに丈夫な体力を保っている。ただし頭部の保護を怠り、髪が無くなった。ひらめきの為の一環としてフラメンコを踊る。

『おどる』以降では孫のペニーが登場する。

経歴

「初代」ではジャンル「リアル」を担当。
自分の作った薬を誤って飲んでしまった結果腹痛に陥りトイレにこもることに(ステージの演出もトイレその物)。
ノルマクリア後ではトイレが逆流して研究所から水流で放り出される。

「まわる」では「じゅうりょくかいてん」を担当。
「じゅうりょくコントローラ」を完成させ、洗濯機型マシーンの泡に包まれる。
それにより新しい発明をひらめいた。
なお、このマシーンが後にとあるキャラの出てくるきっかけとなる…

「さわる」では「かいてんタッチ」を担当。
「ぶっしつさいせいそうち」を開発しリンゴを再生させたものの中にいる時にシャッターが閉まったが、その結果延命スーツが完全な姿(機械部分が半分でなく赤色をしている)に変化した。

「おどる」では孫娘のペニーと発明バトルを行う。
またクリア後に金色でムキムキな「Dr.クライゴアハイパー」として登場。
やせるダイエットマシーンを開発しプレイヤーはそれに参加することになる。
ここでのクライゴアステージは20回のプチゲームでロリー(カロリーではない)をどれだけたくさん消費できるかを測るステージ。10回目と20回目はロングゲームとなるのでそこでケロリーをたくさん消費するとよい。

「俺」ではオープニングのみ登場。体型が元に戻り、機械部分が黒色に変わっている。
夢から得た発想により「スーパーツクリエイター21」を開発した。彼が「スーパーツクリエイター21」を開発・製造したにもかかわらず、ワリオが「自ら開発した」と言い張り、それに突っ込む。
あそぶ俺ではワリオマンがクライゴアのテーマをアレンジしている。

「ゲーム&ワリオ」では「デザイン」を担当する。機械部分は青色に戻ったが、延命スーツは完全な姿のままで、新たに白衣を着ている。
指定されたお題にそって線や図形を書いていきロボットを作り上げるのだが、割と評価は厳しめ。

「ゴージャス」ではぐるぐるリーグの「スポーツ」を担当。引き続き白衣を着用。
研究の材料のキノコをとりに来たものの迷い、マイクに見つけてもらうがゴーストの噂を聞く。その時、クリナが現れて追いかけまわされる。

備考

後日ペニーと同時にキャラクターPVが披露されたのだがその内容はペニーのほぼ同じ。(白衣までペニーと同じものとなっている。)
これにはペニー達も引いている。

関連タグ

メイドインワリオ マッドサイエンティスト 高性能じいちゃん
ワリオ ワリオマン
マイク(メイドインワリオ) ペニー(メイドインワリオ)

関連記事

親記事

メイドインワリオ めいどいんわりお

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Dr.クライゴア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23011

コメント