ピクシブ百科事典

SCP-701

つられたおうのひげき

item#SCP-701 The Hanged King's Tragedy(吊られた王の悲劇) Object Class: Euclid

概要

SCP-701とはシェアード・ワールドSCP_Foundationに登場するオブジェクトである。

全五幕からなるチャールズ1世時代(1625年 - 1642年)の復讐悲劇『吊られた王の悲劇』であり、 上演すると3~4割ほどの確率で、死者が出る暴動・集団自殺を発生させるオブジェクト。

ストーリーはシェイクスピアの『ハムレット』に似ているが、暴力的なシーンは「謀略で成り上がった王が謀略を知った公爵を殺し、人肉スープを作る」ことくらいで、それすら容易に
カットできるため、「ハムレット」の非暴力版として演じられていたらしい。「吊られた王」とは、王の謀略により死んでしまい木に吊られ晒し者になった前王のことだとか。

ちなみに異常が発生した場合、上演開始の1-2週間前から、原典は違うシナリオに合わせたリハーサルを行いだすがスタッフ・キャスト共に全く気付かず、上演時になんの予告もなく全身をシルバーで巻いた人物が舞台脇に登場。クライマックスの第五幕にて(台本では回避された)王への首吊り死刑が実行。その後シルバーの「吊られた王」が観察する中、演者と観客に精神影響を及ぼし、前述の大殺戮が展開される。

台本の回収が財団によって行われているが、アップロードされた台本がオンラインで入手できたり大学と高校の図書館に出現したりしており、完全には収容できていない。

関連タグ

SCP_Foundation SCPオブジェクト

関連記事

親記事

SCP_Foundation えすしーぴーふぁうんでーしょん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SCP-701」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1848

コメント