ピクシブ百科事典

THw-01

てぃーえいちだぶりゅーぜろわん

THw-01とは、『R-TYPE TACTICSⅡ』に登場する人型長射程機である。
目次[非表示]

概要

THw-01は『R-TYPE TACTICSⅡ』に登場する地球軍側の人型兵器であり、ヘクトールという機体名を持つ。地球軍シナリオの後編から登場するユニットで、TL-2Bヘラクレスからの派生型という位置づけとなっている。ユニットの編成は単機のみであり、耐久力はHPで表示される。「究極のウェーブキャノンスナイパー」の異名が示す通り武装は全て中~遠距離戦に対応した波動砲で纏められており、には炸裂波動砲、部には圧縮波動砲、そして背部には主武装の超絶波動砲を装備。超絶波動砲はチャージ開始から発射可能となるまで9ターンも要するが、その威力は絶大で戦艦クラスのユニットにも致命的なダメージを与える事が可能。また、TL2ATパトロクロスと同様に可変機構を有しており、人型形態から巡航形態へと変形する事で移動力を上げる事が出来るが、この間は超絶波動砲以外の武装は使用不可能となる。しかし、逆に言えば攻撃を受けてチャージがキャンセルされるのは超絶波動砲のみである為、圧縮・炸裂波動砲のチャージを温存しておきたい場合にあえて巡航形態に変形してチャージキャンセルを防ぐといった戦法もある。

装備

  • 超絶波動砲

機体背部に搭載された長砲身の波動砲で、唯一人型形態・巡航形態の両形態で使用可能。発射までに必要なターン数が9と全ユニットの中で最も長い点がネックだが、艦船を除いた地球軍側のユニットの中ではトップクラスの攻撃力と枝分かれするように放たれる光条により、複数の敵ユニットを攻撃する事が可能。

  • 炸裂波動砲
左肩に装備された波動砲。RXwf-10が装備しているものと同等のもので、炸裂時に爆風を伴って範囲内のユニットにダメージを与える。射撃時にはバレルが伸縮するギミックがある。

  • 圧縮波動砲
腰部にマウントされたライフル型の波動砲であり、射撃時には腰部のラックから取り出して射撃体勢を取る。威力や射程距離はRwf-9Dと同等である。

関連タグ

R-TYPE TACTICSⅡ ロボット 変形

pixivに投稿された作品 pixivで「THw-01」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1257

コメント