ピクシブ百科事典

asriel

あずりえる

【ネタバレ注意!】Asriel(アズリエル)とは、ゲーム「UNDERTALE」の登場キャラクター。
目次[非表示]

【*けいこく】

【*このこうもくは ゲーム「Undertale」の もっとも じゅうだいな ネタバレを あつかっています】

【*あなたは アズリエルについて まだ しるべきでは ないかもしれない】

【*「Undertale」をプレイしてない または しんそうをまだしりたくなければ ブラウザの バックボタンを おそう】

【*だが・・・ もし】

【*あなたに しょうげきてきなしんじつに どうじない かくご と ケツイ があるなら

【*スクロールバーを したに さげてください】


































概要

Asriel_
My Best Friend!


*Howdy! <Name>, are you there? It's me, your best friend.
「ハロー! (主人公名) きこえてる? ボクだよ きみのしんゆう…」













Asriel Dreemurr


A s r i e lD r e e m u r r
ア ズ リ エ ル ・ ド リ ー マ ー


Asriel(アズリエル)とは、ゲーム「Undertale」の登場キャラクター。
Floweyの本当の姿であり、とあるエンディングへと至るルートを進んだ場合のみ、キャラクターとして、同時に「最終ボスとして」、主人公の前に姿を現す。

元々は地下世界のモンスターの王子で、Toriel王妃とAsgore王の実の息子だったのだが、ある理由により本編開始前に命を落としており、その後、「決意」の力を注がれ、魂(SOUL)を喪失した状態で、Floweyとして蘇る。
しかしソウルが無い故、何も感じずなにも愛せない、感情の無い存在になっており、やがて、もはや生きていた頃の彼とは似ても似つかない、非情かつ残虐な性格の別人と変わり果ててしまう

最終ボスとしてのAsriel

Asriel Dreemurr
Undertale : Hopes and Dreams



人間と地下世界すべての魂を取り込んだflowey...もといAsrielの究極の姿であり、死や世界の概念すらも超越した唯一神
能力数値も『HP9999、攻撃力&防御力:無限』。その姿に偽りはなく、如何なる攻撃手段も意味を成さない。

SOULの力でFloweyの姿から生前の姿に戻り、「きみのしんゆう」と言葉を発した後、
容姿一転、成長した姿に変化。主人公に戦いを挑んでくる。
雷を落とす「ショッカー・ブレイカー(Ⅱ)」
多数の弾に分裂する星を落とす「スター(ギャラクティック)・ブレイジング」
両手に剣を持ち攻撃する「カオスセイバー(スライサー)」
弾を連射し、最後にビームを出す「カオスバスター(ブラスター)」等、多彩な攻撃を駆使。

そして、最後に繰り出す攻撃、「ハイパー・ゴナー(※日本語版ではハイパーミッシング)」を耐えきった、または回避しきった時……

ちなみに、ラストバトルとは別に、
「あるタイミング」で、Asriel本来の姿を目にする機会が別にある。

Asriel最終形態「God of Hyperdeath」

Hopes and Dreams



攻撃を耐えきった主人公に対して、「真の力」を引き出したAsrielの姿。前形態時とは打って変わり、主人公の行動を全て封じ、多数のホーミングレーザーを放ってくるようになる。
どう足掻いても一切の身動きができず、ひたすら弾幕を避け続ける以外は何もできないが……。

……そこから先は、どうか自分の目で確かめてほしい。

余談

彼の本名であるAsriel Dreemurrは両親のAsgoreとTorielから採られていると同時に、「serial murderer(連続殺人鬼)」のアナグラムでもある。
また、名前はイスラム神話の死の天使である「Azraelアズラエル)」、
苗字は英語の「dreamer(夢を見る人、空想家)」とも掛けたネーミングになっている。

使用する技が「ショッカーブレイカー」「スターブレイジング」「カオスセイバー」など、やたらとカッコイイ名称に加えて、肉体と精神年齢のズレで背伸びした子供のようにも見えることから、中二病ネタが付与されることがある。

元は心優しい少年であったFloweyがいかにして残虐な性格を持つようになったのかはGルートで細かく語られる。魂のない彼はこの世界にすぐに退屈するようになるが、主人公地下世界に落ちてくるまでこの世界で最も強いケツイを持っていたため、自殺しても最初に戻されるだけで、逃げることさえできずにいた。膨大なループを通じてモンスターたちを救い尽くしてなお感動を得られなかった彼は、好奇心から彼らを皆殺しにする……。それを何度も繰り返し、それすらにも退屈を覚えたときに、主人公が地下世界に落ちてきたのである。

関連タグ

※2、3ともアズリエル第1形態時に使ってくる攻撃、「スターブレイジング」及び「ギャラクティックブレイジング」と関係。
また「ショッカーブレイカー」「ブレイジングスター」「カオスバスター」などについても、
それぞれ魔理沙のスペルカード「シュート・ザ・ムーン」「マスタースパーク(・・・をはじめとしたマスタースパーク系のスペル)」あるいはMOTHER2の「PKスターストーム」や「PKサンダー」に似ていると言われている。
Toby先生の東方やMOTHERシリーズへのリスペクトかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「asriel」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7008061

コメント