ピクシブ百科事典

目次[非表示]

1.クレヨンしんちゃんの番外編のひとつ。本項で解説。
2.クレヨンしんちゃんの劇中劇のひとつであるアニメ。内容はクレしんのセルフパロディ的内容で、しんのすけに似た、要するにお下品な少年が主人公。

概要

もしもしんのすけが小学生だったら」をテーマに、小学校に進級したしんのすけが騒動を巻き起こす。

原作では29巻から始まり、アニメでは2001年に始まった。
原作は現在7話まであり、アニメは原作の1〜3話と算数の話がアニメ化されたほか、チョコビ工場見学の話は幼稚園のエピソードに変更する形でアニメ化された。

2021年4月24日は、同じく学園を舞台にした劇場版『謎メキ!花の天カス学園』の公開を記念して新作が放送された。

登場人物

本編からの人物

野原しんのすけ
おなじみ主人公。本作ではアクション小学校の1年1組の児童。
相変わらずのおバカっぷりだが、運動神経はなかなかのもの。

マサオくんボーちゃん
ともにしんのすけと同じ1年1組であり、本作でもしんのすけのクラスメイト。

桜田ネネ
本作ではアクション小学校の1年3組の児童であり、しんのすけたちとは別のクラス。
原作、アニメともに名前のみの登場。

風間トオル
本作では私立の小学校に通っており、かすかべ防衛隊の中で唯一違う学校に通っている。
原作では名前のみの登場だが、アニメでは私立小学校の制服姿で登場している。

野原みさえ
しんのすけの母。相変わらずのしんのすけのおバカっぷりとそれをマネするひまわりに手を焼いている。

野原ひまわり
しんのすけの妹。本作では2歳に成長しており、歩いたりしゃべったりするようになった。
1話ではゴミ出しに行くみさえに、しんのすけから教わったのか、ふりんちちゃだめよーっ!と声をかけた。
しんのすけを「お兄ちゃん」、みさえを「ママ」と呼ぶようになっている。

よしながみどり高倉文太(園長先生)
ふたば幼稚園の先生。原作では未登場だが、アニメでは1話に登場しており、なぜかしんのすけと風間くんを小学校までバスで送っていく羽目になる。

なお、酢乙女あい、河村やすお(チーター)については原作、アニメともに話題にすら触れてない。

本作のみの人物

鳩ヶ谷
アニメでは持田になっている。アクション小学校6年1組の女子。地区別集団登校B町13地区班長で、10年連続で一人も遅刻者を出していないという伝統を守ってきたが、しんのすけに破られてしまう。その後も10日、さらには1か月連続遅刻という不名誉な記録を更新し続ける羽目になり先生からは憐みの目で見られてしまう。

ちほ
しんのすけの隣の席の生徒。内気で大人しく、意地目鯛造にいじめられていた時にしんのすけに助けられたことから彼に想いを寄せるようになった。

久喜
しんのすけの左の席の女子。ちほとは反対に勝ち気で気が強い性格。鯛造がちほのことが好きであることを見抜いており、それに逆上した鯛造に「ブス」と言われるが逆に鯛造を殴り倒してしまう。

意地目鯛造
しんのすけのクラスメイト。いじめっ子。実はちほのことが好きでちょっかいを出していた。彼女から好かれるしんのすけに嫉妬して意地悪しようとするが失敗している。

意地目鯛太郎
5年生。鯛造の兄で同じいじめっ子で取り巻きが二人いる。

姫宮
しんのすけのクラスの担任で31歳の独身。教育には厳しく問題児のしんのすけに手を焼いている。しんのすけの事を「野原くん」と呼んでいる。

南桜井
1年2組の担任。自分を一番の美人と自負しており、姫宮が敵対心を抱いている。

関連タグ

クレヨンしんちゃん

関連記事

親記事

クレしん番外編 くれしんばんがいへん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「えんぴつしんちゃん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7767

コメント