ピクシブ百科事典

ようじょりーん

ようじょりーん

「ようじょ」+「じょりーん」=「ようじょりーん」
目次[非表示]

概要

ようじょりーんとは、第6部の主人公、空条徐倫が幼く描かれている作品につけられるタグである。
原作でこの姿は一切登場せず、性格も容姿もファンの創作であるため注意。
プラネット・ウェイブス戦の描写によると、1999年の6歳の時に42度の高熱を出し死にかけた過去がある。
当時の父親の空条承太郎杜王町にてスタンド関係の事件を追っていたため、家族の安全のためにも徐倫の元に帰る訳にもいかず、これ以降の擦れ違いを含めて父親に対して屈折した感情を抱くようになってしまう。

本編の擦れ違い具合に相反して、二次創作においてこのタグは父親の承太郎との交流が描かれた心温まる作品につけられるものが多い。
または血縁上大叔父の東方仗助や父の数少ない友でありDIOとの戦いに辛くも生き延びた花京院典明が共に描かれていることが多い。

アイズオブヘブンラストネタバレ注意























天国に到達したDIOとの激闘の末、真実の上書き、スタープラチナ・オーバーヘブンを身に付けた承太郎は再びDIOに勝利した。
そして未来の娘である徐倫を含めたジョースターの血族とその仲間たちと様々な時代、世界を旅し、戦った時の記憶を有しているためか歴史の改変を施した。
それは1988年のDIOとの戦い戦死したジョースター一行モハメド・アヴドゥルイギー花京院典明らが重傷を負い入院しているものの生存したというものだ。
また、共に旅をした歴代のジョジョたちやその仲間も記憶がないものの上述の旅の影響から経験を積んだためか元の時代、次元に戻った後も本来の歴史に対して下記のような差異が生じている。

時系列本編との差異備考
1部ジョナサンディオとの決戦時にウィル・A・ツェペリが負傷しているものの生存している旅を通じてジョナサンの戦闘経験が上がったからとも考えられる
2部コロッセオと思しき場所でジョセフシーザーエシディシワムウと2対2の勝負をしている33日後の再戦が果たされたと推測できる
4部重ちーが生存しており、夏休みを迎えた仗助康一億泰らと談笑する横を吉良に殺されずに済んだ本物の川尻浩作が通り過ぎる承太郎の協力のためか極初期の段階で吉良を倒したことが伺える
5部ブチャラティアバッキオナランチャが生存、フーゴ離反せず護衛チーム全員でディアボロに勝つジョルノが先頭に立つため、本来の歴史同様彼が次期パッショーネのボスになる可能性がある

これらの過去、現在、未来を含めた歴史の差異も相まってか、本来の歴史ではスタンド関連の事件の危険性から徐倫を遠ざけていた承太郎は一緒に付いて行くと駄々をこねた徐倫を連れて1999年、杜王町年下の叔父を探す際にやってきた。
また杜王町で初めて承太郎と会った広瀬康一は旅の記憶がないものの承太郎に対して既視感を覚えた。

.
no title



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 空条徐倫 アレッシーモード オラ親子
ロリ化 ぅゎょぅι゛ょっょぃ

pixivに投稿された作品 pixivで「ようじょりーん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6276501

コメント