ピクシブ百科事典

アウトフォクシーズ

あうとふぉくしーず

アウトフォクシーズとは、ナムコが開発したアーケードゲームである。
目次[非表示]

ストーリー

謎の美術商ミスター・アクメ。彼は7組の殺し屋達を雇い、7人の商売敵を殺させた。
殺し屋達に更なる指令が届けられる。「他の6組の殺し屋達を始末せよ。手段は問わない」
かくして多額の報酬と殺し屋としてのプライドを賭けた、殺し屋達の血みどろのバトルロイヤルが始まる。

ルール

7人の殺し屋から操作する殺し屋を1人選び、他の6人と1人づつ戦っていく。(同キャラ対戦なし)
相手の体力ゲージを空にするか、時間切れの時点でゲージが多い方が勝者となる。
攻撃方法は、通常は素手であるが威力が非常に低いため、ステージに落ちている
様々な武器を拾って使いこなすことが重要となる。持っている武器はダメージを受けると
落としてしまう。各ステージには固有の仕掛けやトラップがあったりするなど、
体力制のスマブラに似ているような感じである。

登場キャラクター

ジョン・スミス

ベビーシッターから革命の指導者まで報酬のためなら仕事を選ばない男。
在日占領軍士官の息子としてヒロシマに生まれ、禅の奥義を学んだ。赤いダルマがプリントされた
福と書かれた縁起の良さそうなTシャツを着ている。得意不得意のないバランス型のキャラクター

ベティ・ドー

14ヶ国語を自在に操るインテリにして、狙撃の名手。 「20世紀最も成功した女性実業家」の一人。
貧民窟で飢えに震えた少女時代から、全米3位の個人所得を誇る現在までを、他人の血にまみれた手で
這い登った。銃の射撃精度が極めて高い上、その他の攻撃全般に隙がない。しかし、全キャラの中で
一番足が遅くジャンプ力に欠ける。また、しゃがみ時の姿勢が高すぎるという欠点もある。

ドゥイーブ

バナナの為に人を殺す世界唯一のチンパンジーの殺し屋。タキシードを着込んでいる。
あらゆる武器を使いこなすだけでなく、金を数える事も出来る。
身体が小さいため相手の攻撃を受けにくいが、銃火器の扱いが下手で狙った所に弾が飛ばない。

バーナード・ホワイト

消火栓を引き抜く怪力と、鋼鉄の義手を使い、大量殺人の世界記録を更新中のスキンヘッドの大男。
元米国中央情報部のエージェント。ナチュラリストで、人間以外の動物はゴキブリすらも殺すのを
嫌がる。体が大きいため、相手からの攻撃を受けやすいが、ダメージ耐久力が非常に高い。
素手の攻撃力が飛びぬけて高いのも特徴である。

プロフェッサー・チン

第2次大戦中「東洋のアインシュタイン」と呼ばれた天才理学・工学博士。殺しのために極めた
中国拳法が長寿と健康に結びつき、現在82歳。彼が設計した殺人車椅子は後ろからの銃撃を
防いでくれる。車椅子による移動のため、走行速度が全キャラクター中最も速いが、
動きに癖が強く、小回りが利きにくい。

ダニー&デミ

大人を優にしのぐ知能と冷徹な行動力で犯罪を繰り返す邪悪な双子。発狂した生理学者の研究所で
生まれ、実験用のハムスター達と一緒に檻の中で育てられた。拳銃やナイフなどをおもちゃだと
思っている。男の子の方がダニーで、女の子がデミ。全般的に能力は低めだが、使用中している
もの以外にも、武器を一つストックすることができる(二人で一つずつを持つ)という特徴を持つ
トリッキーなキャラクター。

イヴ

金のために始めたポルノ女優の仕事から、さらに儲かる盗賊へ、果ては高額で雇われる殺し屋へと
転身を繰り返す。ジャンプ力が最も高く、走るのも速い。しかし、走って止まったり、方向転換を
するなどの行動が苦手。背中に背負っている相棒のイグアナは相手の銃弾を1回だけ防いでくれる。
イグアナが撃たれると肩から落ちて自由行動を始める。武器や作動した手榴弾を持ってきたり…

ミスター・アクメ

今回の事件の首謀者。世界的に知られる美術商だが、裏では贋作を売りさばいて莫大な利益を
得ている。7人の美術鑑定家と結託し贋作を売却するが、協力した鑑定家を全員殺し屋を雇って
殺害させた。また、今度はその殺し屋達に成功報酬をかけて互いに戦わせ、生き残った
最後の一人を自邸に呼び出し、罠にハメて始末しようと計画している。
ゲーム中では最終ステージに登場するCPU専用キャラクターで、本作のラスボス。
※『ミスター・アクメ』とはこの場合『某氏』のニュアンスであり性的な意味はない。

関連タグ

ナムコ アーケードゲーム 殺し屋 レトロゲーム
ブラック・ラグーン(登場人物のヘンゼル&グレーテルは本作のダニー&デミが元ネタ)

pixivに投稿された作品 pixivで「アウトフォクシーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22950

コメント