ピクシブ百科事典

アルバートニクス

あるばーとにくす

中生代白亜紀後期のカナダに棲息していた小型の雑食性恐竜。

概要

全長70㎝ほどの小型のアルヴァレスサウルス類である。
名前の由来は「アルバータの爪」から来ている。
2002年カナダアルバータ州、7000万年前の地層から発見された新種恐竜である。ニワトリ程度の小さな恐竜で、北米大陸では最も小さな恐竜と言われているが、発見された個体は子供という可能性もあります。同じ仲間の モノニクスアルヴァレスサウルスと同じくピンセットのように細長いと長くて細い後肢、そして前肢には太くて短い鉤爪を持っていた。嘴には小さながびっしり生えており、昆虫果実を食べていたと言われている。また前肢の鉤爪は頑丈な構造をしており、これでを切り裂いてなかにいるシロアリを食べていたという変わった恐竜と考えられている。

関連タグ

獣脚類 アルヴァレツサウルス類 モノニクス

コメント