ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
アントノフ(KOF)
1
SNKの対戦型格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS』シリーズに登場する人物。

「よく見ておけ!これが宇宙規模の戦いだ!!」


プロフィール

出演作品KOFXIV
格闘スタイルシベリア黄金拳
誕生日1月11日
出身地ロシア
血液型B型
身長214cm
体重120kg
趣味癒し系番組視聴(主に小動物モノ)
好きな食べ物毎食変わる
得意なスポーツスポーツはもっぱら観るタイプ
嫌いなものその場の雰囲気で変わる
CV菱田盛之

キャラ設定

ロシアの大富豪であり、大企業の社長でもある。

2m以上の大型で筋肉質な体格に加え、短く刈り込んだ金髪が特徴。大富豪だけあって純金の腕時計に特大サイズの葉巻を口に咥えており、煙は口からではなく全て両耳からただ漏れしている。

「シベリア黄金拳」という独自の格闘術をこなす格闘家でもあり、化物レベルの格闘家達ばかりであるKOF出場者とも渡り合える等、それなりに高い実力を持ち合わせている。

ちなみに彼が経営していた大企業は、本人の発言を信用するならギースのハワード・コネクションより巨大だとか。


「KOF XIV」の中ボスであり、同作の大会主催者でもある。

前回のKOFXIIIが興行的に成功した為にスピンオフ大会が乱立し、KOFのブランドイメージが低下した状況を憂えて多額の投資をして開催権を独占。イメージ回復を目指す形でハイレベルな統一大会を開催した。

反面、勝手にKOF初代チャンピオンを名乗っている


ちなみに、KOF史上初のロシア人のプレイヤーキャラクターである。

人物像

自信過剰かつ強引な性格で、何かと「初代チャンピオン(自称)」を自慢する等、自己顕示欲も非常に強い。ゲーム中のチュートリアルも彼が担当するが、説明の随所で自慢やアピールをしてくる。なお、好きな食べ物や嫌いなものが気分でコロコロ変わる。給自さん大変そう。

ただし、本質的には善人であり、悪人ではない為、犬のアニメを見て涙ぐむなど涙腺が緩い。やや自信過剰気味な言動こそ目立つものの、戦った相手の実力を素直に賞賛する等、他人を認める度量は持ち合わせている。大会の中で乱入してきたバースの攻撃から身を楯にして子供を守っている等、正義感の強さも垣間見せる事がある。

一方、「俺だから勝ったのではない。勝ってしまうからこその俺なのだ」と語る等、経済界を生き抜いてきた事もあってか、意外に自分に対してシビアな面も見せる為、単純に傲岸不遜な人物という評価も間違いと言える。


ハイレベルな格闘大会を開催する事で興行的に成功する事が目的」という、KOF史上初、そして格闘ゲーム史でも稀に見る全く裏のない主催者…つまりは、参加者をコレクションにしたり復讐したり果ては自爆したり人類の滅亡やら『神』となって地球に降臨するやら時空転移して歴史を変えるといったろくでもない計画など立てていない「極めて真っ当な主催者」である。オフィシャル招待チームのエンディングにおいては「被害を防いだお礼も込めて」と報酬を増額する粋な姿も見せた。

念の為に身辺調査等を行っていたウィップからも、「呆れるくらい何の裏も無い人」と評されており、逆に言えば「バース襲撃において最も割りを食った被害者」である。


KOFに通じるだけの格闘能力こそあるものの、歴代のKOF出場者から見れば大した事はないらしく、テリー・ボガードには「自分の力に酔ってる間はここの誰にも勝てない」と厳しい言葉を掛けられている。しかし、一選手として再出場した『XV』では、挫折しても腐る事無く再起して見せた事もあってか、「今のあんた、チャンピオンだった頃より強敵だぜ!」と評価を見直されている。

しかし格闘家として名が知られていないのが災いしてなのか、『XIV』本人のエンディングでは主催者優勝により八百長の疑惑を掛けられてしまい、興行的に大失敗し夜逃げを余儀なくされる等、真っ当な理由で開催し不正無しで優勝するという形で有言実行を成し遂げたにもかかわらず報われない末路となっている。

ただし、夜逃げ後も部下のヤコフ等の周囲の人間に恵まれていたり、すぐに新事業を立ち上げることができたりと、経営者としてはそれなりに恵まれた部類である。


後日談

『XIV』の大会終了後、SNS上では何億を投じて建設したスタジアムの崩壊は全て演出であり彼の独断によるやらせ疑惑を掛けられたうえに多数の訴訟を抱えた彼は失脚し、部下ヤコフとともに夜逃げしてホームレスとなり、モスクワの路地裏を彷徨う羽目になった。

偶然にも、前回大会で突如出現したバースの攻撃から己の身を挺してまで庇ったミーシャ少年の両親からの恩返しで、アパートの一室を確保できた彼らは再起を図るべく電話一本を元手に新たな事業を始める。そして紆余曲折を経て超新星のプロレス団体「GALAXY ANTON WRESTLING(ギャラクシー アントン レスリング)」を立ち上げ、アントノフは再び社長として復活する。


『XV』では初期プレイアブルキャラクターとして参戦。テンガロンハットにサングラスとプロレスラーらしい装いに変わった。自らの目標の第一歩として再びKOFチャンピオンの座を取り戻すためにG.A.W.に移籍したラモンキング・オブ・ダイナソーの三人で「G.A.W.チーム」としてKOFに出場する事になった。

ギャグキャラの側面が強かった『XIV』からプロレスラーという要素が加わったことでより親しみやすくなり、プレイヤーからの評判も上々となっている。

出場者へのインタビューによると解決していない訴訟が75件もあるとのことだが、5年もあれば解決できると自信を見せている。また、今回の大会主催者のアナスタシア女史は「前大会の主催者アントノフに代わり」と態々アントノフを立てていることやロシア系の名前から近しい人物と思われるが、彼女との関係については「むぅ……ひ、秘密だ。」と珍しく歯切れの悪い回答をしている。

四条雛子のストーリーに登場した際のアナスタシア女史は凛々しく毅然とした口調で裏表のない経営者という人物だったが、まさか配偶者や家族だったりするのだろうか…?今後の展開が注目される。

漫画版

コミカライズ版「KOF A NEW BEGINNING」では超人的な力を持つ格闘家達を見てインチキ扱いするなど、過去のKOFのことを把握していない描写が見られるせいかやや世間知らずなところが見受けられる。(観客が慣れ過ぎたせいか)

終盤辺りではギースがバースを呼び出した際に無差別攻撃によって崩壊したスタジアムを見た彼は「こんなことなら、落ちてくる瓦礫から子供を守ったりしてみたかった」とメタ発言している。それを見た周りからは同情されている等、原作以上にキャラの扱いが悪くなっている。

ヤコフ(部下)

彼の経営している会社の部下であるヤコフという眼鏡をかけた鼻が高い中年男性がゲーム本編では登場している。

アントノフには忠実であり、バースの襲撃に逃げずにアントノフを身を案じている。またアントノフ本人のエンディングではアントノフが重役達から総スカンを喰らった際には彼だけは決して見捨てなかった。

アントノフにとっては余計な一言が多いのか、その度に役職を降格させられるなど不遇な扱いも多いが、何だかんだで強く信頼されている。またアントノフもヤコフに対してはさすがに降格に反省しており、彼への態度も幾重か丸くなっている。

G.A.W.チームのストーリーによれば、アントノフとは学生時代からの付き合いらしい。


性能

飛び道具を持たない、肉弾戦主体のパワーキャラ。

攻撃力が非常に高く、見た目の割に機動力が優れ、特殊技はもちろん無敵対空技、突進技、移動投げ、空中専用技など、接近戦においては事欠かない強みを持つ。

全体的に癖の強い性能で、足払いが座って蹴り下ろす技で中段判定という攻撃となっており、強制ダウンを奪う。遠距離立ち強キックはヒットするとふっとばしてダウンさせる。


デメリットとしては、図体のデカさのため当たり判定が大きく、上記の通り飛び道具の対処が苦手なため、相手が飛び道具を牽制する立ち回りをされると苦戦を強いられる。

さらにはそれぞれ所持している無敵判定を持った技も使い道がはっきりしているため、割り込みやぶっ放しを無闇にできない点もネックである。



関連タグ

KOF ラモン(KOF) キング・オブ・ダイナソー

「よく見ておけ!これが宇宙規模の戦いだ!!」


プロフィール

出演作品KOFXIV
格闘スタイルシベリア黄金拳
誕生日1月11日
出身地ロシア
血液型B型
身長214cm
体重120kg
趣味癒し系番組視聴(主に小動物モノ)
好きな食べ物毎食変わる
得意なスポーツスポーツはもっぱら観るタイプ
嫌いなものその場の雰囲気で変わる
CV菱田盛之

キャラ設定

ロシアの大富豪であり、大企業の社長でもある。

2m以上の大型で筋肉質な体格に加え、短く刈り込んだ金髪が特徴。大富豪だけあって純金の腕時計に特大サイズの葉巻を口に咥えており、煙は口からではなく全て両耳からただ漏れしている。

「シベリア黄金拳」という独自の格闘術をこなす格闘家でもあり、化物レベルの格闘家達ばかりであるKOF出場者とも渡り合える等、それなりに高い実力を持ち合わせている。

ちなみに彼が経営していた大企業は、本人の発言を信用するならギースのハワード・コネクションより巨大だとか。


「KOF XIV」の中ボスであり、同作の大会主催者でもある。

前回のKOFXIIIが興行的に成功した為にスピンオフ大会が乱立し、KOFのブランドイメージが低下した状況を憂えて多額の投資をして開催権を独占。イメージ回復を目指す形でハイレベルな統一大会を開催した。

反面、勝手にKOF初代チャンピオンを名乗っている


ちなみに、KOF史上初のロシア人のプレイヤーキャラクターである。

人物像

自信過剰かつ強引な性格で、何かと「初代チャンピオン(自称)」を自慢する等、自己顕示欲も非常に強い。ゲーム中のチュートリアルも彼が担当するが、説明の随所で自慢やアピールをしてくる。なお、好きな食べ物や嫌いなものが気分でコロコロ変わる。給自さん大変そう。

ただし、本質的には善人であり、悪人ではない為、犬のアニメを見て涙ぐむなど涙腺が緩い。やや自信過剰気味な言動こそ目立つものの、戦った相手の実力を素直に賞賛する等、他人を認める度量は持ち合わせている。大会の中で乱入してきたバースの攻撃から身を楯にして子供を守っている等、正義感の強さも垣間見せる事がある。

一方、「俺だから勝ったのではない。勝ってしまうからこその俺なのだ」と語る等、経済界を生き抜いてきた事もあってか、意外に自分に対してシビアな面も見せる為、単純に傲岸不遜な人物という評価も間違いと言える。


ハイレベルな格闘大会を開催する事で興行的に成功する事が目的」という、KOF史上初、そして格闘ゲーム史でも稀に見る全く裏のない主催者…つまりは、参加者をコレクションにしたり復讐したり果ては自爆したり人類の滅亡やら『神』となって地球に降臨するやら時空転移して歴史を変えるといったろくでもない計画など立てていない「極めて真っ当な主催者」である。オフィシャル招待チームのエンディングにおいては「被害を防いだお礼も込めて」と報酬を増額する粋な姿も見せた。

念の為に身辺調査等を行っていたウィップからも、「呆れるくらい何の裏も無い人」と評されており、逆に言えば「バース襲撃において最も割りを食った被害者」である。


KOFに通じるだけの格闘能力こそあるものの、歴代のKOF出場者から見れば大した事はないらしく、テリー・ボガードには「自分の力に酔ってる間はここの誰にも勝てない」と厳しい言葉を掛けられている。しかし、一選手として再出場した『XV』では、挫折しても腐る事無く再起して見せた事もあってか、「今のあんた、チャンピオンだった頃より強敵だぜ!」と評価を見直されている。

しかし格闘家として名が知られていないのが災いしてなのか、『XIV』本人のエンディングでは主催者優勝により八百長の疑惑を掛けられてしまい、興行的に大失敗し夜逃げを余儀なくされる等、真っ当な理由で開催し不正無しで優勝するという形で有言実行を成し遂げたにもかかわらず報われない末路となっている。

ただし、夜逃げ後も部下のヤコフ等の周囲の人間に恵まれていたり、すぐに新事業を立ち上げることができたりと、経営者としてはそれなりに恵まれた部類である。


後日談

『XIV』の大会終了後、SNS上では何億を投じて建設したスタジアムの崩壊は全て演出であり彼の独断によるやらせ疑惑を掛けられたうえに多数の訴訟を抱えた彼は失脚し、部下ヤコフとともに夜逃げしてホームレスとなり、モスクワの路地裏を彷徨う羽目になった。

偶然にも、前回大会で突如出現したバースの攻撃から己の身を挺してまで庇ったミーシャ少年の両親からの恩返しで、アパートの一室を確保できた彼らは再起を図るべく電話一本を元手に新たな事業を始める。そして紆余曲折を経て超新星のプロレス団体「GALAXY ANTON WRESTLING(ギャラクシー アントン レスリング)」を立ち上げ、アントノフは再び社長として復活する。


『XV』では初期プレイアブルキャラクターとして参戦。テンガロンハットにサングラスとプロレスラーらしい装いに変わった。自らの目標の第一歩として再びKOFチャンピオンの座を取り戻すためにG.A.W.に移籍したラモンキング・オブ・ダイナソーの三人で「G.A.W.チーム」としてKOFに出場する事になった。

ギャグキャラの側面が強かった『XIV』からプロレスラーという要素が加わったことでより親しみやすくなり、プレイヤーからの評判も上々となっている。

出場者へのインタビューによると解決していない訴訟が75件もあるとのことだが、5年もあれば解決できると自信を見せている。また、今回の大会主催者のアナスタシア女史は「前大会の主催者アントノフに代わり」と態々アントノフを立てていることやロシア系の名前から近しい人物と思われるが、彼女との関係については「むぅ……ひ、秘密だ。」と珍しく歯切れの悪い回答をしている。

四条雛子のストーリーに登場した際のアナスタシア女史は凛々しく毅然とした口調で裏表のない経営者という人物だったが、まさか配偶者や家族だったりするのだろうか…?今後の展開が注目される。

漫画版

コミカライズ版「KOF A NEW BEGINNING」では超人的な力を持つ格闘家達を見てインチキ扱いするなど、過去のKOFのことを把握していない描写が見られるせいかやや世間知らずなところが見受けられる。(観客が慣れ過ぎたせいか)

終盤辺りではギースがバースを呼び出した際に無差別攻撃によって崩壊したスタジアムを見た彼は「こんなことなら、落ちてくる瓦礫から子供を守ったりしてみたかった」とメタ発言している。それを見た周りからは同情されている等、原作以上にキャラの扱いが悪くなっている。

ヤコフ(部下)

彼の経営している会社の部下であるヤコフという眼鏡をかけた鼻が高い中年男性がゲーム本編では登場している。

アントノフには忠実であり、バースの襲撃に逃げずにアントノフを身を案じている。またアントノフ本人のエンディングではアントノフが重役達から総スカンを喰らった際には彼だけは決して見捨てなかった。

アントノフにとっては余計な一言が多いのか、その度に役職を降格させられるなど不遇な扱いも多いが、何だかんだで強く信頼されている。またアントノフもヤコフに対してはさすがに降格に反省しており、彼への態度も幾重か丸くなっている。

G.A.W.チームのストーリーによれば、アントノフとは学生時代からの付き合いらしい。


性能

飛び道具を持たない、肉弾戦主体のパワーキャラ。

攻撃力が非常に高く、見た目の割に機動力が優れ、特殊技はもちろん無敵対空技、突進技、移動投げ、空中専用技など、接近戦においては事欠かない強みを持つ。

全体的に癖の強い性能で、足払いが座って蹴り下ろす技で中段判定という攻撃となっており、強制ダウンを奪う。遠距離立ち強キックはヒットするとふっとばしてダウンさせる。


デメリットとしては、図体のデカさのため当たり判定が大きく、上記の通り飛び道具の対処が苦手なため、相手が飛び道具を牽制する立ち回りをされると苦戦を強いられる。

さらにはそれぞれ所持している無敵判定を持った技も使い道がはっきりしているため、割り込みやぶっ放しを無闇にできない点もネックである。



コメント

コメントはまだありません

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー