2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

インジャネーノ

いんじゃねえの

インジャネーノとは、『妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

概要

CV:矢部雅史
薄紫色の肌に黒ずくめの服を着た、広島弁で話す男性の姿をしたボス妖怪。強気な性格だが、少し抜けている。普段は人型に擬態しているが、真の姿は恐ろしい。
腕だけ真の姿に変えることもでき、必殺技は両手を組んで地面に叩きつける「ドタマぶしゃげるど!」

ゲーム版のPVでは、ケータマックが落下したUFOを探っている際に「そこまでじゃ~!ガキども!!」と大声と共に出現したり、FBY捜査官のマルダーカクリーを追いつめたりするなど、ミステリーを探り回る者を追跡し、攻撃を仕掛ける謎の怪人。モチーフは、宇宙人やUFOを目撃した者に脅迫や拉致を行うメン・イン・ブラックと思われる(映画の方じゃないよ。むしろ映画はヒーロー側だよ)。

また、彼の部下と思わしき黒ずくめの男の軍団がケータとイナホを取り囲んだり、妖魔界の空でインジャネーノの邪悪な顔が現れたりするなど、妖怪ウォッチ3のラスボスと想像させる描写がいくつもある。

名前の元ネタは「トム・ソーヤの冒険」に登場する「インジャン・ジョー」。

形態変化

彼はボス妖怪の中でも特に珍しい形態変化(≠進化)ができるタイプの妖怪らしく、作中では人間に擬態した姿(妖怪大辞典ではインジャネーノと表記)と、真の姿である魔・インジャネーノの2種類の形態を適宜使い分けている。

インジャネーノ(人間形態)

薄紫色の肌に黒ずくめの服を着た男性のような姿の形態(本記事メイン画像参照)。主に人間界で活動する際に使用する形態。この形態は人間界での諜報活動には向いている反面、戦闘力は真の姿と比べると若干劣るらしく、ゲーム内での戦闘にてこの形態のインジャネーノを撃破すると真の姿へと形態変化する。

魔・インジャネーノ(真の姿)

魔・インジャネーノ


インジャネーノの真の姿。人型の姿で倒されると、この姿になり二戦目に入る。必殺技は緑色の炎を操る「魔炎ジャネーカー」

活躍

ゲーム版

初登場は第4章。この章ではモクノームの森の奥地でケータたちと遭遇し、そのままバトルに流れ込む。
その後、第5章にてUFO墜落ミステリーの解決のために動いていたケータたちと再び遭遇し、作中2回目のバトルになる。
そしてしばらくたった後、第8章にてケータたちとまた遭遇し、3度目のバトルとなる。ストーリーの構成上、この時点でケータたちとのバトルで3度目の敗北を味わうこととなる。しかしその直後、空から件のUFOが現れ、なんとUFOに吸い込まれていったのであった…

劇場版

ゲーム "妖怪ウォッチ3" のストーリー上重要なキャラであるためか長らくアニメ版への出演はなかったものの、2023年1月公開予定の劇場版、『妖怪ウォッチ♪ ジバニャンVSコマさん もんげー大決戦だニャン』に登場することが明かされた。

余談だが、今回の劇場版公開は彼が初めて登場した "妖怪ウォッチ3" の発売から実に6年半以上の年月が経過しており、否が応でも時の流れを感じさせるものとなっている。

関連タグ

妖怪ウォッチ ボス妖怪 




















此処から先は……妖怪ウォッチ3の重大なネタバレがあるので注意!




















彼の正体は、妖怪ウォッチ3のラスボスであるゴゴゴGF忠臣である。
彼は、ゴゴゴGFが先代エンマ大王に宇宙に追放されてもなおゴゴゴGFの部下あり続け、555年間もゴゴゴGFの帰りを待ち続けながら野望達成の下準備を続けていた。
そんな忠誠心の賜物なのかゴゴゴGFの正体と過去を知っており、ケータイナホに、ゴゴゴGFの悲しい過去を語った。

また、自分達が行ってきた妨害を退けてきたケータやイナホの力を高く評価していることを最終決戦の直前に彼らに伝えている。

最期にはゴゴゴGFを守る最後の砦としてケータ達に襲いかかるも数々の戦いを経験してきた彼らに敗れ、「ボス…最後までお供できんで…すんません…」と言い残して消滅した。

関連記事

親記事

ゴゴゴGF ごごごごっどふぁーざー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64758

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました