ピクシブ百科事典

ウィッチハンターサヤカ

うぃっちはんたーさやか

『ウィッチハンターサヤカ』とは、実写ドラマ及びその主人公の名前である。
目次[非表示]

作品

2006年ZENピクチャーズから発売されたDVDオリジナルの実写ドラマ作品。
正式タイトルは『グラビアヒロイン ウィッチハンターサヤカ』で、主演はグラビアアイドルの五ノ井ひかり氏。
2008年に同シリーズの『ガイアレンジャー』『マイゴージャスボディーガード』と同時収録された上で再版もされた。

元々リョナシーンが登場することの多いレーベルの作品であり、本作にも主人公へのへそ責め腹パン・オイル責め・緊縛吸血(しかも乳吸いにしか見えない)といったシーンが存在する。
特にへそ責めは2回登場するが、1度目は敵の魔女によって数分間執拗にへそをほじられ、2度目はバラの造花の茎を挿し込まれてグリグリされるという入念ぶりである。

登場人物

サヤカ

主人公。両親を殺した7人の魔女を倒すために一人旅をしている女戦士
ビキニアーマー(というより単なるビキニ)と、自分で踏ん付けて転びそうなほど長いマントを身に付け、1本の日本刀を武器にしている。
へそは性感帯ではないのか、責められても快感ではなく苦悶の声しか上げなかった。

バラの魔女ローズ

敵役。7人の魔女の1人。黒いコスチュームを身に付けている。人間の生き血を吸う。
サディストで、他の人間に擬態する能力を持つ。

戦闘員

ローズの手下。複数登場するが、特に呼称はない。黒い全身タイツと白い仮面を身に付けている。
サヤカを取り押さえるシーンと腹パンを浴びせるシーンがある。

ミツル

男性のウィッチハンターで、ローズに殺されかけたサヤカを救った。彼女が非情になりきれない事を危惧する。
敵を分散させるためサヤカと別行動を取るが、いつの間にかローズに殺害されており、姿を擬態された。

関連タグ

ファンタジー

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィッチハンターサヤカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2949

コメント