ピクシブ百科事典

グルッペン・フューラー

ぐるっぺんふゅーらー

グルッペン・フューラーとは、実況者集団「〇〇の主役は我々だ!」のメンバー兼創設者である。
目次[非表示]

概要

字幕及びイメージカラーは黒(または灰色)。 我々だの創設者。趣味は戦争。ゲスボイス。マジ○チ。ゲスの極み。諸悪の根源。 戦争大好きおじさん。みんなのリーダー的存在。趣味は戦争。HoIマイクラの元凶。カリスマ。発作的リバタリアン。

初期ギスクラ時代に行われた視聴者参加型人気投票では2年連続1位を獲得。殿堂入りを果たした(ちなみに2019年コミックフラッパーで行われた異世界の主役は我々だ!の人気投票でも1位をかっさらい、その邪悪な顔が月刊誌の表紙を飾っている)。

以前よりHoI2の字幕プレイ・ゆっくり実況プレイ動画を上げていたが、親友5人とギスギスクラフト以降、友人たちとのマルチプレイによる生声実況プレイ動画を投稿し始める。初期は投稿・編集・撮影ほぼ全てを担っていた。メンバーも彼がほとんど連れて来るため、学生時代からの友人などではないそう。

政治や歴史の知識がとても豊富で、メンバーの中でもHoI2のプレイスキルはトップクラスに高く、AIをも凌駕するほど。それゆえにマルチプレイで他国に団結され総攻撃に遭いレイドボス化することもあるが、僅差のスリルを好むからか本人はとっても楽しそう。総統が楽しそうで何よりです

HoIで築いた屍の数、焼いた国の数は計り知れず、マイクラで焼いた家の数も計り知れず。

WoTでは楽しそうにMausやポルシェティーガーを乗り回していたり、HoI2で大和型を5隻同時発注したりと、ロマンを追求する姿は大変無邪気で邪悪であり、よく5歳児に例えられる。

ゲーム内では自由奔放な独裁者のような振る舞いが目立つが、生放送や組織方針演説では「去るものは追わない」「メンバーが楽しむのが1番良い」など、個人の意志を尊重する言動が目立つ。

極度の甘党であり、好きなお菓子はスーパーで安売りされている袋詰めのチョコ。大先生から「ブドウ糖頭にぶっ刺しとけば満足しそう」と言われるほど。
またかなりの少食で胃が雑魚であるらしく、周りに合わせて1.5kgのから揚げ丼を一緒に頼もうとしたところ大先生に止められた。他にも「あいつ牛丼ミニ食いきれんで残しとった(シャオロン談)」「グルちゃんは硬い肉が噛めない(大先生談)」等散々な言われようである。ちなみに滑舌もかなり悪く、「滑舌がおクソ」と形容される。

HoIその他戦略ゲームでドイツプレイをしていたことから、視聴者からの愛称は「総統」。

マイクラスキンはアルゲマイネベースの黒制服。でもIDはソヴィエトユニオン。
立ち絵は三つ揃えスーツにコートを着込んだ金髪男性。Twitterのアイコンは某少佐にそっくりである。

グル氏、グルちゃん、恩師グル氏(コネシマ)、総統などと呼ばれることもある。

2017年のニコニコニュースにて、『幼女戦記』の作者、カルロ・ゼン氏と対談している。

名言・語録

「やっぱり、暴力が最高の言語(ランゲージ)だよね」

「スカンディナビアよ、我が国も貴国に攻撃する。死ぬがよい。全て嘘!嘘!嘘!君と組んだソ連同時攻撃は嘘だ!ソ連と共に消えてもらう、さらばだ」

「さて、積雪1cmで都市機能が麻痺する下等民族共を支配しよう」

「ひたすら夕張メロンをハイチュウにする作業をお前に与えよう」

「我々は…荒廃と瓦礫の中から再び軍旗が立ち上がるだろう!」

「禍々しいなこれ、これ禍々しいな(愉悦)」

「ルフトバッフェだ!!ルフトバッフェだ!!」

「ジェイソンと人間間で和平条約を結ぼう!」

「チャカだって持ってる!チャカなんていらねえ!」

「手前やんのかゴルァ!!ヘリとやんのかゴルァ!!」

「苦い勝利だね、ゾム」

「何歳でヤッとんねん」

「シッマ君!!救済の時間だ!!」

コミックスでのグルッペン

異世界の主役は我々だ!
鬱先生とコネシマを核シェルターに導いた張本人。鬱先生に拳銃を渡した後、国民を守るために核戦争中の地上へと戻る。
その後は生死不明だと思われていたが、どういうわけか機械の身体になってゾチ帝国の者として、コネシマ王国に進軍して来た。それなんて代行指揮官殿?身体能力は極めて高く、オプロイテの剣をものともしなかったり、上空から落下してもダメージが一切なかったり、ザックームの根源に放たれた奇跡で全身バラバラの生首1つになっても普通に喋っていた。
レノに忠誠を誓っているらしく、エーミールとは協力関係にある様子。

ヘルドクターくられの科学はすべてを解決する!!
5巻にて初登場。くられを追っている様子。ゾムとナタリーの恩人の仇である、とある悪徳官僚の死に関係があるようだが…?

魔界の主役は我々だ!

【wrwrd!】黒いお誘い


争いが大好きな我々師団の団長。混沌と破壊を好む上級生。初対面のシャオロンには 「これほど悪魔と冠するにふさわしい男を見たことがない」と評された。
家系能力は『疑心暗鬼』。その場にいる者の疑心を増幅させ、内ゲバを引き起こす。しかしシャオロンには効かず、そんな彼に興味を示して我々師団にリップサービス込みで半ば強制的に加入させた。
大柄な体躯と大きくて黒い角・翼・尻尾が特徴。

関連タグ

○○の主役は我々だ! wrwrd
グルッペン(こちらのタグが使われることもある)

メンバー

グルッペン・フューラー
オスマン
トントン
コネシマ
ひとらんらん
鬱先生
兄さん
ロボロ
シャオロン
ゾム
しんぺい神
エーミール
ショッピ
チーノ

関連記事

親記事

○○の主役は我々だ! まるまるのしゅやくはわれわれだ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グルッペン・フューラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97071

コメント