ピクシブ百科事典

ゴーランド

ごーらんど

『さらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち~』並びに『宇宙戦艦ヤマト2』に登場した、白色彗星帝国(或はガトランティス)の艦隊司令官。両作品共にテレザート星を守備する任務を帯び、ヤマトと対決した。リメイク『宇宙戦艦ヤマト2202』にも登場。
目次[非表示]

「破滅ミサイル、発射ァ!!」

声優

  • 阪脩:『さらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち~』&『PS版ゲームソフト』
  • 飯塚昭三:『宇宙戦艦ヤマト2』
  • 山路和弘:『宇宙戦艦ヤマト2202~愛の戦士たち~』


オリジナル版

概要

  • 所属:白色彗星帝国(又はガトランティス)
    • 第一戦闘艦隊 ミサイル艦隊(劇場版)
    • 戦闘ミサイル迎撃艦隊(TV版)
    • 第一戦闘艦隊 特殊ミサイル艇師団(PS版)
    肩書
    • 提督(どのシリーズも共通だが、メディア毎に異なり、指揮官・司令官・司令とも記載)
    乗艦

 劇場版作品『愛の戦士たち』並びにTV放送された『ヤマト2』に登場した、白色彗星帝国(TV版ではガトランティス)の艦隊司令官。階級はシリーズ共通で明確にされてはいないものの、提督という設定は共通している。
 ガトランティス人で、容貌はスキンヘッドに黒い眉毛と、顎回りに生やす黒髭が特徴であり、劇場とTV双方に共通。服装は、劇場版では濃緑のスーツ型軍服の上から、黒のロングコートを纏っている。TV版では、青色の詰襟型軍服の上から、同色のロングコートを纏っている。
 指揮下の艦隊は、シリーズで名称が異なるこそすれ、編成内容はミサイル艦で構成されており、ほぼ変わらない。またテレザート星を守備しているという点も変わってはいない。テレザート星へ近づこうとするヤマトを迎撃する為に立ちはだかっている。
 戦術的な思考に置いて、TV版の方がより鮮明に描かれているのが特徴で、宇宙空間における自然現象にヤマトを誘き出して叩こうとしている。さらにデスラーとの嫌々ながら共同体制を取っており、デスラーとの確執が明確に浮き出ている。また狩りを行うこともある。

経歴

劇場版

 テレザート守備部隊として登場。テレザートへ接近を図るヤマトが、航路上に存在する宇宙気流に呑み込まれるのを見計らってミサイル攻撃を仕掛けていった。やがて脱出不可能なポイントまで流されるヤマトを追尾していったが、まさか波動砲を発射するうえでテレザート星を射線から外す為に故意に流され続けていたとは知らず、いざ気流から出て来たヤマトに破滅ミサイルで止めを刺そうとしたものの、一発逆転の波動砲によって壊滅の憂き目を見た。

TV版

 デスラー艦隊と共同でテレザート星を守備していたが、互いに意見が噛み合わないことが多く、テレザート星を餌に誘き出して叩くデスラーと、テレサの放つ通信波を妨害することで接近の阻止を図るゴーランドで軋轢を生んでいた。
 そんなデスラーを邪魔に思い、うっぷん晴らしに恐竜型惑星へと狩りへ出かけ、恐竜型生物を射殺し、さらには破滅ミサイルの一斉射で惑星を破壊するという暴挙までやってのける。やがて配下の前衛艦隊司令官デスタールが、ヤマトの妨害行動中に戦死するという報告を受けた。
 ヤマトを、テレサの名を語った偽通信で誘い、脱出困難なサルガッソ宙域へ誘い込み、そこでミサイル攻撃により畳みかけようとするが失敗する。さらにエネルギー吸収の性質を持つ小惑星帯の外延部で待ち受け、ヤマトがエネルギーを小惑星帯に吸い取られて行動不能な瞬間を狙って攻撃を仕掛けた。
 ところが、ヤマトはアステロイドリングでミサイルを防ぎ、業を煮やして破滅ミサイルを発射させるものの、真田志郎の考案した小惑星から逆にエネルギーを吸収するという方法によって回復したヤマトの波動砲を受けて全滅した。

2202版

概要

  • 所属:帝星ガトランティス ゴーランド艦隊
  • 肩書:司令長官 又は 提督
  • 乗艦:ゴーランド艦

 リメイクアニメ『宇宙戦艦ヤマト2202』に登場する、帝星ガトランティスの軍人。オリジナル版ゴーランドとほぼ同じ所属並びに肩書を持っているが、服装は劇場版『さらば』に準拠しつつ、2202特有の陣羽織型のロングコートを羽織っている。額の眉毛は、ゴラン・ダガームと同じように繋がっている。
 テレザート星を守備する艦隊として登場しているが、オリジナル版と違う点も幾つかある。同じくテレザート陸戦師団のザンツ・ザバイバルとは長い付き合いがあり、加えて自身の幼生体であるノルがおり、自身が率いるゴーランド艦隊の次期指揮官として育成中である。

人間関係

 オリジナルと違い、同じテレザート守備を担っていた陸戦師団の師団長たるザバイバルとは付き合いが長い事が明らかになっている。また、彼自身、先代の跡を継ぐ19代目(ノルが20代目であることを鑑みれば)ゴーランド艦隊司令長官である事も明かされた。故に、彼自身が司令長官に就任する前から、ザバイバルとの交友関係はあったと思われる。
 加えて幼生体の若いガトランティス人であるノルがおり、自身と同じように後々のゴーランド艦隊司令長官として育成している。ただ、もっぱらザバイバルに教育係(戦闘面で)として任せており、ノルが完全な兵士としてはまだまだ程遠い事を危惧していた。実際、ザバイバルとの模擬選で、せっかくのチャンスを不意にしてしまったノルに、失望感を抱いていた。
 またザバイバルとの交友関係や、取り分けノルを自身の跡継ぎとして育成する姿は、ガトランティスからすれば存在しない「親子」という概念に当てはまることから、ズォーダーガイレーンは興味深い感覚と危惧を抱いている。無論、ゴーランド自身に、その様な自覚は無く、ひたすら帝国に奉仕する為の存在となるために、育成しているだけであった。

経歴

第1章

 姿は一切見せなかったが、恐らく、テレザート星を攻撃した張本人であるとされる。一応、シナリオ集には彼の名が記載されており、些細な抵抗を示すテレザート星を嘲笑している。艦首の巨大ミサイルでテレザート星の寺院を吹き飛ばし、地下に潜伏する僧侶たちをニードルスレイブで容赦なく殺戮した。

第3章

 テレザート星の守備隊としてザバイバルと共に駐留している。ノルの戦闘訓練に立ち合い、ザバイバルを辛うじて倒せる一歩手前まで着た途端、剣先を躊躇い逆転負けを許した事に失望を禁じ得なかった。
 ザバイバルに対しても
「貴様にも分かっただろう。ノルには足らんモノがある」
と打ち明けている。そんな自身の幼生体の為に砂竜狩りに出る事を話し、惑星の守備には手抜かりの内容にしておくと伝えている。ザバイバルからは、「まるで先代のゴーランド様と話しているようです」と、懐かしむ様な事を言われており、ほぼ人間と変わらぬような戦友としての会話をやり取りしていた。
 そしてある時、テレザート星から新たなコスモウェーブが放たれたのを目の当たりにする。

第4章

 ヤマトがテレザート星に到着する前に、テレザート星を覆うために牽引されてきた巨大な岩盤に巣食う砂竜を討伐すべく、ノルを率いて砂竜狩りに出る。そこで、ガトランティスに貢献する為だけに生きていき、愛という感情が無いからこそ完全たる存在でいられることを説き、ノルを20代目ゴーランドとするべく、彼にも砂竜を撃ち殺させた。
 そしてヤマトが来襲したのを待ち受けていたゴーランドは、ヤマトがテレザート星を塞ぐための最後の岩盤を盾にして自軍の動きを制限するであろうことを予測していた。事実、ヤマトはゴーランド艦隊の背後に小ワープで現れ、緊急反転して巨大な岩盤を波動砲で打ち砕き、その破片群でゴーランド艦隊を行動不能にしようとしたところを逆手に取られた。
 ゴーランドは破滅ミサイルを発射、逆に自分から巨大な岩盤を破壊した。テレサの力をくみ上げて製造した破滅ミサイルは、反物質と正物質の反発を利用して強力な乱流を発生させる。その乱流によって岩盤の穴に身動きを封じられたヤマトに止めを刺すべく、ミサイル攻撃を行った。
 この時、ノルから「艦隊を広げた方が良いのでは」と波動砲を警戒して艦隊間隔の散開を提言したが、これを却下する。

「この乱流では狙い定まらん。それ以前に、奴は撃たん。撃てんのだ」

と、第11番惑星での事案を含めてか、ヤマトが艦隊へ直接攻撃できぬことを確信していた。これが後に失態となり、ノルの提言が正しかったことを証明することとなる。
 最後だと言わんばかりに、艦首ミサイルや他の無数のミサイルで止めを刺そうと命令を下したが、その直前にノルは不条理な感情というものに危機感を覚えたようで、何かを言おうとした時には発射命令を出してしまっていた。
この直後、意を決したヤマトクルーの放った波動砲が、ミサイル群は無論、その射線上で纏まっていたゴーランド艦隊を真面に直撃する事となる。
 波動砲の青白い光に呑まれる直前、彼は背後で傍観していたノルに向き直って駆け寄り、まるで何かから身を挺して守ろうとするが如く強く抱き締め、最期の瞬間に涙ながらこう謝った。

「すまぬ‥‥‥ノル!」

それは、これまでガトランティスに貢献する事、愛という感情を捨てていたゴーランドとは思えぬ、我が子を想う人間の父親と全く同じ姿であった。
ノルは咎めず、生まれて初めて抱きしめてくれたゴーランドの背を抱きしめ、ほんの僅かな一瞬に感じたであろう愛という感情と共に、波動砲に呑み込まれ消滅してしまった。

第5章(ネタバレ)



















 当人はヤマトとの戦いに戦死したが、人工的な戦闘民族であるガトランティス人の特性故に新たな後継者が誕生、前線から引退した先代ゴーランドであるザイゼンに養育をゆだねられる。代々、この名前を名乗る習わしがあるのか「ノル」と名づけられる模様。
 このとき、老人となっているザイゼンと医者たちは、「赤子」の無垢な鳴き声に慈愛に満ちた穏やかな笑みをこぼしており、彼らを見たズォーダーは「あの者たちはなぜ笑っているのだ?」と問いかけた。
問われた医者もズォーダーに「わかりませぬ。赤子を見ると、皆そうなってしまうのです。時として、訳もなく涙を流すことも・・・」と戸惑いを隠そうともせずに答えを返していた。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2202 ガトランティス 白色彗星帝国 前期ゴストーク級ミサイル戦艦 ノル(宇宙戦艦ヤマト2202) ザンツ・ザバイバル

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴーランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3425

コメント