ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジャンケットバンク

じゃんけっとばんく

『ジャンケットバンク』とは、田中一行による青年漫画作品。YJ2020年35号より連載中。
目次 [非表示]

この完璧な金を見て誰かがこう考えた

銀行は最高の賭場になり得る


作品情報

作者田中一行
ジャンルギャンブル
出版社集英社
掲載誌週刊ヤングジャンプ少年ジャンプ+
単行本既刊14巻

概要

集英社の『週刊ヤングジャンプ』で2020年35号より連載開始。2022年3月30日より『少年ジャンプ+』でも後追い連載を開始。本誌に追いつくまでは毎週水曜日に3話ずつ更新され、追いついてからは本誌から1週遅れて更新される。


銀行を舞台にしたギャンブル漫画である。銀行の地下で繰り広げられるギャンブルに挑む凄腕ギャンブラーたちの、金と命を賭けた戦いを描く。

ゲームの内容はすべてオリジナルである。敗者に対するペナルティは過酷なものであり、命を落とす場合もある。「特別業務部」という部署に所属する銀行員が賭場を運営しており、彼らもまたキャリア(勤続年数)という「通貨」を奪い合う。


登場人物は漏れなく頭のネジが吹き飛んでいる。ゲーム中のキレのある煽りあいや銀行員同士の火花飛び散る争いは本作の見どころの一つ。

 

基本的にはキレイな絵柄だがギャンブル漫画の御多分に漏れず、たまに癖のある絵や変顔が炸裂する。特にゲームの決着で見られる「キュビズム顔」「ピカソ顔」など呼ばれる顔芸は強烈極まりない。

 

作者曰く、イケメン顔芸ギャンブル漫画


なお、ジャンケットとはカジノホテルが金払いのいい顧客をスカウトし接待をするために雇っている世話人のこと。


あらすじ(YJ公式サイトより引用)

『銀行』とはその国で最も金にうるさい人間たちが集まる場所。

そしてそこでは圧倒的な大金が完璧に管理されている。

それを見て誰かがこう考えた。「銀行は最高の賭場になり得る」と。

『銀行員×ギャンブラー』新時代のギャンブルバトルが幕を開ける!!


登場人物

ギャンブラー

カラス銀行の賭場では上から順に1ヘッド、1/2ライフ、4リンク、5スロットにランク付けされる。

上に行くほど賭金の上限と危険度が跳ね上がる。


本作の主人公。22歳。5スロット→4リンク→1/2ライフ→1ヘッド所属。

飄々とした掴みどころのない人物。「楽しみ」のみを求め、勝利のためならば手段を選ばない。


28歳。5スロット所属。対戦ゲーム『ウラギリスズメ』

5スロットの地下カジノで「帝王」と呼ばれる。


26歳。4リンク→1/2ライフ所属。対戦ゲーム『気分屋ルーシー』

本職は投資家。プライドが高く、自らに負けてオークションに送られた人を買い従わせている。実は面倒見がいい。


29歳。1ヘッド→4リンク→1/2ライフ所属。対戦ゲーム『サウンド・オブ・サイレンス』

本職は医者。趣味は手術で、人の本性を暴くことを好む異常者。銀行内でも上位の実力者である。


26歳。1/2ライフ所属。対戦ゲーム『ジャックポット・ジニー』

本職は画家。感情が色として見える。「バカが現実に気付いた時の顔」を美しいと感じる。


大学生。21歳。対戦ゲーム『タンブリング・エース』

クラブ『オーバーキル』で悪徳カジノを運営している。関谷仁の弟子だった。


大学生。21歳。対戦ゲーム『タンブリング・エース』

京極と同じく『オーバーキル』で悪徳カジノを運営している。絵を描くことが好き。


28歳。1/2ライフ所属。対戦ゲーム『アンハッピー・ホーリーグレイル』

本職はストリーマー。自らを「観測者」と呼び、人間を監禁している。卓越した観察眼を持つ上位の実力者。


28歳。1/2ライフ所属。対戦ゲーム『ブルー・テンパランス』

本職は神父。自称善人であるが、懺悔に訪れた咎人に自殺を唆している。テンションの差が激しい。


28歳。1/2ライフ所属。対戦ゲーム『ライフ・イズ・オークショニア』

本職は警視庁捜査2課刑事。正義のヒーローに憧れており、己の正義が成されることに快感を覚える。


34歳。1/2ライフ所属。対戦ゲーム『ライフ・イズ・オークショニア』

本職は警視庁捜査2課刑事。賢い悪人を陥れることに喜びを覚える。


35歳。1ヘッド所属。対戦ゲーム『シヴァリング・ファイア』

本職は小学校教員。子供に対しては優しいが、未熟なまま大人になった者には容赦なく牙を剥く人物。『第3種閲覧権』を行使して人々を惑わせる。


34歳。1/2ライフ所属。対戦ゲーム『ピーキー・ピッグ・パレス』

本職はチェーンレストラン「ジョイキッチン」代表取締役。「お客様は神様」のモットーで経営しているが、悪質な客に対しては暴力を振るうことも辞さない。漆原伊月とは友人関係であり、彼を「伊月」と呼んでいる。


34歳。1/2ライフ所属。対戦ゲーム『ピーキー・ピッグ・パレス』

本職は弁護士。有罪確実な被告を担当した際、予想外の弁護で無罪判決を勝ち取るほどの凄腕。牙頭猛晴とは友人関係であり、彼を「ガッちゃん」と呼んでいる。



銀行員


特別業務部4課「特別審査課」通称”特4”

  • 宇佐美班

御手洗暉(ミタライ アキラ)

本作のもう一人の主人公。24歳。担当は真経津晨。特4の新人で、超人じみた計算能力を有する。

基本的には常識人だが、次第に狂信的と言えるほどに真経津に心酔していく。


宇佐美銭丸(ウサミ ゼニマル)

宇佐美班主任。年齢非公開。眼鏡をかけており、一見すると穏やかそうに見えるが、目的のために冷酷に策を巡らせる一面がある。


梅野六郎(ウメノ ロクロウ)

27歳。担当は獅子神敬一。「〜説が有力です。」が口癖。絶対的な記憶能力を有する。


渋谷蓮十郎(シブヤ レンジュウロウ)

54歳。担当は村雨礼二。元ギャンブラー。飄々とした物腰の葉巻を好むイケオジである。


榊(非公開)(サカキ )

25歳。長髪の男。宇佐美班の中では立場が低い様子で、しいなのお茶汲み担当。尚、3巻にてキャリア8ヶ月分でその担当を御手洗に売っている。面倒見の良い一面を持つ。


羽柴しいな(ハシバ シイナ)

25歳。宇佐美班の紅一点。フレンドリーに見えて他人を出し抜こうとする、抜け目ない女性。



  • 伊藤班

伊藤吉兆(イトウ キッチョウ)

伊藤班主任。28歳。特4の班で唯一「独裁権」を行使する。癖のある伊藤班メンバーを心酔させるほど優秀なカリスマである。


土屋田謙介(ツチヤダ ケンスケ)

27歳。担当は雛形春人。影響を受けやすく、伊藤・雛形との関わりで自尊心を肥大させてしまった。


雪村真(ユキムラ マコト)

26歳。担当は牙頭猛晴。ショートボブでピアスを4つつけている。伊藤曰く「情報交換のスペシャリスト」。


昼間唯(ヒルマ ユイ)

24歳。担当は叶黎明。言われなくても人の欲しがっているものを見抜く才能がある。


蔵木慎之介(クラキ シンノスケ)

30歳。担当は眞鍋瑚太郎と漆原伊月。「賭けません?」が口癖。首から刺青が覗いている。対黎明戦では司会の上手さを見せた。



  • 片伯部班

片伯部いね(カタカベ イネ)

片伯部班主任。74歳。自分のことを「ママ」と呼ばせたがる。


加賀花火(カガ ハナビ)

25歳。担当は山吹千晴。口調が荒い褐色肌の女性。梅野に好意を抱いているが、気持ちに反していつも悪態を吐いてしまう模様。


紅宮重理(ベニミヤ シゲミチ)

28歳。担当は時雨賢人。複数のピアスを付けた坊主頭の男性。オネエ言葉で話すのが特徴。



  • 白金班

白金円(シロガネ マドカ)

白金班主任。30歳。宇佐美と伊藤の自称兄貴分。仕事にあまり熱心ではないが要領は良い。


灰谷蓮司(ハイヤ レンジ)

26歳。会話のテンポや感性が独特な青年。


蛇谷絵美里(ヘビタニ エミリ)

24歳。長い髪をポニーテールにした女性。露出の多い服装が特徴的。


津田(ツダ)

14巻にて名前のみ登場。


坂丸(サカマル)

14巻にて名前のみ登場。


特別業務部5課「特別営業課」通称”特5”

周防要(スオウ カナメ)

25歳。口元にほくろがある美青年。


佐久間龍(サクマ リュウ)

御手洗が2回目のオークションの際に出会った青年。



特別業務部0課「特別債権管理課」通称”特0”

  • 黒光班

黒光正巳(クロミツ マサミ)

黒光班主任。43歳。礼儀作法にこだわりがある。


森小夜子(モリ サヨコ)

23歳。ゴスロリ調のドレスを身にまとった女性。


丸尾義経(マルオ ヨシツネ)

28歳。黒いキャップに黒いマスクを顎にかけている。



  • 城之内班

城之内寿(ジョウノウチ コトブキ)

城之内班主任。27歳。性別に関する話題は不可。



  • 地下オークション倉庫

福山大和(フクヤマ ヤマト)

22歳。倉庫を担当している女性。



特別業務部2課「特別企画管理課」通称”特2”

  • 朔班

朔京治(サク キョウジ)

朔班主任。22歳。ゲームオタクであり、制作者としての強いプロ意識とこだわりを持つ。


ヒゲメガネ(非公開)(ヒゲメガネ)

36歳。名前の通りヒゲメガネのおじさん。車の柄のパジャマを着ている。


ピザ(非公開)(ピザ)

24歳。ウェーブのかかった黒髪に謎のバンドを頭につけている。


エンゲル(非公開)(エンゲル)

29歳。一人称が拙者、眼鏡で太っているという一昔前のオタク像を体現した人物。


こっしゃん(非公開)(コッシャン)

23歳。朔班の紅一点。ツインテールで、アニメキャラがデザインされたシャツを着ている。



特別業務部6課「特別権利管理課」通称”特6”

  • 鷺ノ宮班

荒川冬馬(アラカワ トウマ)

29歳。蝶ネクタイを着けた青年。1ヘッドギャンブラーに対しては丁重に対応するが、特4行員には暴言を吐く毒舌家。


桃園計(モモゾノ ケイ)

27歳。金髪にピアスを付けたチャラい雰囲気を持つ青年。荒川が暴言を吐いた際、「バカ先輩」と注意するなど遠慮がない。



その他

神林のおじさん

パン屋を営むおじさん。5スロットで真経津に救われる。


神林ミカ

大学生。神林のおじさんの娘。学、充らに『タンブリング・エース』で大敗している。


無堂清光(ムドウ キヨミツ)

74歳。カラス銀行の重要顧客の一人。無堂商会会長。

御手洗暉のファン。




用語

  • カラス銀行中央支店

 本作の舞台。表向きには普通の銀行で、経常利益日本第三位の市銀。隣にはCROW HOTELという建物もある。当然ただの隣接するホテルであるはずもなく……。


  • ランク

 ギャンブラーの賭博口座(後述)の残高で決定され、それぞれ掛け金の上限やゲームの危険度が異なる。


5スロット:最下級の賭場。軍資金5,000万円までのランク、賭け金は最低100万円。通常のカジノのような様子であり、カラス銀行中央支店の地下に存在する。ここのみ、特別融資さえ受けなければ素寒貧にされても貧乏生活で済む。(ただし、所持金が支払いに不足している場合特別融資は強制執行される)


4リンク:「四体満足」。残高5,000万円~3億円のランク。ゲーム中に重大な身体的損傷を負う可能性がある。


1/2ライフ:「半殺し」。残高3億円以上のランク。このランク以上では各ギャンブラーには一人ずつ特4の行員が担当につく。ゲーム中に死亡する可能性がある。


1ヘッド:最高ランクであり、1/2ライフ中で残高の上位50名が昇格される。2人が戦い1人が確実に死亡する。ここに到達したプレイヤーは金では勝負しない。


  • 特別業務部

 地下賭博場を運営する組織。現在判明している部署は以下の通り。


特別審査課(特4):ギャンブラーのマッチメイク及び特別融資(後述)に権限を持つ。1/2ライフ以上のギャンブラーを各行員がそれぞれ担当し、他の班のギャンブラーと戦わせることでキャリア(後述)を奪い合う。本作は特4を中心に描かれる。


特別営業課(特5):1/2ライフ以上のゲームを観戦するVIPたちをもてなす業務を行う。VIPはギャンブラーの勝敗に賭けた金額によりギフトと呼ばれる投票券が与えられ、特5の行員は得られたギフトにより評価される。


特別債権管理課(特0):特別融資を返済できず身柄を差し押さえられた人間を地下オークションで販売する業務を行う。宇佐美曰く「特別業務部最悪の課」。出荷する際に彼らの独断で2割までの商品を廃棄(殺害)する権利が与えられており、所属する行員は全員犯罪歴がある。


特別企画管理課(特2):銀行賭博で使われるゲームを考案・設計する業務を行う。その業務の性格から、特2についての情報はほとんどが秘匿されている。職場も人里離れた施設であり、厳重に警備されている。


特別権利管理課(特6):あらゆる特権の管理を行う。24時間365日対応している。


特別事務課(特3):詳細不明。


  • 賭博口座

 4リンク以上のプレイヤーに与えられる特別口座。賭博口座の残高でランクが決定される。賭けに勝つ以外では入金は不可能であり、掛け金もこの口座から出される。


  • 特別融資

 ギャンブラーの軍資金または賭博口座残高がマイナスになった場合、特別審査課が行う融資。貸出金額は担当した審査役が算出した価格を基準とする。利息はゼロで返済期限は貸し出しから24時間後。担保として預けるものは基本的人権。返済できなかった場合は身柄を差し押さえられ、地下オークションに商品として送られる。


「銀行は長くいるだけの無能を求めてはいない」

 特4で通貨として使える「勤続年数」。年功序列制を採用しており、キャリア(勤続年数)が多いものほど金と特権を得ることができる。特4の行員は他班と担当ギャンブラー同士を戦わせることでキャリアを集める。

 行員同士の自由な取引や銀行自体から権利(喫煙権、私服着用権、担当ギャンブラー指名権等々)を買うために使うことができ、退職や賭博に関わらない通常の銀行業務への配置転換にも数年分のキャリアが要る、極論を言うならば合意さえあれば相手の人権を買うことすら可能であり、その最たる例が班長がキャリア150年で買える「独裁権(ありとあらゆるハラスメントが免除される権利、自身の班員に対する横暴、設備の自由な増拡張が認められる)」である。

 新人は強制的に365日分のキャリアの特別融資を受け、これは返済不可能。

一日ミスなく過ごすと1日分のキャリアを獲得出来るが、何かミスや不祥事があるたびに最低一日以上のキャリアがマイナスされ、不当な暴力や仕事の押し付け等のハラスメント行為で他人に害を為した場合対象への賠償として支払い義務が発生する。

業務終了時刻に所持キャリアがマイナスの場合自身が差し押さえられ、オークションで売られてしまう。

最悪の場合一週間で一年分のキャリアを溶かしオークション行きになってしまうケースもあるので、新人は出し惜しみせず、キャリアを払ってでも「わからないことは聞く」「出来ないことは手伝ってもらう」必要がある。

「妥協を求めず認めない、純白の職場ですよ」


  • 地下オークション

差し押さえられた「クズ」が辿り着く終着点、最低落札価格に応じてある程度マシな環境になっているが、基本的にタコ部屋、日々の食事は部屋に備え付けのベルトコンベアから流れてくる薄汚いボックスに無造作に詰められたVIPの残飯、順番は落札価格の高い順であるため、下層には何も残らない。

自身の最低落札価格を下げることで趣向品や食料が買えるが、雑誌一冊20万、ポテチ一袋12万と、帝愛地下王国が天国に思える環境かつペリカの価値が黄金に感じるほどの暴力的ぼったくり価格。(一応キツい労働が存在しない点だけが救いとも呼べない救い)

また、一日過ぎるごとに自動で落札価格が30万下落していき、800万を割った瞬間「不良在庫」「バラ売りの方が売れる」とみなされ、解体処分される。

そのため騙し合いや自殺者の死体漁りによる落札価格の確保による補充が常態化している。


  • ラダー

 正式名称・中級交戦一種。ラダー(はしご)の名の通り、ギャンブラーのランキングであり、1/2ライフ以上のランクにおけるマッチメイク方式。ギャンブラーの担当行員が対戦相手を探し、事前に担当行員同士で交渉して条件を決める。この際、担当行員は「場代」として、最低でもキャリア10年分相当を賭けなければならない。


  • ヘックスメダル

 1ヘッドのギャンブルにて現金の代わりに賭けられる通貨。銀行購買部で使用することができ、自身の望みを実現させる特権を購入することで使い方によっては自分の国を作ることが可能な噂がある金貨。

ただし、五回勝つ(&五枚以上所持)までは一枚ずつしか賭けられないため収集効率は最悪で、その癖特権のグレード問わず(一部特例除き)二ヶ月しか保たない。


「ボクたち(1ヘッドギャンブラー)を殺したくてしょうがない、そう言ってるように聞こえるよ」

「「おっしゃる通りです」」


その特権実現の為に銀行が払う労力は1ヘッドギャンブラーの死による残高(数十、数百億クラス)全没収一人分+VIPの賭け金如きとは到底釣り合わず割に合わない。

そのため1枚5億円で換金することも可能だが、集めることで得られる特権と比較した場合暴力的とされるほどの安値である。


  • 銀行購買部

 1ヘッドギャンブラーのみが利用できる販売所。ヘックスメダルを支払うことで様々な特権を購入できる。販売している特権で判明しているものは以下の通り。


第3種閲覧権:特定の人物がネット上に挙げた情報(メール・SNSの通話記録等のデータ)を全て閲覧できる特権。眞鍋瑚太郎が購入している。金額については現時点では不明。


ゲーム

ジャンケットバンクに登場するゲームを参照


関連動画


関連タグ


前作概念ドロボウ

前前作エンバンメイズ


外部リンク

作者のtwitter

YJ内公式ページ

関連記事

親記事

週刊ヤングジャンプ しゅうかんやんぐじゃんぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2178904

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました