ピクシブ百科事典

スーパーマリオブラザーズ35

すーぱーまりおぶらざーずさんじゅうご

2020年10月1日から登場したマリオシリーズ。
目次[非表示]

概要

2020年10月1日から配信開始予定のマリオシリーズ2021年3月31日までの期間限定サービスでニンテンドーオンラインに加入者限定ソフトとして配信されていた。
2021年4月現在は終了している。

35人で競うバトルロイヤル形式のスーパーマリオブラザーズクリボーノコノコ等を倒すことでその敵を他プレイヤーの元へ送り込むことができ、最後まで生き残ったプレイヤーが勝利となる。に当たったり落ちたり等するか時間切れになると負けになる。しかし、敵を倒していると残り時間がアップする。

コインを消費することでアイテムルーレットを使うことができ、ルーレットで出たアイテム効果を受けることができる。動画内ではスーパーキノコファイアフラワースーパースターPOWブロックが確認できる。
攻撃する敵は『ランダム』『ピンチねらい』『コインねらい』『カウンター』から選ぶことができる。

ステージは1-1から8-4全てがランダムに選ばれるが、基本的には1-1からのスタートが多い。原作のスーパーマリオブラザーズのステージ構成や出現する敵の傾向を熟知していれば、ある程度作戦を立てやすい。

テトリス99同様にアリカが今作を担当している。

特徴

タイム関連

  • タイムは基本二桁で始まる為、必然的に敵を倒して残り時間を維持するか増やす必要がある。ファイアで倒すよりも踏める敵は踏んだ方が少し多い。連続で敵を踏むとより多くなる。最大400まで増やせる(スーパーマリオブラザーズと同じ)。
  • 一定時間プレイが続いていると残りタイム表示が赤くなり急加速し始める。
  • スーパーマリオの状態でキノコや、ファイアマリオの状態でキノコ・ファイアフラワーを取るとタイムに加算される。
  • ゴールポールはつかむ位置が高いほど加算されるタイムが大きくなる。城のオノや原作のワープゾーンの土管でのタイム加算は一律。


バトル・敵キャラ関連

  • 倒せる敵は全て相手に送れる。無敵状態で倒したバブルや、クッパさえもいきなり送り込まれる。送り込まれた敵は灰色で表示される。
  • ノコノコやパタパタ、メットなどは最初に踏んだ時のみ相手に送れる。その後はいくら踏んでも相手に送れずタイム等も加算されない。
  • ゴールポール前に敵がいると数を問わず全滅させて他のプレイヤーに送れる。城のオノも同様。
  • 土管で入れる地下や豆の木で行ける雲の上では敵は一切送られてこない。
  • コイン20枚を使用してお助けアイテムを使用することが可能。スーパーキノコ、ファイアフラワー、スターに加え、ステージ内の敵を一掃するPOWの4種類からランダムで決まる。
  • バトルロイヤル中のコインとは別にコインが蓄積され、スタート前のお助けアイテムで消費できる。
  • 上位三位まではコインボーナスが加算される。
  • 送れる敵の中で最も危険なのはジュゲム。ジュゲムは空中にいるため、複数送ると三段に高さを変えて登場するようになり、しかもそれらすべてがトゲゾーを投下する。ジュゲムが現れはじめた対戦では、終盤には十数匹以上のジュゲムとトゲゾーの編隊が襲い来るカオスな光景が広がっている事も。運良くスーパースター状態でも全滅させるのは難しく、せいぜいその場しのぎがやっとであり、コインによるお助けアイテムのPOWでも発動しないと恐怖の編隊を全滅させるのは困難。それでも一時しのぎに終わる事もある。他には入れる土管で地下に逃げてショートカットでやりすごす手段もあるが、出た先で編隊出現の危険の可能性も拭えない。ちなみにメイン画像の有様は誇張などではなく、本当にこんな地獄絵図が場合によっては終盤でちょくちょく発生するから困る。
  • パックンフラワーは土管ではなく地形に直に送り込まれる為、ファイアマリオではない場合は狭い足場に置かれたら本当にギリギリでかわさないといけない場面もある。「?ブロック」「レンガ」の上だと下から叩くと倒せる。
  • 開始ステージによっては脱落者が早々に出やすい事もしばしば。スーパーキノコやファイアフラワーが一切出てこない水中面からのスタートはルーレットでパワーアップできないとひたすら敵を避けていかないといけなくなる。また、プクプクが飛び交うステージも、バトルロイヤルだと下から飛んできて不意打ちを食らうこともしばしばで、結構厳しい。


  • イベントでは最初から「ファイアマリオ」「コインが〇〇枚ある」といった状態やコースが完全に固定されたりと様々。
  • テトリス99の「テト1」のように一位の名称は特に無い。

オリジナル版(ファミコン版など)との差異

  • マリオはファイアマリオでダメージを食らった場合、オリジナル版と違いスーパーマリオに戻る(ファイアマリオ→スーパーマリオ→チビマリオ)。
  • チビマリオでファイアフラワーを取ると、オリジナル版ではスーパーマリオになるが、こちらではそのままファイアマリオになる。
  • マリオ3からの作品のように、敵を踏んで大ジャンプができる。
  • スーパーマリオメーカーのように、ジャンプ台で敵が跳ねていることもある。
  • クッパに甲羅を当てると一撃で倒せる
  • 水中ステージ以外で出てきたゲッソーは、マリオ2の空中ゲッソーと同じく踏んでも倒せる。逆に水中ステージにいるクリボー・ノコノコ・メットなども踏める(マリオ2ではダメージになる)。
  • 蹴飛ばしたノコノコやメットでレンガブロックを壊せる(オリジナル版は壊れずに跳ね返る)。
  • ワープゾーンの土管の数はオリジナル版と同じだが、「●-1」のようにワールド・コースが指定され、そのコースの最初にワープする。ワープ先は2~4つ先に出る予定のコースが指定され、場合によっては「1-2」から「1-2」であったり、マリオ2のように「逆ワープ」の仕様があったりする。
  • マリオの挙動はオリジナル版と少し異なるらしい事が、一部ユーザーから指摘されている。
  • 「4-4」「7-4」の無限ループのコースはオリジナル版と同じだが、「~コレクション」のように間違ったルートを進むと不正解であることを示す音が鳴る。
  • ポールや斧を掴んだ後の得点加算など、ゴール後の演出は省略。
  • 1UPキノコはコイン20枚として加算される。


余談

  • 無限1UPはおそらく不可能であるし、「35」では意味の無いものであろう。
  • ある条件を満たすとマリオではなく「ルイージ」でプレイが可能。


  • 期間限定であり2021年3月31日までとあったが、実は日本時間では2021年4月1日までプレイできた。これは日付変更線による時差の関係であったとされる。


関連リンク

公式サイト

関連動画



関連タグ

マリオシリーズ スーパーマリオブラザーズ
テトリス99
パックマン99

関連記事

親記事

スーパーマリオブラザーズ すーぱーまりおぶらざーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーマリオブラザーズ35」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20632

コメント