ピクシブ百科事典

タイ米

たいまい

粒が長いインディカ種の米(インディカ米、長粒米とも)の事で、世界に流通しているお米の8割はこの品種。

概要

発祥はインドであるが日本ではタイ米と呼ばれている。実際に国際市場ではタイから輸出される米が圧倒的に多いが、インドシナインドネシアなどから輸出される米も増加している。

戦後は平成の米騒動タイから輸入されるまでインディカ種の米に触れる機会が無かったため、インディカ種=タイ米と呼ばれるようになったと思われる。

粘り気が無くパサパサとしており、日本米ジャポニカ米)と同じように炊飯器で炊きあげ単体で食べると全然おいしくない。古くは「南京米」と呼ばれ「不味い米」の代名詞と化していたが、平成米騒動の際、タイ米に適した調理法が知られず戦後の外米トラウマを再演させる結果となった。牛丼屋にはじまる外食チェーンではコスト上の問題から通常の白米と混合して提供したものの、固い米質は特に牛丼で行われる急いでかき込む食べ方をすると、のどに頻繁に引っ掛かり、非常に食べづらく、かつ不快なものであった。当時は『美味しんぼ』などでタイ米の美味しい食べ方が啓蒙されたが、結局日本人の間に「外米=まずい」という先入観だけを残し、タイ米に適した調理法は定着しなかった。

本来はゆでこぼしたり、味をつけた煮汁と一緒に煮込み、リゾットパエリアピラフのような炊き込みご飯のようにして食べられる。タイカレーのようなサラサラとした汁料理がよく合う他、炒飯にするのも良い。しかし、米のゆで汁が水質汚染の元凶となっているということから、インドや東南アジアでも近年は炊飯器で炊かれることが多くなっている(インディカ米用の炊飯器は、ジャポニカ米向けと加熱パターンを変えているが、ゆでこぼしたものに比べどうしても味は落ちるようである)。

関連記事

親記事

あいまいさかいひをさんしょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タイ米」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2292

コメント