ピクシブ百科事典

ダックとディーゼル機関車

だっくとでぃーぜるきかんしゃ

ダックとディーゼル機関車(Duck and the Diesel Engine)は、汽車のえほんの第13巻である。
目次[非表示]

データ

英語版題名Duck and the Diesel Engine
日本版旧題名ダックとディーゼル機関車
日本版新題名ダックとディーゼル機関車
イギリス版初発行1958年
日本版初発行1974年10月
原作者ウィルバート・オードリー
挿絵担当ジョン・ケニー

概要

ダックとディーゼル機関車は汽車のえほんの第13巻である。

本巻は、ノース・ウェスタン鉄道にやって来た2台の機関車とダックの周りで起きた出来事を収めた絵本である。

本巻には、シティ・オブ・トルーローディーゼルがゲスト出演する。

各話の簡単なあらすじと登場キャラクター


以降の項目はネタバレが含まれています。ネタバレが問題ない方のみご閲覧ください。




























ドームのない機関車

題名
英語版題名Domeless Engines
日本版旧題名こぶなし機関車
日本版新題名ドームのない機関車
登場キャラクター
主要キャラクターダック シティ・オブ・トルーロー ゴードン
サブキャラエドワード ダックの機関士 ゴードンの機関士
モブキャラジェームス 貨車 客車 ゴードンの助手 鉄道ファンクラブの人 お客


ある日、特別列車でシティ・オブ・トルーローと鉄道ファンクラブの人たちがやって来て、操車場は大賑わいです。シティ・オブ・トルーローダック同じグレート・ウェスタン鉄道出身で50年以上前の競争の話は盛り上がり、夜まで続きました。
翌朝、シティ・オブ・トルーローが帰るとゴードンシティ・オブ・トルーローの事を蒸気ドームが無いから信用できない、時速100マイル(時速160Km)は自分も出せるから大したことはないと悪く言いました。
その後、ダックエドワードに会いゴードンが言っていたことを話すとエドワードは焼餅を焼いただけだと言いました。すると、ゴードンが猛スピードで駆け抜けていきました。ゴードンシティ・オブ・トルーローに張り合うつもりで、車体を激しく揺らすほど速く走りましたが、途中でボイラーのてっぺんが緩んでいるのに気づき、速度を落とし始めます。しかし、陸橋に差し掛かると突風が吹いていて、ゴードンの蒸気ドームを吹き飛ばしてしまいました。駅に着くと、人々が蒸気ドームをなくしたゴードンを見に集まり、そのまま機関庫に帰ると誰かが蒸気ドームが無いから信用できないと言って揶揄われたりしたのです。

ディーゼル機関車のディーゼル

題名
英語版題名Pop Goes the Diesel
日本版旧題名ディーゼル機関車 ディーゼル
日本版新題名ディーゼル機関車のディーゼル
登場キャラクター
主要キャラクターダック ディーゼル
サブキャラ貨車 太っちょの局長
モブキャラエドワード ヘンリー ゴードン ジェームス 客車 作業員


シティ・オブ・トルーローが来たことで、ますますグレート・ウェスタン鉄道の自慢をするようになり、他の機関車はうんざりしていました。
そんな時、ディーゼルが試しに入ることになり機関車達は喜びました。しかし、ダックディーゼルは怪しいと思いました。ディーゼルダックに案内され操車場に行くと、ダックにディーゼル機関車は何でも知っていて操車場を改善する革命的な存在だと言いました。そこでダックは貨車を集めるように頼むと、ディーゼルは貨車を集め始め、ダックは客車を集めに行きました。。
ダックが戻って見てみると、ディーゼルは古くて長い間放置された空の貨車を無理に引っ張り出そうとして、貨車を壊して、ポイントに引っ掛けてしまいました。ディーゼルは、ダックが別の貨車を引いていこうとするので、何故教えなかったか聞くと、何でも知っていると言ったからと言われてしまいます。ダックが貨車を引いていくと、ディーゼルは嫌々ながら後片付けの手伝いをしました。貨車達や客車達は、大きな黒イタチが這い回ったと歌を歌い、笑いました。ディーゼルは機関庫に逃げて、不貞腐れました。

ディーゼルのわるだくみ

題名
英語版題名Dirty Work
日本版旧題名ディーゼルのたくらみ
日本版新題名ディーゼルのわるだくみ
登場キャラクター
主要キャラクターダック ディーゼル
サブキャラヘンリー ゴードン ジェームス 太っちょの局長
モブキャラ貨車


ダックが帰ってくると、歌を歌っている貨車を体当たりして怒り、貨車の行儀の悪さをディーゼルに謝りました。しかし、ディーゼルダックのせいで笑われたと怒り、ダックを追い払う手立てを考えます。
次の日、ディーゼルは、貨車達にダックゴードン達の悪口を言っていたと嘘を教えました。貨車達は、ダックに体当たりされた仕返しにこの事をゴードン達に告げ口したのです。ディーゼルの嘘を聞いたゴードン達は、嘘を信じて疲れたダックを機関庫に入れまいと通せんぼをしました。騒ぎを止めに来た太っちょの局長は、事情を聴いてダックを暫くエドワードの駅で働かせることにしました。ダックはしょんぼりと走り去り、ディーゼルは勝ち誇るようににやにやと笑うのでした。

ダック、とこやさんへいく

題名
英語版題名A Close Shave
日本版旧題名とこやへいったダック
日本版新題名ダック、とこやさんへいく
登場キャラクター
主要キャラクターダック
サブキャラエドワード 貨車 ダックの機関士・助手 床屋さん 太っちょの局長
モブキャラ貨物列車の車掌 客車 床屋さんのお客 作業員 ヘンリー ゴードン トーマス トビー


エドワードの駅に着いたダックエドワードに自分が嫌な奴だと思われていると話しました。エドワードダックがそんなことをしない事を知っていると笑って答えました。ダックは、エドワードの手伝いや他所の機関車が引く列車の後補機としてゴードンの丘越えの手伝いをしました。
そんなある日、ダックが丘越えを終わらせて坂を下っていると、貨車が追いかけてきました。ダックは追いつかれないように急いで逃げましたが、エドワードの駅の駅を過ぎた辺りで追いつかれ、ブレーキをかけ始めました。何とか止まれそうとなった時、前方の駅で旅客列車が出発するのが見えました。何とか速度を押さえましたが、それでも旅客列車の衝突は避けられそうにありません。諦めかけたその時、ポイントが変わり、列車にではなく操車場の隅の床屋の建物に衝突したのです。怒った床屋はダックの顔を泡で塗り付け、作業員や太っちょの局長に文句を言いました。太っちょの局長が事情を説明すると、床屋は理解してダックの顔の泡を洗い落としました。ダックが居なくなった後、ディーゼルは嘘をまた付いて追い出され、ダックが操車場に戻ってくることになりました。
修理が終わって帰ってくると、皆はダックを温かく出迎えたのでした。

本巻の映像作品

きかんしゃトーマス

きかんしゃトーマス第2シリーズの『ディーゼルがやってきた』『ディーゼルのわるだくみ』『とこやにいったダック』、第3シリーズの『ゴードンとゆうめいなきかんしゃ』の4話で4話分映像化された。

ディーゼルがやってきた

『ディーゼル機関車のディーゼル』の映像作品。
基本的に原作に忠実だが、以下の変更が加えられている。

  • 第2シリーズで『ドームのない機関車』が映像化されなかったためか、シティ・オブ・トルーローが来た下りがカットされた。
  • 原作ではポイントに貨車のブレーキが引っかかって動かなくなるが、こちらでは動かなくなった理由が詳しく語られていない。
  • 連結器を壊す下りがカットされた。
  • ディーゼルが機関庫で不貞腐れる下りがカットされた。

ディーゼルのわるだくみ

『ディーゼルのわるだくみ』の映像作品。
基本的に原作に忠実だが、以下の変更が加えられている。

  • ダックディーゼルに貨車の行儀の悪さをの件で謝るシーンがカットされた。
  • 貨車達が悪口をゴードン達に言った理由が、ダックが体当たりした仕返しに困らせるものから、ゴードン達が怒るからに変更された。
  • ゴードン達が言われた悪口が、ゴードンが『すっ飛びソーゼージ』から『走るソーゼージ』に、ジェームスが『赤錆の古鉄』から『錆びた鉄屑』に、ヘンリーが『おんぼろの四角足』から『コチコチの堅物野郎』に変更された。

とこやにいったダック

『ダック、とこやさんへいく』の映像作品。
基本的に原作に忠実だが、以下の変更が加えられている。

ゴードンとゆうめいなきかんしゃ

『ドームのない機関車』の映像作品。
基本的に原作をベースにしているが、以下の変更が加えられている。


動画





関連タグ

汽車のえほん ウィルバート・オードリー
汽車のえほんの刊行一覧

前作今作次回作
8だいの機関車ダックとディーゼル機関車小さなふるい機関車

関連記事

親記事

汽車のえほんの刊行一覧 きしゃのえほんのかんこういちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダックとディーゼル機関車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85

コメント