ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

英語版題名Duke the Lost Engine
日本版旧題名きえた機関車
日本版新題名きえた機関車
イギリス版初発行1970年
日本版初発行1981年2月
原作者ウィルバート・オードリー
挿絵担当ガンバー&ピーター・エドワーズ

概要

きえた機関車は汽車のえほんの第25巻である。


本巻は、ずっと昔に会ったミッド・ソドー鉄道の思い出とある出来事をキッカケに叶わないと思われた約束が現実となった出来事を収めた絵本である。


本巻には、デュークが初登場し、ゲストとして2号機関車が登場する。

各話の簡単なあらすじと登場キャラクター


以降の項目はネタバレが含まれています。ネタバレが問題ない方のみご閲覧ください。





























おじいちゃんポッポ

題名
英語版題名Granpuff
日本版旧題名おじいちゃんポッポ
日本版新題名おじいちゃんポッポ
登場キャラクター
主要キャラクターデューク ファルコン スチュアート
サブキャラ2号機関車
モブキャラスカーロイ デュークの機関士・助手

ずっと昔、小さな鉄道の小さな機関庫にこの鉄道で一番の古株でソドー公爵の公爵(英語読みはデューク)から名を取ったデュークと若い機関車のファルコンスチュアートが暮らしていました。デュークファルコンスチュアートを気に入っていて、きちんとした機関車にしようとしました。ファルコンスチュアートデュークが好きでしたが、二言目に来る「公爵」にはうんざりしていました。そんな時、2台はデュークを揶揄う歌を歌ったので、礼儀知らずな2台にデュークは怒り、アメリカから来た2号機関車が頻繁に脱線を繰り返した上に注意を聞かなかったため、車輪を外されてポンプのエンジンにされて今でも機関庫の後ろにいることを話すと2台は何日か行儀良くしました。

ファルコンスチュアートは役に立つ機関車になって、3台は何年も働きましたが、鉱山の閉鎖が相次いで鉄道も閉鎖されることになりました。機関車は売りに出されましたが、デュークは売れず、ファルコンスチュアートは再開を誓いましたが、誰もその誓いが叶うとは思っていませんでした。デュークは機関庫でソドー公爵に忘れられた事を不思議に思いつつ、長い眠りにつきました。

何年か経ち機関庫は山崩れによる土砂で埋まってしまって、デュークが機関庫に取り残されていることを覚えている人はいなくなってしまいました。

さて、ソドー公爵ファルコンスチュアートはどうなったのでしょうか?

ソドー公爵この前の戦争で戦死し、跡継ぎの公爵は当時は子供だったためデュークを知りませんでした(ちなみにスカーロイ鉄道開業100周年祭に来たソドー公爵は当時子供だった跡継ぎの公爵の方である)。

ファルコンスチュアートほっそり重役鉄道にやって来て、ファルコンサー・ハンデルスチュアートピーター・サムに改名し、塗装も変更されました。2台は1度もデュークを忘れたことは無く、顔を合わせればデュークの事を話していました。そのため、デュークがスカーロイ鉄道開業100周年祭にやって来ると知って大喜びしましたが、やって来たデュークはソドー公爵だったので2台はガッカリしました。


デュークとファルコン

題名
英語版題名Bulldog
日本版旧題名デュークとフォールコン
日本版新題名デュークとファルコン
登場キャラクター
主要キャラクターデューク サー・ハンデル(ファルコン) ピーター・サム
サブキャラスカーロイ ダンカン ミッド・ソドー鉄道の支配人 デュークの機関士・助手 ファルコンの機関士・助手 お客
モブキャラレニアス 2号機関車 客車 作業員の家の奥さん

話の舞台は、スカーロイ鉄道開業100周年祭の後のスカーロイ鉄道に移る。

デュークが来なかった事に不満だったピーター・サムは、本物のデュークは来なかったと何度も言いました。それを聞いたダンカンは本物(ソドー公爵)だったと抗議します。するとサー・ハンデルは、機関車の事だと言いますが、ダンカンダックデュークはスクラップされたと言っていたと言い、話が噛み合いません。そんな時スカーロイが2台の知っているデュークの話をして欲しいと言い、2台は話を始めました。


それはファルコンが山道の走り方を教えてもらう事に時の事です。ファルコンは山道の走り方を覚えるために、デュークと一緒に走ることになりますが、デュークをやかまし屋の時代遅れと思っていたファルコンは嫌な顔をしました。

翌朝、デュークは難しい路線だから先頭に立つと言いましたが、ファルコンは断ったため、ファルコンが先頭で出発しました。2台は上りで速度が落ちつつも順調に走っていましたが、カーブしたトンネルを抜けた時に事故が起きました。原因は分かりませんがファルコンが脱線して、片方の車輪が崖の淵に掛かっていました。デュークファルコンをしっかり掴み、機関士達はデュークの車輪に楔を打ったり、連結器の補強、ファルコンの前につっかえ棒をしました。しかし、今度はデュークの水が切れかかり、近くの作業員の家から水を入れることが出来るものを借りて、井戸水をリレーしてデュークに入れ、事なきを得ました。救援隊がやって来るとファルコンはテコで線路に戻されました。

頂上の駅に着くと、支配人は事故のお詫びと救助作業の協力のお礼をしました。お客は復旧作業とデュークが素晴らしかったと言いました。ファルコンデュークに生意気を言ったのに助けてくれたのかを聞くと、デュークは塗りたてのペンキが台無しになったら惜しいし、公爵にも申し訳ないからと答えました。


デュークとスチュアート

題名
英語版題名You Can't Win!
日本版旧題名デュークとスチュアート
日本版新題名デュークとスチュアート
登場キャラクター
主要キャラクターデューク スチュアート
サブキャラファルコン デュークの機関士・助手 お客 子供 子供のお父さん
モブキャラ客車 貨車 車掌

デュークは「ピクニック号」を具合が悪くても休まず担当し、ピクニックに来るお客が好きな所で止まって、お客を降ろしていました。

そんなある日、ピクニック号の帰りにデュークは具合が悪くなって休んでいると、スチュアートがやって来て、年寄扱いをした上に面倒を見るのは自分たちだと言ったため、デュークは怒って出ていきました。ピクニック帰りのお客を乗せたデュークはすぐ機嫌を直しましたが、上り坂で蒸気漏れが酷くなり、次の駅で止まると連絡を取ってスチュアートファルコンに応援に来てもらって、3台で出発しました。ファルコンが置いてきた旅客列車がいる駅に着くと、ファルコンデュークの列車を引いていき、スチュアートデュークファルコンの列車を引いていくことになりました。デュークの面倒を見なければと生意気な考えをしたスチュアートデューク達は揶揄う計画を立てました。計画は列車が最後の上り坂に差し掛かった時に行われ、デュークが力を振り絞って蒸気と煙を上げ、その時の音は大きく人々は何事かと見るほどでした。駅に着くと子供が機関車が2台繋がっている理由を聞いた来て、そのお父さんが故障したスチュアートデュークが助けたからと言ったため、怒ったスチュアートは蒸気を吹き出しました。するとデュークはまだ君には負けないと言いました。


ねむれる森の機関車

題名
英語版題名Sleeping Beauty
日本版旧題名ねむれる森の機関車
日本版新題名ねむれる森の機関車
登場キャラクター
主要キャラクターデューク ちんまり重役 ほっそり牧師 太っちょ牧師
サブキャラサー・ハンデル ピーター・サム レックス バート マイク ドナルド ソドー公爵
モブキャラヒューさん ほっそり重役 鉄道の持ち主 ダック オリバー スカーロイ レニアス トラック クレーン車 作業員

サー・ハンデルピーター・サムデュークの話は、機関車達・ヒューさんほっそり重役鉄道の持ち主ソドー公爵ちんまり重役 ほっそり牧師太っちょ牧師の順に伝わりました。

ある日、ちんまり重役 ほっそり牧師太っちょ牧師デュークを探すために調査を始めました。デュークが所属した鉄道の跡地の一部にはちんまり鉄道が敷かれています。3人は地図を開き、古い鉄道のとある駅にデュークが眠っているとにらみました。ほっそり牧師に会ったちんまり鉄道の機関車達はまた本を作るかを聞き、その題材が自分たちではなくてガッカリしましたが、牧師達に協力することを約束しました。3人はバートで出かけ、古い鉄道の駅に歩いていきますが、何の手掛かりも見つかりません。しかし、3人の諦めない探索は意外な形で実を結びました。それは太っちょ牧師が小山をよじ登った時、下に埋もれていたデュークの眠る機関庫の屋根に穴が開き、太っちょ牧師デュークに跨がっていたのです。最初は警戒したデュークでしたが、ファルコンスチュアートの事を話すと、2台が自分を覚えていた事を喜び、ソドー公爵が来てくださると知ると汚れていては申し訳ないので磨いてほしいと頼み3人は綺麗にして、ソドー公爵が来た時には見違えるようになっていました。

翌朝、作業員がやって来て太っちょ牧師の開けた穴からデュークを吊り上げると、トラックに乗せました。デュークはで道路で運ばれるのを嫌がりつつも渋々了承しました。しかし、大勢の人達に出迎えられると機嫌が直りました。ノース・ウェスタン鉄道の貨車に乗せ換えられたデュークは、皆の歓声の中、新しい家に向かいました。デュークと再会したサー・ハンデルピーター・サムは、昔のように揶揄い、デュークも昔のように口うるさく言ってみせますが、日の光を久しぶりに浴びたデュークの表情はとても嬉しそうな笑顔でした。

本巻の映像作品

きかんしゃトーマス

きかんしゃトーマス第4シリーズの『ガミガミじいさん』『ねむりひめをさがせ』『ブルドッグ』『かちめなし』の4話で4話分映像化された。

ガミガミじいさん

『おじいちゃんポッポ』の映像作品。

基本的に原作に忠実だが、以下の変更が加えられている。

ねむりひめをさがせ

『ねむれる森の機関車』の映像作品。

基本的に原作に忠実だが、以下の変更が加えられている。

ブルドッグ

『デュークとファルコン』の映像作品。

基本的に原作に忠実だが、以下の変更が加えられている。

  • 原作の冒頭は、スカーロイ鉄道開業100周年祭デュークが来なかった事で揉める下りから始まるが、こちらでは塗装を塗り替えたばかりのパーシーが皆に見てもらいたくてウズウズする下りから始まる。
  • デュークの昔話をしたのは、原作ではサー・ハンデルピーター・サムだが、こちらではトーマスになっている。
  • 事故が起きた原因が、原作では誰にも分からないと語られるが、こちらでは省略された。
  • 事故の状況が、原作では片方の車輪が崖の淵に掛かっていると語られるが、こちらでは崖っぷちからぶら下がっているものに変更された。
  • 事故の状況の変化で、事故処理の方法にファルコンの前につっかえ棒をしたが、こちらでは確認できない。
  • デュークが大きな音を立てて、助手が機関室に戻る下りが無くなった。
  • 水を汲むシーンの助手とお客の発言がカットされた。
  • ファルコンの救助方法が、原作ではやって来た救援隊のてこによるものだったが、こちらではデュークがファルコンを線路の上に引っ張り上げた。

かちめなし

『デュークとスチュアート』の映像作品。

基本的に原作に忠実だが、以下の変更が加えられている。


動画

関連タグ

汽車のえほん ウィルバート・オードリー

汽車のえほんの刊行一覧


前作今作次回作
機関車オリバーきえた機関車わんぱく機関車

関連記事

親記事

汽車のえほんの刊行一覧 きしゃのえほんのかんこういちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 614

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました