2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

英語版題名Enterprising Engines
日本版旧題名機関車のぼうけん
日本版新題名機関車のぼうけん
イギリス版初発行1968年
日本版初発行1980年11月
原作者ウィルバート・オードリー
挿絵担当ガンバー&ピーター・エドワーズ

概要

機関車のぼうけんは汽車のえほんの第23巻である。

本巻は、イギリス国鉄の無煙化された時期のノース・ウェスタン鉄道に起きたトラブルやハプニングを収めた絵本である。

本巻には、新キャラとしてくま(ベアー)オリバーイザベルダルシーアリスミラベルトードが登場し、ゲストとしてフライング・スコッツマンD199が登場した。

各話の簡単なあらすじと登場キャラクター


以降の項目はネタバレが含まれています。ネタバレが問題ない方のみご閲覧ください。




























ヘンリーと炭水車

題名
英語版題名Tenders for Henry
日本版旧題名ヘンリーと炭水車
日本版新題名ヘンリーと炭水車
登場キャラクター
主要キャラクターゴードン ヘンリー フライング・スコッツマン
サブキャラジェームス ダック 太っちょの局長 ドナルド ゴードンの機関士
モブキャラダグラス 客車 貨車


ある日のゴードンは落ち込んでいて気分が悪いと言っていましたが、他の機関車達は悪い水を飲んだせいでボイラーにヘドロがたまって腹痛を起こしたんだと揶揄いました。しかし、ゴードンの機嫌が悪かったのは、嫌な世の中になった事で憂鬱になっていたのでした。太っちょの局長に出会ったゴードンは、ディーゼル機関車達が蒸気機関車をお払い箱にしたと言う話は本当かと尋ねました。太っちょの局長はその話が事実である事とゴードンの昔の仲間が1台を除いて同じ目にあった事を教えると、ゴードンは悲しそうに列車を引いていきました。ゴードンを可哀そうに思った太っちょの局長は、あることを思いつきました。
ある晩、ゴードンの弟のフライング・スコッツマンがやって来ました。彼を見たゴードンは大喜びしました。
翌日、ゴードンフライング・スコッツマンが並んで写真を撮ってもらっている時、ゴードンフライング・スコッツマンに炭水車が2台あるのは特別だからかと聞きました。フライング・スコッツマンは、イングランドでは石炭も水もほとんど使わないから2つ炭水車が付いている事と、ゴードン太っちょの局長の下で働ける運の良い機関車だと教えました。
フライング・スコッツマンは他の機関車と仲良くなりましたが、ヘンリーは炭水車が2台繋いでいる事に焼餅を焼いていました。そこでダックドナルドは耳打ちして、ヘンリーに悪戯をすることにしました。ダックはに6台の炭水車をあげる話をすると、初めは冗談だと思っていたヘンリーでしたが、自分の値打ちを見せようと貰うことにしました。話を聞いた機関車達が待っていると、ヘンリーがやって来ますが、彼が引く6台の炭水車は古ぼけた汚い物でした。それを見た誰かは、ヘンリーにヘドロを洗い出したからスッキリしたろうと揶揄ったのでした。

ヘンリーの大かつやく

題名
英語版題名Super Rescue
日本版旧題名ヘンリーの大かつやく
日本版新題名ヘンリーの大かつやく
登場キャラクター
主要キャラクターヘンリー D7101 D199
サブキャラダック ドナルド フライング・スコッツマン 太っちょの局長 ヘンリーの機関士 信号係
モブキャラジェームス 貨車 客車 ヘンリーの助手 お客 車掌


ノース・ウェスタン鉄道D7101D199というディーゼル機関車がやって来ました。D199は、ノース・ウェスタン鉄道の蒸気機関車時代も長くないと言ったため、ダックは言い返しましたが、D199は気にしませんでした。
次の日、加減弁が壊れたヘンリーが機関庫に帰っている最中、石油輸送列車を引くD199に出会います。ヘンリーは馬鹿にされると思っていましたが、D199は故障して動けなくなっていたのです。信号係がD199の事を肉の缶詰(スパム缶)と揶揄して、ヘンリーに後続の特急列車の邪魔にならない所へ移動させるように言いました。ヘンリーD199と石油輸送列車を邪魔にならない場所まで移動させると、D7101が引く特急列車が走り抜けましたが、D7101の排出機も故障してしまい、ブレーキが勝手に掛かって止まってしまいました。D7101ヘンリーが助けることになりましたが、列車にブレーキが掛からないようにすれば、D7101は走行可能で、重しになるのはD199だけで済むことが判明します。D7101ヘンリーは協力してD199・客車・貨車を駅まで引っ張りました。駅に着くとお客は怒って飛び出しましたが、事情を知るとヘンリーに感謝しました。特急列車はD7101に代わり、フライング・スコッツマンが引く事になってお客は興奮しました。石油輸送列車はドナルドが引き受けることになりました。太っちょの局長は多大な迷惑をかけたD199をイングランドの鉄道に送り返すことを命令しました。
ヘンリーと一緒に帰ることになったD7101は、排出機の故障で迷惑を掛けてしまった事を謝りましたが、ヘンリーは排出機の故障はよくあることだし、自分も加減弁が壊れていたことを教えると、D7101は感心して黙ってしまいました。

大脱走

題名
英語版題名Escape
日本版旧題名大だっそう
日本版新題名大脱走
登場キャラクター
主要キャラクターダグラス オリバー イザベル トード
サブキャラダグラスの機関士・助手 オリバーの機関士・助手 作業長 夜勤の作業長
モブキャラ貨車 通りかかったディーゼル機関車 クラス08 D5701


イングランドの駅まで夜行の貨物列車を引いてきたダグラスは、帰り支度をしていると悲しそうな蒸気の音を聞き、声をかけてみました。すると太っちょの局長の機関車かと聞かれたので、ダグラスは誇らしく肯定すると相手は安心しました。ダグラスと会話した機関車はオリバーと言う名のタンク式蒸気機関車で客車のイザベルとブレーキ車のトードと一緒にノース・ウェスタン鉄道に逃げて来たのですが、石炭が切れてしまったのでした。スクラップにされそうになっているオリバー達をダグラス達は助けることにしました。オリバーのピストン棒を外したり、輸送中の札やSCRAP(スクラップ)とチョークで書いたりすると、ダグラスは連結して後ろ向きに出発しました。ディーゼル機関車に逃げ出したと叫ばれ、挙句の果てには作業長に止められてしまいました。作業長は、オリバー達を見て連れてっていけないと言いますが、ダグラスの車掌が様々な書類を見せる事で怪しまれつつも通してもらうことに成功しました。オリバーダグラスに、親切な信号係が逃がそうとしてくれたけど管制室に噂が流れて捕まえにかかり、信号係が使われていない支線に隠してくれて、機関士達が入り口をガラクタで隠したことを語りました。
ノース・ウェスタン鉄道に着いたことをダグラスオリバー達に伝えると、嬉しそうなベルの音が鳴ったのでダグラスは驚きました。音の正体はイザベルのベルで、イザベルを押して走るときに何かがあると鳴らすのだとオリバーは教えました。ダグラストードの事を聞こうとすると、工場が近いから静かにして隠れ場所を見つけようと言いました。しかし夜勤の工場長に聞こえてしまい、事の顛末を話すと人目に付かない待避線を教えてくれました。ダグラスオリバーと別れると、ドナルドのお陰で救われた自分と比較して、オリバーは勇敢な機関車だと思いました。

小西部鉄道

題名
英語版題名Little Western
日本版旧題名小西部鉄道
日本版新題名小西部鉄道
登場キャラクター
主要キャラクターダグラス 太っちょの局長
サブキャラドナルド ジェームス ゴードン ダック オリバー くま フライング・スコッツマン イザベル ダルシー アリス ミラベル トード フライング・スコッツマンの持ち主
モブキャラ客車


ダグラスが機関庫に戻ると丁度フライング・スコッツマンが帰るところでした。太っちょの局長フライング・スコッツマンフライング・スコッツマンの持ち主にお礼・ノース・ウェスタン鉄道はいつまでも蒸気機関車を走らせ続ける事・蒸気機関車が好きな人を大歓迎する事を伝え、皆は大歓声をあげました。こうしてフライング・スコッツマンは皆に見送られながら帰っていきました。
その後、ダグラスは他の機関車達にオリバー達の事を話し、機関車達はオリバー達を助けようと決めました。機関車達が話し合っていると、太っちょの局長がやって来ました。ダックがもう1台機関車が必要なことを言うと、太っちょの局長は肯定しD7101にもう1度やらせてみることを言いました。機関車達は慌てて蒸気機関車が欲しいことを言うと、太っちょの局長に今は滅多に手に入らない事を言われ、ダグラス逃げて来た機関車の事を話そうとすると、太っちょの局長は知っていました。それもその筈。オリバーの機関士達が太っちょの局長ダグラスの活躍をすっかり話していたのでした。太っちょの局長ダグラスを褒め、オリバー達がノース・ウェスタン鉄道で働けることを言うと、機関車達は大歓声をあげました。

事はすべて上手く収まりました。
D7101ヘンリーが褒めたことで皆の仲間になりました。D7101が出すディーゼル機関車特有の唸り声に皆は熊のようだと揶揄いましたが、これがキッカケで「くま(本来は読み方そのままのベアーが正しいが、日本語版では直訳となっている)」と言うあだ名が付き、D7101も気に入っています。
トードダグラスのブレーキ車に名乗りを上げ、ダグラスは喜びました。
オリバー再開したダックの支線を走ることになりました。
イザベルオリバーの客車になりました。
太っちょの局長は3両のグレート・ウェスタン鉄道の客車も助け、その内アリスミラベルダックの、ダルシーオリバーの客車になりました。
ダックオリバーが働く支線を皆は「小西部鉄道(リトル・ウェスタン鉄道)」と読んで笑っていましたが、この呼び方をダックオリバーも気に入って、誰も他の呼び方をしようと思わなくなりました。

本巻の映像作品

きかんしゃトーマス

きかんしゃトーマス第3シリーズの『たんすいしゃがほしい』『オリバーのだっしゅつ』の2話で3話分映像化された。ただし、映像化されたすべての話が、かなり改変が行われている。
2020年1月現在「ヘンリーの大かつやく」は映像化されていない。  

たんすいしゃがほしい

『ヘンリーと炭水車』の映像作品。
大まかな話の流れは原作に忠実だが、予算や権利関係の都合上フライング・スコッツマンが出演できない制約などがあり、その周辺では大きく変更が加えられている。

オリバーのだっしゅつ

『大脱走』『小西部鉄道』の映像作品。
基本的に原作に忠実だが、以下の変更が加えられている。


動画





関連タグ

汽車のえほん ウィルバート・オードリー
汽車のえほんの刊行一覧

前作今作次回作
小さな機関車たち機関車のぼうけん機関車オリバー

関連記事

親記事

汽車のえほんの刊行一覧 きしゃのえほんのかんこういちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1026

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました