ピクシブ百科事典

テウチ

てうち

漫画・アニメ『NARUTO』の登場人物。

もしかして:テウチライブ

概要

声:朝倉栄介

木ノ葉隠れの里の住人で、アヤメと共にラーメン屋一楽」を営んでいる。47歳。
うずまきナルトをはじめとした木ノ葉の里の忍者たちは常連であり、任務の帰りに彼のラーメンを食べる事も多い。
里に住む他の大人達とは違い、かつて九尾人柱力故に里の人々から忌み嫌われていたナルトにも気さくに接し、快くラーメンを振る舞ってあげていた。ナルトへの迫害の事でファンからのイメージが悪く、改心した後も「卑遁:手のひら返しの術」と揶揄される事が多く、ファンの一部から白眼視されている里の人々の中でうみのイルカと並んで木ノ葉の良心的な存在でもある。
また、はたけカカシの素顔を見た事がある数少ない人物でもある。映画「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」ではとある出来事で機嫌が悪くなっていたナルトに理不尽に八つ当たりされても怒ったりしないなど心の広い人物でもある。

その長い付き合いからナルトと日向ヒナタの結婚式にも招待されており、小説「木ノ葉秘伝」では悩んだ末に彼なりの結婚祝いを渡している。

アニメでは激太りした娘のためにダイエット向けの低カロリーラーメンを開発したり、修行先でつけ麺の良さに目覚めた娘によって店をつけ麺専門店にされてしまった事がある。
また、お笑い芸人レギュラーをモデルにした従業員が働いていた事もある(アニメでは上述のつけ麺のエピソードに差し替えられている)。
またアニメ59話の中忍試験本選前日に食べにきたナルトに激励の意を込めて、盛りだくさんの具をトッピングしたラーメンを振舞ったこともある

アニメ版『ロック・リーの青春フルパワー忍伝』では親馬鹿の一面が強調されていた。

そしてアニメ第34ED「虹の空」(歌:FLOW)にてなんと彼をメインに据えられた映像が作られた。より具体的に説明すると、一楽のカウンターから彼が見てきたナルトの姿、そしてそれと比較するように過去の世代の情景が重なり合い、木ノ葉隠れの時代の移り変わりを表現している。その中には第二部時点(交際前)のナルトとヒナタが食事をする様子(アニナル設定を忠実に再現し、ヒナタが10杯以上のラーメンを苦もなく平らげ、ナルトはその半分で限界を迎え吐き気を催している)があり、それに重なるように波風ミナトうずまきクシナ夫妻が食事をしていてクシナが吐き気を催し、その後妊娠が発覚するという描写がある。またこのEDには現在は既に故人となっているキャラ達(リン、自来也、前述のミナトとクシナ夫婦など)も多数登場しているのも特徴である。

離婚死別したかどうかは不明。

なお、「一楽」のモデルとなったのは、原作者の岸本斉史が学生時代に通っていた同名のラーメン屋である。

関連タグ

NARUTO
うずまきナルト うみのイルカ

pixivに投稿された作品 pixivで「テウチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49926

コメント