ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

こげ茶色の毛並みをしたモルカー

他のモルカーと比べるとややくせ毛気味の体毛をしているのも特徴。性別はメス。誕生日は10月27日。

好奇心旺盛な性格で、何をしでかすかわからないため他のモルカーたちからも恐れられているという。

このためなのか、基本的に憶病とされるモルカーの中では比較的肝が据わった性格であると思われる描写も多い。

いわば本作におけるトラブルメーカー枠だが、シロモからは姉御のように慕われている(公式サイトのシロモのプロフィールより)。ファンからの愛称はテディネキテディ姐さんテディの姉御テディちゃんなど。


キャラ付け的に扱いやすいからか、主役に位置づけられた回が妙に多い

特に第1期のメインモルカーの中で、DS編で単独主役回を貰っているのはテディだけである。


ドライバーは水色の半袖の上着とモルカーの赤いワンポイトが付いた白い長袖を着ている男性(下の画像左側)。第4話での行動から「ポイすてドライバー」と呼ばれる。

飼い主ズ

演じているのは東北新社に所属するデザイナー・プランナーの高橋博海氏である。


主な活躍編集

初主役回の第4話では、ドライバーがポイ捨てしたゴミを食べ物だと思ったのか、次々に食べていく。運転手がポイ捨てしたゴミだけでなく、不法投棄されていたゴミまで食べてしまい、お腹を壊してしまう。急いでモルカー専用トイレへ行き、食べたゴミと共に車内にいた運転手も排出した


第5話ではレース中に黄色い稲妻のような模様があるニンジン(ブーストにんじん)を食べ、スピードアップするものの、カーブで曲がり切れずにコースアウトして壁に衝突し、涙を浮かべていた。その間にチョコ、シロモ、ポテトに追い抜かれている。


テディのガトリング砲が大活躍💥

第6話ではトゲ付きプレートとガトリング砲で武装した、あまりにも世紀末な姿で登場。

人間が変貌したゾンビを砲撃しながら追い立てた。モルカーは基本的に自分から人間に攻撃するような性格ではない為、結構異質な光景である(自分の身を守るためと考えれば仕方ない面もあるが)。


第8話では悪人に捕まったトレジャーモルカー(黄金)を助けるため、チョコと共に救出ミッションに赴く(なお、右目にはスカウターのような通信端末を装備している。これはチョコも同様)。

悪人達はあっさりと逃げ出してしまったが、ここで彼らの秘密兵器であるメカシャークが起動。

テディたちを回収に来たヘリコプターが破壊光線撃墜され、テディたち自身も追い詰められて食われてしまいそうになるが、最後の切り札として温存していた特製爆弾を使ってメカシャークを破壊し、無事にミッションを成功させたのであった。


第9話では調子に乗ってブレイクダンスを決めたところ他のモルカーに衝突して転がり、自分も含めて何台ものモルカーを雪だるまにしてしまう。

第12話でもダンスの勢い余って他のモルカーに衝突し、結果的におねえさん(ポテトのドライバー)を吹っ飛ばしている。


DS編編集

第1話では突如として飛来したロケットを身を挺して受け止めるが、それによってビル群倒壊の一因を作ってしまい、ポテトたち共々ドライビングスクール送りとなってしまった。


第3話では鬼教官が出した給食に他のモルカーたちが怯える中、テディは新人のペーターと同様に平気で食べている。


第5話ではワーキングモルカーが大集合する場面で、ポテトやペーターと共にどこかで見たような光景の如く野菜を狙おうとした。

さらにポストモルカーがお尻から出た糞状の手紙を元に戻すのを見習うべく、テディも奮闘するも、ある2人の人間がカップルとして成立しそうになったラストでは、よりにもよってメカシャークに使ったものと同じ特製爆弾を出すと言うオチを掻っ攫った。


第7話では海底トンネルでの教習中、ゴミを食べてしまったサメのジョージを助けるため、自らジョージの体内に入り込むが…


余談編集

名前の由来は、モルモット品種の1つである“テディモルモット”から。

縮れた毛並みが特徴であり、テディの体毛が他のモルカーと比べると少しくせ毛気味なのはそれを反映してのものと思われる。


メスであるが、第4話の排泄物はオスのものと同じ形をしていた。

なお、DS第5話では同じメスのチョコと同様にメスのものの形をしていたため、ミスだった可能性がある。


第6話で装備しているガトリング砲は、こちらの商品を使用していると思われる。


MSG.モデリングサポートグッズ ウェポンユニット20 ガトリングガン


そしてヘキサギア公式アカウントが、さっそく模型で再現をしている


なお、初期案では、車輪にチェーンがまかれていたり、ドアに格子がはめられている等もっと物々しい風貌で描かれており、6話で武装した姿はあれでも大分マイルドなアレンジが施されていたようだ(パペットではそこまで細かい部分まで表現できなかったという事情もあったものと思われるが)。


モルカーとしては珍しい勇猛果敢さに加え、第6話や第8話での描写を見る限り、銃器を始めとする武装の扱いを心得ており、戦闘慣れもしているようであることから、一部では「テディは元々軍用のモルカーだったのではないか」とする考察がある。

また、「第4話でのゴミを食した行動は、戦地で自らが活動している痕跡を残さない(敵に察知されない)ために染み付いた癖。もしくは戦地で食料が乏しかったころの癖ではないか」いう考察もある。


2021年2月3日に公式Twitterにて「ぶるぶるず ぬいぐるみマスコット Vol.1」の商品化の告知が行われ、テディもそのラインナップとして選ばれた。

しかし、原作再現とはいえテディの付属品がゴミであったのでリプ欄でも「流石にかわいそうなのではないか」という声が多く寄せられたが、なんと、2日後の2月5日には新たな付属品としてブーストにんじんがつくという公式対応のあまりの早さに、ファンの間でも「神対応」として話題になった。


関連タグ編集

PUIPUIモルカー モルカー モルモット

ポイすてドライバー ⇒ テディの飼い主


外部リンク編集

テディ - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

モルカー もるかー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4094404

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました