ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

モルモット車(カー)を組み合わせた造語。英字では" Molcar "と表記される。アクセントは“パトカー”と同じ
その名の通り、モルモットと乗用車を組み合わせたような姿をしている。
公式サイトインタビューによると、モルカーのSEには見里監督が家で飼育しているモルモットの鳴き声が使われており、タイトルの「PUI PUI」もそこに由来しているという。

生態

形態

体高は作中世界の人間と同程度。シルエットは一様に丸っこい。
体の柄は様々であり、一般的なモルモットのような色をしているものもあれば、紫色などモルモットからはかけ離れた色をしたものもいる。
痛モルカータイムモルカーなどもおり、モルカーの改造にも多様性が確認できる。
警察救急用のものは専用の装飾を施されており、頭の上に回転灯を有している。
ただしモルカー自身にも希望するイメージなどはある模様。

目は基本的に黒色。緊急モルカーをはじめとしたごく一部の個体の目は赤色。目の色にかかわらず白目や瞳孔は確認できない。
車でいうサイドミラーにあたる部位には丸っこい耳介があり、感情表現にも使われる。
足はタイヤのような形をしているが回転はせず、四足歩行で移動する。植物の蔓を掴んでぶら下がったり、スプレーを噴射したり、器用に動かすことが可能。

体内に人間が乗り込めるスペースがあり、座席ハンドルシートベルトなどは備えているが、中央に運転席そしてその両隣に助手席という一般的な乗用車のそれとはかけ離れた座席配列をしているのが特徴。また、アクセルブレーキクラッチペダルなどの自動車の操縦に必要な部分は見当たらず、人間がどうやってモルカーを操縦しているのかは不明。
体の前後左右に窓が付いており、座席からの視界は一般的な乗用車程度には確保できる模様。
ドアにあたる部位は見当たらず、搭乗員は側面から滑るように出入りする。
ボディは非常に強靭であり、ロケットの爆発で吹き飛ばされても直後に走行を再開できるほどである。
目をつぶることで自身の体内の様子を確認できる。
発汗はするが冷房機能は付いていないようで、第3話ではアビーが自身の車内で熱中症になりかけている猫を見て、日陰に入って内部を冷やそうとしていた。
第8話ではテディが体内で爆弾を組み上げていると思しき描写がある。

性格

基本的に温和で善良。利他的な行動をとったり、別の個体と力を合わせる様子もあり、一定の社会性を持ち合わせている様子。積極的に他者に危害を加えるような性質は見られないが、目的のために生ずる副次的な被害に無頓着なところがあり、猫一匹のためにレストランを破壊した事例もある。
苦しんでいる生物を見ると心配したり涙を流したりするなど、実際のモルモット以上に感情が豊富である。何かに驚いたりすると運転手でさえ置き去りにされることもある。

モルカー



猫が苦手であり(「週刊女性PRIME」内インタビュー記事より)、劇中では声が聞こえただけでオロオロし、見ただけでパニックになっていた(一方で、猫が熱中症に陥る危険があることを察知すると救い出そうともしていた)。

知能

知能は高い。熱中症を予見できたり、洗車機(モルカー用)の使い方を理解していたり、機転も利く。
さらにスマホが使え、LINEのようなメッセンジャーアプリでスタンプを駆使して他のモルカーとコミュニケーションを取るといった芸当も可能。

性別

雌雄の判別法は不明。月刊アニメージュ内記事によると、ポテトシロモ・アビーは雄、チョコとテディは雌らしい。

食性

基本的に草食で野菜を餌にしている。
運転手にレタスを与えられてシロモが喜ぶ様子をみせたり、強盗を追跡中のパトモルカーが追跡を放り出してにんじんを追いかけたりした様子から、食欲には従順であることがうかがえる。
一度に食べ過ぎたりすると、食べたものが乗車スペースに流れ込み、お腹を壊してしまう。

「ターボにんじん」という特殊なにんじんを食することで加速することも可能。第5話ではターボにんじんで加速したテディが勢い余ってコースの壁に激突してしまった。

排泄

荷台に積載されたものを一定の大きさの塊として後脚の間から排出する、排泄ともとれる描写がある。これを利用して、銀行強盗に脅迫され逃走手段として利用されたシロモが、紙幣を排出して道しるべのように残し、強盗逮捕に貢献したこともある(第2話)。
テディは車内に充満したゴミと一緒にドライバーを排出してしまった(第4話)。

異常

ゾンビからの噛み付きを介して伝染・発症するゾンビ化現象が存在する(第6話)。

ハッピーゾンビライフ


ゾンビ化すると、作中に登場した人型のゾンビと同様、体が緑がかった色へと変わり、目も白濁し、鳴き声や駆動音(?)も通常の個体と比べて低くなる。また、食性が肉食に変わる。
ゾンビ状態の詳細は不明だが、している描写から、何らかの病原体による感染症の可能性がある。円盤特典のシロモのモルカー免許証によると、一か月程度で治るらしい。

祖先

作中の書籍によるとモルカーの先祖は原始時代に生息していた巨大なモルモットであるとのこと(第11話)。かれらが長い年月を経て進化したものがモルカーらしいのだが、その過程はまるで謎であり、歴史書にはモルモットがいきなりモルカー化したように記されている。

劇中の図鑑より抜粋
おおむかし、マンモスと同じくらいの大きいモルモットが生息していたと言われている。とても穏やかな性格を持ち、人間たちに癒しを与えていた。背中に乗せて遠くに連れて行ったりもしてくれて、この頃から乗り物としても役に立っていた。

人とのかかわり

『PUI PUI モルカー』には普通の自動車は登場しておらず、主にモルカーが人間の移動手段として利用される。人間の運転に従うが、自らの判断で行動することも珍しくない。
公式サイトなどではモルカーに乗る人物は「運転手」あるいは「ドライバー」と呼ばれているが、視聴者からは「飼い主」と呼ばれることもある。

街中にモルカー用のトイレが人間用トイレの横に併設されていたり、モルカー用の自動洗車機が存在したりと、作中ではモルカーが重要な生活インフラとして機能している。
「モルレタス」という企業の看板(第3話)や「モルカーのトラブル 即解決」という看板(第5話)が掲げられており、モルカー用品やサービスに対する一定の需要が存在することが窺える。

救急に従事する救急モルカー警察に従事するパトモルカー、タクシーとして働くモルカー、郵便車として働くモルカー、ゴミ収集を行うモルカーもいる。
人類社会に反逆することなく、人間の為に健気に働く彼らは立派という他ない。

関連タグ

PUIPUIモルカー モルモット 見里朝希
架空動物 自動車

関連リンク

公式サイト

関連記事

親記事

PUIPUIモルカー ぷいぷいもるかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「モルカー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「モルカー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18206370

コメント