ピクシブ百科事典

トライエイジガンダム

あらたなきゅうせいしゅ

トライエイジガンダムとは、データカードダス『ガンダムトライエイジ』オリジナルのモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

2020年2月3日、公式Twitterにて『新情報公開予定』と予告した後午後6時頃に逆襲のシャアの特報をパロディした動画が投稿され情報が解禁。
公式サイトでは設定画とCGモデルも公開された。DELTA WARS 6弾にてビルドMSとPレアカードで参戦を果たした。

装備

トライドッズライフル

ロングバレルタイプのドッズライフル。
右腰に懸架可能。

トライホルダーフレーム

トライエイジガンダムの背面に装備されているフレーム。
必殺技ではカードを装填しドッズライフル、ハイパードッズライフル、シグマシスライフルを召喚した。
通常は畳まれた状態でマントが伸びている。

トライスラッシュブレイド

トライホルダーフレームが変形してビーム刃を持つ大剣になる。
必殺技では、とどめにAGE-1ソーディア同様に投げる

トライアームソード

腕部に装備されているAGE-3ノーマルと同様の仕様のビームサーベル。

TRYファンネル

両肩に装備されたAGE-2ノーマルのブレードウィング型のファンネル。AGE-2のものよりは短い。
肩の装甲ごと切り離し「トライバード」として射出する。

設定

外見はガンダムAGE-1をベースにAGE-2AGE-3(フォートレスおよびオービタルの意匠も含む)の腕部、脚部をミキシングしたものとなっている。
また両肩にAの意匠が追加されている。

当機はアスノ家3代に渡って引き継がれてきたAGEシステムの戦闘データを元に、
ブルーシアのガンダム博物館に保管されているガンダムAGE-1を大改造した機体である。
ガンダム博物館に保管されていたAGE-1は(AGEシステムが搭載されていたためか)黄色目のフラットではなく緑目のノーマルであったが、トライエイジガンダムはフラットやダークハウンドなどと同じく、センサー群が黄色発光となっている(胸の「A」の部分はAGEシステムを外した機体では塞がれていることがほとんどであったため、黄色発光のAマークという地味に珍しいものとなっている)。

「カードで戦う」という宣伝文句の通り、専用カードで各ガンダムの武装・性能を召喚できる「トライエイジシステム」を新たに搭載し、多彩な戦術が可能となっている。
かつて発売されたAGEのゲーム作品のようにAG世界以外のガンダムのデータも刻を越えて使用できるとのこと。

なお逆襲のシャアの特報をパロディしたためか、
PVではAGE系ガンダムでは非常に珍しく頭部バルカンを使用している。
(AGE系のガンダムで頭部バルカンを使用しているのはガンダムレギルスくらい)

パイロットは不明。公式がアップしたゲーム画像では連邦軍一般兵(UC0079)が代わりに使用されていた。
アスノ家を使っても専用機補正は付かない。ついでにベース機のパイロットは故人。

派生機体

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場する本機の別カラー機体。
ビルドダイバーズの世界線ではトライエイジガンダムは存在しないと考えられる。
詳細は該当記事を参照

  • トライエイジガンダム ブーステッド
トライエイジ稼働9周年企画として開催された一般公募企画『ガンプラカラーリングコンテスト』のトライエイジガンダム部門最優秀賞作品
黒・黄・オレンジを基本としたカラーリングで構成されている。
ゲーム内ではチャレンジモードにてウイングガンダム部門の最優秀賞作品と共に僚機を成し敵機として登場する。

立体物(ガンプラ)

ガンダムTRYAGEマグナムは、2020年7月23日にHGBD:Rブランドで、
AGE-1の金型を一部流用し一般発売される。
※余剰パーツが出るが、シールの色やパーツ不足のために本家AGE-1は作れない。

本来のカラーリングでの発売は、
プレミアムバンダイにてエフェクトパーツ・限定トライエイジカード(ゲーム内でトライエイジガンダムが使用しているデザイン)とセットで販売を開始。2021年5月発送予定。
ゴールドメッキ仕様もキャンペーン賞品として生産されている。

関連タグ

ガンダムトライエイジ
ガンダムAGE-1

騎士ユニコーンガンダム カードで過去の英雄やアイテムを呼び出すSDガンダム。

関連記事

親記事

ガンダムトライエイジ がんだむとらいえいじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トライエイジガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5617

コメント