ピクシブ百科事典

ドラゴンカーセックス

どらごんかーせっくす

ドラゴンと自動車が性行為に及んでいるジャンル及びそのようなイラストに付けられるタグ。
目次[非表示]

概要

「カーセックス」と書いた場合、人間の男女が車の中で行為を行うことを指すが、ドラゴンが車の中で……ではなく、車と性行為に及ぶこと。

ドラゴンカーセックスは表現規制に厳しいとささやかれる海外のジャンルであり、欧米で一部の特殊嗜好ジャンルとして密かに流行っていたものである。実際に人間が愛車と(疑似的な)性行為に及ぶことや、ドラゴンと人間・ドラゴン同士のセックスイラストも多数存在する。ドラゴンと車以外には城やビルなどの建物と性行為に及んでいる「カーセックス」ならぬ「キャッスルセックス」も存在するとか。

日本では全く見られない特殊嗜好だったために、その目新しさから「アメリカのオタク、規制されすぎで「自動車を犯すドラゴン」で抜く」として2ちゃんねるやそのまとめブログおよびtwitter等で下記のような噂が出回ったと思われる。

ドラゴンカーセックスにまつわる噂

欧米はR-18的表現のイラストへの規制が厳しい国であり、「性行為を思わせるイラスト」の取り締まりは年々厳しくなる一方であった。

コンビニではR-18雑誌の扱いが禁止(配慮)され、未成年(ロリ、ショタ)に見えるイラストはことごとく禁止。同性愛は当然のごとくタブーであり、女性の裸のイラストを所持していただけで逮捕されるというケースもあったほど。

近年、その毒牙ともいうべき「未成年の性教育にふさわしくないものは、手当たり次第に規制していく風潮」は人間同士の恋愛話/アニメ内のセクシーネタにすら及び、挙句の果てには、多くの人が理解できないからと長年容認されていたジャンルであるはずの動物同士の性行為や、動物を擬人化したアニメ(ケモモンスター娘)や、ロボット同士のエロ表現など、人間に被害者のいない分野にまで講義が発展したという。近年はカニバリズムなどの異常性癖、汗や素足といった個人的なフェチにすら物言いがつく始末である。

最終的には「ドラゴンと車のセックスくらい特殊な性行為でない限り、エロ規制派は見逃してもくれない」と言われるほどであった。

実際のところは……。

上記の内容は極めて偏見的な誤解かつ誇張であり、アメリカ合衆国カナダのように一時性表現が厳しく制限された国でも、ドラゴンカーセックスのような表現しか許されないほど規制が強化された事実は一切無い。

「表現が規制されすぎた末の末路」などという、本国ではちょっとした冗談で言われたものに尾ひれがつき、これを真に受ける者が現れただけのことである。当然のことながら欧米でもごく普通の人間の女性を扱ったR-18イラストは日本同様普遍的に存在する
そもそも、欧米は性に対して開放的な国であり、R-18市場は日本と比べ物にならないほど規模が大きいため、警察が介入できないようなモラルの欠片もない無法地帯も未だ数多く存在する。そういった背景もあって取り締まる側も過激的にならざるを得なかったとも言われている。

R-18イラストも扱われる海外サイト(rule34やHentai Foundryなど)を見回れば、ドラゴンカーセックスのような、特殊な性癖のイラストはすぐに見つけることができる。しかし日本にもマトリョーシ姦など極めて特殊性が高く、かつ海外では全く見られない性的嗜好ジャンルは存在するということは重々再認識しておかなければならないだろう。

少年ジャンプ+読み切りの「性癖が力になる世界(外部リンク)」ではこの性癖が大々的に登場し、再度話題になった。

ちなみになぜドラゴンとカー(あるいは建物)なのかという問いに答えるには、ここに記載するには余白が狭すぎる程に数多くの性的嗜好が結びついた結果なので、自分で考えて見ると面白いかもしれない。
とはいえ前述の性癖が力になる世界ではその一端を覗くことが事ができる。

日本人に見つかった結果

ドラゴンカーセックス警察ちゃん
城娘


どうしてこうなった

関連タグ

R-18 ドラゴン  異種姦 機械姦 ネッ広 恐竜戦車
触手ぶっかけ -日本から海外に広まった性嗜好

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンカーセックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 529930

コメント