ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:佐倉綾音(ヒーローズ)


概要編集

ニルス、再び


吟遊詩人少年踊り子ニニアン。ニニアンと同じく氷竜族と人間のハーフで、かつての人竜戦争が始まった際に姉と共に異世界へと逃れた竜族である。姉と共に黒い牙から逃れるため、エレブ大陸各地を旅している。

見た目以上に長い時を生きている。姉と同じように人ならざる特別な力を持つが、姉よりはやや力は弱い。

素直で明るい性格だが、その経験からか強い人間不信のきらいがある。ニニアンをとても大切に思っていることもあり、彼女とエリウッドとの恋愛は、冷静だが悲観的にみていた。


エンディングではニニアンと異世界に帰るが、ニニアンとエリウッドが支援Aの場合は残りたいと願う姉を後押しし、ニルスだけ異世界に帰ることになる。

続編である前作『封印の剣』には登場しないが、主人公ロイの叔父にあたる可能性がある。


ユニット性能編集

クラスはバード

お馴染みの再行動ユニット。限界値に調整が入ったほか、一時的に味方の能力を大幅アップさせる能力が追加された。


ニニアンとは、レベルと能力値を互いに共有し合っており、実質的に2人で1ユニット。

自軍ユニットとして使えるのはリン編終盤〜リン編クリア、エリウッド編/ヘクトル編の最終盤〜ゲームクリアと非常に短い。


HP・速さ・幸運・魔防が極めて伸びやすく、守備も一般的な基準からすれば伸びる部類。力・技はほとんど伸びないが、そもそも上がっても無意味。詰まるところ、ニニアンと全く同じ成長率。


属性は氷。支援相手はなし。

能力値とは違い、支援は引き継げない。ニニアンと支援を組んだユニットは、ニルス再加入時点から支援レベルだけ残したまま相手を失うことになるため、注意が必要になる。


ヒーローズ編集

清朗なる笛の音 ニルス編集

属性
兵種竜/歩行
武器氷晶のブレス(専用)
補助奏でる(専用)
AHP守備2
B鼓動の封緘・偶数3
C歩行の鼓動3

2020年2月からやっと登場。初めて戦えるユニットに。竜の姿は原作のイラストのみでゲームでは竜の姿は全くなかったがヒーローズで初のお披露目となった。ステータスはニニアンと似ているが強いて違いを言うならHPと速さが高めで守備もやや高い。


専用武器の「氷晶のブレス」は錬成ブレス効果とターン開始時か「奏でる」使用する時、自分の周囲4マス以内にいる最も近い敵の全ステータス-4と〇マス以外に補助系使用時にも発動するちょっと変わった効果。

初登場した「鼓動の封緘・偶数3」は偶数ターン開始時、自分よりHPが1以上低い、かつ奥義発動可能状態の敵のうち、最もHPの低い敵の奥義発動カウント+2と一気に奥義発動から遠のく事が出来る。相性が良いオフェリアには刺さりやすい。原作同様にサポートに特化した構成であり、少々癖はあるが相手にステータスダウンや奥義を遅らせる妨害も得意とする。


マルスやスラシルなどの竜特効や反撃出来ない遠距離からのユニットには気をつけたい。


永遠の星の旅人 ニルス編集

ニルス

属性
兵種竜/歩行
武器一驚のブレス+
補助奏でる(専用)
B大地静水の舞い2
C竜刃の鼓舞

2022年10月からニルス初の超英雄。戦渦の連戦の報酬として配布される。この少し前には姉が伝承英雄として登場しており、それに続いての登場となった。


通常版とステータスを比べると中途半端だった速さと魔防はかなり上がるがHPと守備は下がってしまった。


一驚のブレスは錬成ブレス効果に加え、自身のHPが25%以上なら戦闘中、攻撃魔防+5かつ敵の攻撃魔防が自分の魔防20%分減少。通常版と違って僅かながら戦闘に参加することが出来るようになっている。魔防が高くなったおかげで魔法かマムクートには強くなった。


弱点は同じだが守備が低いせいで竜特効以外でも倒されやすくなっている。


Cスキルに通常版ニニアンの竜盾の鼓舞と対を為す「竜刃の鼓舞」を持っている。


関連タグ編集

ファイアーエムブレム FE 烈火の剣

ニニアン エリウッド ヘクトル リンディス

ロイ


マムクート  氷竜

ショタ 少年 姉弟  吟遊詩人  緑髪 緑フェス

ユリアミネルバ弓弦エレオノーラ…同シリーズの中の人繋がり。全員女性

関連記事

親記事

烈火の剣 れっかのけん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34318

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました