ピクシブ百科事典

ネズミ怪人

ねずみかいじん

ネズミ怪人とは、仮面ライダーBLACK第36話、第38話に登場するネズミのゴルゴム怪人の名称である。

「俺だ。連中がそっちに向かった。」
演:岡田祐一(人間体)/CV:新井一典

概要

仮面ライダーBLACK』第36で先行登場し、第38話「謎!? EP党少年隊」から本格的に活動を開始するネズミ型改造人間

ゴルゴムメンバーの1人・坂田龍三郎が“地球平和(まっかな嘘)”を名目に立ち上げた政党【EP党】の陰謀を知るレジスタンスグループの壊滅及び、彼らと接触した南光太郎=仮面ライダーBLACKの信頼を失墜させる任務を帯び、岸本という名の青年姿でレジスタンスへと入隊。ゴルゴムの内通者として暗躍していた。
また、【EP党】の防衛も担当しており、配下の赤青緑の5匹の子ネズミたちを人間の子供に化けさせ、【EP党】の防衛担当の隊員として送り込んでいた。

物陰を巧みに移動しつつ、相手の死角から不意を突き、鋭利なや鋭いに襲いかかる戦法を得意とし、長い尻尾で相手のに絡みつけて攻撃や動きを封じることも可能。
また、ネズミの怪人だけに素早い動きで相手を翻弄する術に長けており、その鋭敏な動きはBLACKが『マルチアイ』を持ってしてやっと見切れるほどである。

【EP党】に情報が事前に洩れていたことを不審に思った光太郎に正体を感づかれた為、正体を現し襲い掛かるが、最後は動きを『マルチアイ』で見切られ、に絡めた尻尾をチョップで切断され狼狽している隙に『ライダーキック』を叩き込まれて爆散。消滅した。

関連項目

ゴルゴム怪人 ゴルゴム ネズミ 仮面ライダーBLACK

コメント