ピクシブ百科事典

ハイケンスのセレナーデ

はいけんすのせれなーで

オランダの音楽家ジョニー・ハイケンスが手がけたセレナーデ。

ジョニー・ハイケンスとは何者?

まずジョニー・ハイケンスという人物について説明せねばならない。
ジョニー・ハイケンスは1884年9月24日にオランダのフローニンゲンに生まれ、後にベルギーへ留学してヴァイオリンを学ぶ。
第二次世界大戦終結直前までドイツ国内に留まっていたが、戦争末期に祖国のオランダに帰国。彼は熱心なナチス・ドイツの支持者であり、アドルフ・ヒトラーを賛美し、ユダヤ人の強制収容を肯定していた。このためか、オランダ帰国後連合軍によって逮捕され、1945年6月28日にヒルフェルスムの監獄獄中死した。
このためか、重要な音楽家として本国では見做されていない。

曲の概要

少なくとも第二次大戦前に作られた曲。原題はStändchen, Op.21-1
日本では1943年に日本放送協会のラジオ番組『前線へ送る夕』のテーマ曲として採用されたことで知名度を一気に上げた。戦後は国鉄→JRのブルートレインの車内チャイムとしても長らく使用され、鉄道ファンの間でも知名度は高い。

残念ながらセレナーデ以外は戦争の影響で資料が散逸してしまい、全く知られていない。

関連記事

親記事

クラシック音楽 くらしっくおんがく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイケンスのセレナーデ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78

コメント