ピクシブ百科事典

バトレー・アスプリウス

ばとれーあすぷりうす

バトレー・アスプリウスとは、『コードギアス反逆のルルーシュ』シリーズに登場するキャラクターである。

概要

CV:宝亀克寿
エリア11総督クロヴィス・ラ・ブリタニアの側近を務めるブリタニア人の将軍にして研究者。
クロヴィスの腹心の部下でもあり、総督としては実務能力に欠ける彼の補佐を行っていた他、彼が極秘裏に推進していた『コードR』に関する研究の指揮を執っていた。
皇族直々の側近を務め、伯爵であるロイド・アスプルンドが敬語を使って接していたことから、少なくとも子爵以上の高い爵位を持つ貴族であると思われる。

少々神経質で心配性な面が目立つものの、皇族への忠誠心に厚い義の人物であり、直接の主人であるクロヴィスに対しても裏表無く誠心誠意仕えていた。
しかし、サイタマゲットー掃討作戦の折にギアスに目覚めたルルーシュ・ランペルージにギアスを掛けられ現場から遠ざけられ、その隙にクロヴィスはルルーシュに暗殺されてしまう。
その責をジェレミア・ゴットバルトに追求され失脚、更には本国へ強制送還され、終生幽閉されるという重い刑罰を科せられてしまうこととなる。
しかし、その後コードRの研究を指揮していた実績をシュナイゼル・エル・ブリタニアに買われて復権、彼の指揮下で神根島での解析作業に関わっていた他、ジェレミアの改造手術も手掛けている(この一件から、後にジェレミアに恨まれることとなる)

コードギアス反逆のルルーシュR2』では、今度は皇帝シャルル・ジ・ブリタニアの命令でギアス響団へと派遣される。
しかし、そこで皇帝とV.V.の計画の内容や自身がずっと追い求めていたギアスの真実を知り驚愕、恐怖心からその場を逃れたいと願いながらも、命の危険を察して渋々協力していた。
その後、響団本部へと潜入してきたコーネリア・リ・ブリタニアに真実を話して助けを求めるも、彼女もまたV.V.によって捕われの身となってしまう。
最期は、響団本部が黒の騎士団によって強襲された際、その攻撃に巻き込まれ致命傷を負い、ジェレミアに看取られながら息を引き取った。
今際の寸前、自身の今までの行為とかつての主クロヴィスを守れなかったことを悔やんでいる。
最期を看取ったジェレミアはバトレーに恨みを持っていたが、自分同様ギアスに関わったばかりに数奇な運命に翻弄された彼を憐れみつつ、その皇族への忠義の深さを認め感嘆していた。

関連タグ

コードギアス反逆のルルーシュ コードギアス反逆のルルーシュR2 
クロヴィス・ラ・ブリタニア ジェレミア・ゴットバルト
バトレー→投稿作品の登録タグはこちらの方が多い

pixivに投稿された作品 pixivで「バトレー・アスプリウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8677

コメント