ピクシブ百科事典

パラサイト半地下の家族

ぱらさいとはんちかのかぞく

『パラサイト 半地下の家族』とは、2019年に公開されたポン・ジュノ監督の韓国映画である。
目次[非表示]

概要

格差社会における家族間の対立を、ブラックジョークを交えて描いた犯罪サスペンス。
ハリウッドに渡っていたポン監督にとっては、2009年の『母なる証明』以来の純粋な韓国映画となった。
今作は国際的にも高く評価され、第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画として初のパルム・ドール、第92回アカデミー賞では非英語作品として史上初の作品賞を含め4冠を達成。パルム・ドールとアカデミー作品賞両方の受賞は1955年の『マーティ』以来、実に64年振りのことである。

原題は『기생충』(Gi-saeng-chung)で「寄生虫」を意味する。
邦題に冠されている「半地下」とは、一階の床下に位置する文字通り半分地下に埋まった住居を指す。かつてソウルでは北朝鮮との戦争に備えてビル地下に防空壕の設置を義務付けていたが、1990年代ごろからこれらが低所得者向けの格安物件として改築・再利用されるようになり、貧困の象徴ともなった。

あらすじ

アパートの半地下に住むキム一家は、夫婦は台湾カステラの事業が破綻、2人の子供は高い学力を持ちながらも受験に失敗し、全員が失業中であった。
長男のギウはある日、友人から家庭教師アルバイトを紹介される。雇い主は高台の豪邸に住むIT長者パク家。そこでパク家の母ヨンギョに取り入ったギウは、新たに美術の教師として妹のギジョンを紹介する。さらにギジョンは策を弄してパク家の運転手を解雇に追い込むと、後任として父ギテクを紹介する。そして最後の仕上げとして、家政婦のムングァンを一家総出で陥れ、その後釜に母チュンスクが納まったのだった。
こうしてパク家への寄生に成功したキム一家だったが、パク邸の留守を預かっていたある夜、突然の来客により事態は一転してしまう。

キャスト

役名配役
キム・ギテク(キム家の父)ソン・ガンホ
キム・チュンスク(キム家の母)チャン・ヘジン
キム・ギウ(キム家の長男)チェ・ウシク
キム・ギジョン(キム家の長女)パク・ソダム
パク・ドンイク(パク家の父)イ・ソンギュン
パク・ヨンギョ(パク家の母)チョ・ヨジョン
パク・ダヘ(パク家の長女)チョン・ジソ
パク・ダソン(パク家の長男)チョン・ヒョンジュン
ムングァン(パク家の家政婦)イ・ジョンウン
グンセ(ムングァンの夫)パク・ミョンフン
ミニョク(ギウの友人)パク・ソジュン


スタッフ

監督 - ポン・ジュノ
脚本 - ポン・ジュノ / ハン・ジンウォン
製作 - クァク・シンエ / ムン・ヤングォン / チャン・ヨンファン
音楽 - チョン・ジェイル
撮影 - ホン・ギョンピョ
編集 - ヤン・ジンモ
製作会社 - バランソン・E&A・コープ
配給 - CJエンタテインメント(韓国) / ビターズ・エンド(日本)

公開 - 2019年5月30日(韓国) / 2020年1月10日(日本)
上映時間 - 132分
製作国 - 韓国
言語 - 韓国語

備考


関連タグ

映画 / 韓国映画 / サスペンス映画 / コメディ映画 / 映画の一覧
格差社会
パラサイト
チャパグリ

万引き家族…こちらも訳ありな家族の貧困が描かれた映画。本作にとって1つ前(2018)のパルム・ドール受賞作でもある。

外部リンク

映画『パラサイト 半地下の家族』オフィシャルサイト
パラサイト 半地下の家族 - Wikipedia

関連記事

親記事

ポン・ジュノ ぽんじゅの

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パラサイト半地下の家族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2024

コメント