ピクシブ百科事典

ポン・ジュノ

ぽんじゅの

ポン・ジュノ (봉준호) は、韓国出身の映画監督。
目次[非表示]

経歴

1969年9月14日生まれ、韓国大邱(テグ)出身。
1995年、インディペンデント短編映画の『支離滅裂』が高い評価を得る。
2000年、『ほえる犬は噛まない』で長編監督デビュー。
2003年の『殺人の追憶』、続く2006年の『グエムル-漢江の怪物-』が韓国で記録的なヒット。
2013年、フランスバンドデシネを原作とした『スノーピアサー』でハリウッド入り。

作風

監督本数は少なくまだ若手ながら国内外で評価が高く、すでに世界的フィルムメーカーの一人になりつつある。
容赦ない暴力描写、オフビートなコメディ、社会風刺、娯楽性、予想を裏切る結末など、その作風はジャンルミックス的といわれる。

日本とのかかわりとしては、『ほえる犬は噛まない』で『フランダースの犬』のアニメ主題歌の引用をして見せ、『殺人の追憶』で音楽に岩代太郎を起用し、日本に関するオムニバス短編集『TOKYO!』『3.11 A Sense of Home Films』に参加するなどしている。

作品

長編

『ほえる犬は噛まない』2000年
『殺人の追憶』2003年
グエムル-漢江の怪物-』2006年
『母なる証明』2009年
スノーピアサー』2013年

オムニバス短編

『20のアイデンティティ/異共』「Sink and Rise」2004年
『三人三色』「インフルエンザ」2004年
『TOKYO!』「シェイキング東京」2008年
『3.11 A Sense of Home Films』「Iki」2011年

関連タグ

映画監督
韓国映画
ソン・ガンホ

関連タグ

ポン・ジュノ - Wikipedia
ポン・ジュノ - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「ポン・ジュノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 334

コメント