2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ビトノト

びとのと

ビトノトとはドラゴンボールヒーローズのヒーローアバター、ビートとノートのカップリング

概要

ドラゴンボールヒーローズにはアバターが現在24人おり(種族が8種類、タイプが3種類)、その中の男サイヤ人のヒーロータイプ・ビート女サイヤ人のヒーロータイプ・ノートのカップリング。

ゲームの関係上、付き合っているわけではない。
しかしゲームのスペシャルムービーでは2人セットのことが多い。またバトルでヒーローアバターを登録する際に使うヒーローアバターカードにもこの2人は大抵、一緒に一番前の位置にいる(たまに例外はあるが)。
また当初はゲームの中でしか交流がなかったが、後のPVにて一緒にゲームセンターまで笑顔で駆けて行くシーンがある。このことからリアルでも付き合いがあることが窺える。
同じサイヤ人でもあるためか、カップルとするファンもいる。

ただし、あくまで二次創作なので注意。彼らはあくまでアバター、プレイヤーの分身である。
pixivにおいては主にkaroine氏がカップリングイラストを多数投稿している。

We are the Heroes ~バレンタインスペシャル ~


とよたろう氏によるコミカライズ版『ビクトリーミッション』では、二人について以下の事柄が描かれている。

  • 初対面のノートからの手紙(果たし状)をビートがラブレターと勘違いして喜ぶ。
  • 当初ノートはビートをライバルとしか見ていなかったが、ビートの人柄に絆され面倒見の良さを発揮する。
  • ビートとノートは付き合っているとフォルテに勘違いされている(ノートは仏頂面で否定しておりテレ隠しは見られない)。
  • ノートはビートに対してだけ「君」付けで呼ぶ(大人であっても基本は呼び捨て)。
  • 気の強いノートだがビートにだけは悩みや弱さを打ち明けている(ビートも同じことを考えていると思ったかららしい)。
このほか、ビートをトーナメントに連れてきたり、全国大会に向けた修行につき合ったりとノートの役割は大きい。

ワールドミッション』では漫画版をベースにしているところはあるものの性格は異なる。しかしながら二人の掛け合いはかなり多い。
  • ノートが仲間になる経緯がビクトリーミッションとほぼ同一。
  • 序盤から登場することもあり二人で共闘する展開が多い。実質相棒。
  • ノートをブロリーに殺されたと思ったビートが激しい怒りに駆られる
  • ノートはビートをライバルと見ているが、あまり口にしないので態度は完全にガールフレンドのそれ。

スーパードラゴンボールヒーローズプロモーションアニメの特別編では、この2人が新たなアバター、破壊神アバターと共に登場。


関連タグ

ドラゴンボールヒーローズ ビート(DB) ノート(DB) ヒーローアバター

関連記事

親記事

ドラゴンボールのカップリングタグ一覧 どらごんぼーるのかっぷりんぐたぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ビトノト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ビトノト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 352499

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました