ピクシブ百科事典

フロストバイト

ふろすとばいと

フロストバイトとは、サイバーパンクニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」に登場する敵ニンジャである
目次[非表示]

◆忍◆ ニンジャ名鑑#25 【フロストバイト】 ◆殺◆
ソウカイ・シックスゲイツの一人。氷スリケンを操る割と地味なニンジャ。氷スリケンは数分で溶けるため完全犯罪が可能。
ヨロシサン製薬がネオサイタマ市警にバイオコップを売り込もうとした際、強固に反対した要人2名を暗殺したのもこいつ
ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)

「あばよ、爺さん!あの世でハイクを詠むがいい!貴様の死因はショドー中の転倒死だ!」

人物

登場エピソードは第1部「メリー・クリスマス・ネオサイタマ
暗黒経済組織ソウカイ・シンジケート所属のニンジャであり、エリートニンジャ部隊シックスゲイツの一人(因みに能力の都合上、冬季限定)。劇中では言及されていないが、氷と冷気を操るコリ・ニンジャ・クランのニンジャソウル憑依者である(ソウルの格は不明)。

ヨロシサン製薬ソウカイヤが主導する「クローン・マッポ導入計画」の反対派であったネオサイタマ市警の重鎮、イノウエ・キリシマとホタカ・ナカナカを相次いで暗殺。最後の一人であったノボセ・ゲンソンを暗殺しようとしたまさにその時、これを嗅ぎ付けていたニンジャスレイヤーの妨害を受け、そのまま交戦。氷スリケンと液体窒素でニンジャスレイヤーをあわやというところまで追い詰めた。

ソウカイ・ニンジャの中でもバンディットと並んで妙に人気が高い。ただしバンディットと違い、シックスゲイツのニンジャの中でも手練れの部類に入る。

容姿

灰色のニンジャ装束を纏い、オムラ・インダストリ製の小型急速冷凍装置を背負う。この装置からは細いホースが伸びており、装束の袖口に隠された冷気射出口に繋がっている。

ジツ・カラテ等

氷スリケン

フロストバイトの代名詞。装置から放出された冷気をニンジャ握力によって高速圧縮し、ダイヤモンドカッターにも匹敵する切れ味の氷スリケンを生成する。
氷ゆえに僅かな時間で溶けて消滅するため、ニンジャソウルの残滓も含めて痕跡を残す事が無い。凶器は自動的に隠滅され、ネオサイタマ市警のザルめいた捜査、まともに捜査を始めても「テダシムヨウ」の符丁を知る悪徳上級マッポが介入するため死因は有耶無耶になり特定されない事から事故死に見せかけた暗殺に適している。因みに「テダシムヨウ」の符丁は、「死体の口に豚足を突っ込む事」である。
通常のスリケンよりも威力に勝るらしく(地の文=サンいわく「ギザギザが多い」ことが理由)、通常のスリケンによる迎撃を受けてもそれを切断し、勢いを衰えさせずに相手に向かっていく。
さらに受け流そうとすると温度差で指に貼りつき、それでも回転を止める事が無い為、敵ニンジャの手を破壊する効果もある。彼はこれで「スリケン受け流しに絶対の自信を持つ、気取ったいけ好かないニンジャの手を破壊してきた」という。
漫画版「無印」では雪の結晶の形状。一度に一つしか生成出来ない模様。

氷クナイ・ダート

氷スリケン同様、冷気から生成された投擲武器と思われる。彼のヒサツ・ワザであるらしいが、氷スリケンとの具体的な性能の差異は不明。
漫画版「無印」では氷柱めいた形状。こちらは一度に二つ生成可能らしい。

液体窒素噴射

接近戦では背中の小型急速冷凍装置から液体窒素(作中では液化窒素と表記される)を噴出し、相手に浴びせ掛ける。もろに喰らうと冷凍マグロめいて冷たくなって即死するとの事。

関連タグ

ニンジャスレイヤー ソウカイヤ

pixivに投稿された作品 pixivで「フロストバイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7006

コメント