ピクシブ百科事典

ベーダー人

べーだーじん

漫画『ザ・ウルトラマン』に登場する宇宙人。
目次[非表示]

概要

大円盤群を率いてその進路上にある星々を次々に侵略する宇宙流れ者

古代エジプト人のような衣装を纏った宇宙人で、外見がどことなくロボットを思わせる風貌になっている為、もしかすると機械生命体なのかもしれない。組織としては大規模である為、小規模の部隊でそれぞれが行動しているようで、部隊長を務めているものはマントを羽織っているという特徴を持つ。

100日間眠り100日間活動するという周期で行動する習性を持っており、進路所にあったウルトラの国が誇る大要塞を瞬く間に破壊した後、そのまま地球とウルトラの国目指して進行する。

大要塞からのSOS信号の調査にやって来たエースタロウにその動向が知られると、直ち彼らを迎え撃つために面要塞建設のための協力要請を地球へと打診(なぜ眠りの期間に一気に倒してしまわなかったのかと突っ込んではいけない。多勢に無勢な事や、他の仲間たちが到着するまでに非常に時間が掛かるのだろう。きっと…)。

その圧倒的大多数の人数による物量戦や円盤からの『スペースベーダー砲』などでゾフィーを始めとするウルトラ兄弟たちや、ゾフィーの要請により派遣された200名のウルトラ忍者部隊を追い詰めるが、最後は決死の覚悟へ放たれた奥の手である『ビッグM87光線』を受け全滅した。

ベーダー総統

宇宙の侵略者ベーダ人たちを率いるベーダー人たちのファラオのような出で立ちをしており、数百日ぶりに目覚めると本格的に地球を侵略し投与目論んだ。

その圧倒的な物量により地球を守るために建設された月面要塞を徹底的に破壊し尽くつが、最後は油断して勝利を確信し地上へと降り立った所をゾフィーの決死の覚悟へ放った『ビッグM87光線』の直撃を受けて部下諸共消し飛ばされた。

関連項目

宇宙人 ザ・ウルトラマン

コメント