ピクシブ百科事典

マジク

まじく

秋田禎信によるライトノベルシリーズ「魔術士オーフェン」シリーズの主人公、オーフェンの一番弟子。宿屋「バグアップズ・イン」の一人息子で無謀編、はぐれ旅の両作品に出演している。約半年間に渡るオーフェンの「はぐれ旅」に同道。二つ名は「魔王の弟子」または「ブラディ・バース」。新シリーズではオーフェンの娘を弟子に持つ。
目次[非表示]

CV:南央美

人物

無謀編』及び『はぐれ旅』におけるマジク

本名はマジク・リン
端正な顔立ちをした金髪碧眼少年で、年齢は14歳。オーフェンがトトカンタにて間借りしている宿屋「バグアップズ・イン」の亭主バグアップとアイリスとの間に生まれた一人息子。
オーフェンから魔術を学び、彼を「お師様」と呼んで慕っている。また内弟子として旅の間も行動を共にしていた。

基本的に真面目お人好しな性格で、自立心旺盛。ちゃっかりしている様で、生き方は師匠のオーフェンに負けず劣らず不器用である。
いじめられっ子体質で、無謀編時代から学校では友達(奇人変人)やクリーオウには虐められたり八つ当たりされたり、に出てからもオーフェンからこき使われたりと、何かと貧乏くじを引き易いが、打たれ強いのか立ち直りは早い。身体能力は10歳の女の子に負けるレベル。
旧シリーズでは魔術水浴びの覗きに使用したり、ガールフレンドに対して恋慕の情を抱いていたり(相手からは凶悪犯の人質にされてもあっさり見捨てられるなど友人以下としてみられていた)と年相応にスケベな描写が散見された。しかし…。

異常なほど魔術の素養があり、オーフェンから習う数々の魔術を人間の範疇では考えられないスピードで習得、本来なら数十年かかる所をわずか半年足らずマスター漫画版に至ってはまだトトカンタで暮らしていた、物語開始直後から!)し、一人前の魔術士として認められた。しかし本来熟達した魔術士が何年もかけて身につける技術素人同然のマジクが見よう見真似でできてしまう、というアンバランスさは諸刃の剣で、オーフェンすらも上回る「」に振り回されたマジクは旅の間、挫折の連続であった。
第二部が終盤に近づくにつれ、共に学ぶ仲間のいない視野の狭さから魔術士=オーフェンが全てと思い込んでしまい、タイミング悪く師匠のオーフェンも弟子に向き合う余裕がまるでなかった為マジクは苦悩を深め、オーフェンとすれ違ったまま卒業という形に。
自らの意思で道を決め、挫折と成長を繰り返しながら一人、理想の魔術士を目指した。

実際の所、マジクが憧れているのは魔術士としての技量よりも「いかなる状況に置かれても必ず事態を打開し、周囲の者にもそれを成せる存在だと信頼させる」オーフェンの人としての強さであり、比較対象としてコンプレックスを抱く相手でもあった。

新シリーズにおけるマジク

新シリーズでは原大陸でもトップクラスの実力を有する術者となっている。母親と同じ二つ名の「ブラディ・バース」と呼ばれ、オーフェンの懐刀として戦闘魔術騎士団に席を置いている。騎士団内では戦闘において最も頼りにされると同時に畏怖される存在に。
学校に通っていた頃は先輩女子からの人気は高く、大量にラブレターを貰ったりとわりとモテていた様子だが、新シリーズでは淡白を通り越して枯れており、未だ独身である。公式の設定で、敵対関係だった女性とに落ちその恋人とガンダムばりの悲哀(死別?)をしたというエピソードがある為、その辺りが原因ではと推論されるが、真偽のほどは定かではない。

表向きは魔術学校に教師として働いているが、こちらでは実力を隠しているせいもあってか生徒達には大変舐められている。
オーフェンのラッツベインを弟子にもつが、マジクがどれだけ戦闘で活躍を見せても何故か「よわっちさ満点で頼りない師匠」との認識を頑なに変えないため、交わされる会話はボケ漫才のようにずれている。仲は良いが、上下関係は非常にゆるい。自らが弟子だった時代に散々挫折を経験してきた為か、悩むラッツベインに対しての助言は的確である。
新司令官の任に付いたマジクは、直属の部下がラッツベインとオーフェン家の次女エッジになった為、姉妹喧嘩を繰り返す二人を尻目に苦労が絶えない日々を送っている。

備考

  • 名前の由来について、Magic(魔法)のもじりや、某台所用洗剤の商品名など諸説あったが、正解は「作者の単純な思いつき」ということらしい。
  • 緑色の瞳や超人的な潜在能力の高さから、読者の間で「実はドラゴン種族ではないか」という噂も流れたが、一応は人間である。しかし母親がケシオン・ヴァンパイアの末裔という事から彼もその血統と示唆される。


関連タグ

魔術士オーフェン
魔術士 無謀編 ブラディ・バース ラッツベイン 師匠 ショタ
後日談 あいつがそいつでこいつがそれであいつ以下略

pixivに投稿された作品 pixivで「マジク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 286426

コメント