ピクシブ百科事典

マフィ・ギャング

まふぃぎゃんぐ

マフィ・ギャングとは、デュエマの種族の一つであり、闇文明の勢力である。
目次[非表示]

特徴

DMRP-01 から始まった「新章デュエル・マスターズ」の背景ストーリーにおける闇文明種族

従来の背景ストーリーでは、基本的に各文明毎の主な種族は、
・各文明の主力である大型種族(アーマード・ドラゴンエンジェル・コマンドデーモン・コマンド等)と小型種族(ヒューマノイドガーディアン等)。

・メイン種族(ティラノ・ドレイク等)とそのサポート種族(ブレイブ・スピリット等)と言った文明毎に様々な種族が存在していたが、「新章デュエマ」では各文明の主な種族は一つだけ。
しかし、カードでは同じとされている種族も種族内で複数の系統があるらしく、
かつてのサムライナイトシノビの様に「属する勢力」なのかもしれない。

背景ストーリーの設定

「凶鬼」

デュエル・マスターズ『凶鬼04号 ビビム』


後述の「改造医者軍団」によって生み出されるモンスター。
命名法則は「凶鬼(数字)号+(カタカナの単語)」。
基本的に数字は各改造医者によって名付けられるが、
特に優れた者は後述の「影の者」によって一桁の番号を与えられる。

また、「同じ番号を付けられた凶鬼同士は殺し合いを始めてしまう」性質上、番号が被る事はないらしい。

「改造医者軍団」

センシティブな作品


様々な材料を元に「凶鬼」を産み出すマッドサイエンティスト達。
命名法則は「◯◯医+(カタカナの医学解剖学用語)」。
「改造医者」となるには「影の者」から与えられる免許が必要らしく、憧れる者もいる。

「凶鬼の命名は適当な思いつき」、「より強大な凶鬼を製造できる手段を思いついたが、手間がかかるから誰かに任せておこう」等、適当で怠惰な気質が目立つ。

「影の者」

【デュエル・マスターズ】ショーペン・ハウアー


フード等、頭部を覆う被り物の影に、両目が輝く人型種族。
命名法則は歴史上の哲学者経済学者政治学者等の名前もじりが多い。

「特に優れた凶鬼の選定を行う」、「改造医者の資格の管轄を行う」等、
闇文明のダークロードを思わせるマフィ・ギャング内における支配階級だが、
後述の「闇の七王」なる更に上位の存在がいるので、「中間管理職」と思われる。

マフィ・ギャングの支配者

彼らはカード化されておらず、マフィ・ギャングなのかどうか分からないが、便宜上記載する。

「闇の七王」

戒王の封


蝕王の晩餐


マフィ・ギャングの支配者達。
彼らの力の片鱗を表すと思われる呪文のみがカード化されており、フレーバーテキストでのみ彼らの存在が言及されている。

の6名と、
「畏怖と敬愛の念を込めて「あのお方」と呼ばれ、闇の七王以外はその名を口にすることすら許されていない」とされ、許されぬ者がその名を誤って口にしたならば、恐ろしい結末が待っている事が暗示されている

  • 「あのお方」なる人物との計7名でなっている。
しかし、デ・スザークが力を増しつつ猛威を振るう様についに揃うも、卍月 ガ・リュザーク 卍となったデ・スザークの炎によって一瞬で焼き尽くされてしまった。

また、かつては七王をも上回る力を持つ「業王 ディカロ」も含め「闇の八王」と称されていたが、キングダム・オウ禍武斗との九日間に渡る死闘の末に業王 ディカロは魂すら打ち砕かれてしまったという。

更に長い眠りから目覚めた忘れられし九番目の王、「幻王ザイン」もいたようだ。

百科事典に項目が存在するマフィ・ギャング


関連タグ

デュエル・マスターズ デュエマ種族一覧 クリーチャー 闇文明 魔導具 
マスター・ドルスザク マフィア ギャング

外部リンク

アニヲタWikiの「マフィ・ギャング(デュエル・マスターズ)」項目

関連記事

親記事

デュエル・マスターズの種族一覧 でゅえるますたーずのしゅぞくいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マフィ・ギャング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120913

コメント