ピクシブ百科事典

メメントモリのドッペル

めめんともりのどっぺる

メメントモリのドッペルとは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(ドッペル)の一体である。
目次[非表示]

「見たことを反省なさい」

概要

メメントモリのドッペル
その姿は、花弁
この感情の主は、自分の環境を恨み、すべてを滅ぼそうとする。このドッペルは万物に等しく訪れる死を忘れず、舞い散る花弁ですべてを覆い隠し、白い手袋で少女たちを優雅にエスコートする。
主と同様に直接的な攻撃方法は持たないが、万物の最期と共にあるその力はあまり恐ろしく、花弁で覆い隠したすべての魔力は朽ち果て、後には何も残らない。このドッペルを求めれば求めるほど、主の左腕はやがて完全に一体化するだろう。
(『マギアレコード』内アーカイブ「ドッペル一覧」より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
分類メメントモリドッペル
真名Totentanz
姿花弁
元の魔法少女八雲みたま
キャラクターデザイン原案・監修:劇団イヌカレー泥犬


外見

八雲みたまの上半身が布に覆われ、その布が制服を着た魔女の形を模る。

ゲーム上の性能

レアリティ効果
★5必ず強化呪い&必ず強化毒&必ずマギア不可(敵全/3T)&攻撃力アップ(全/3T)&自身に呪い


経歴

メイン&アナザーストーリー


派生

「地獄に堕ちるわよ」

メメントモリのドッペル
その姿は、佳日
この感情の主は、自分の環境を恨みながらも、新たに始まる年を、新たに出会った仲間と共に迎えられることを喜んでいる。
その喜びは黄金の百合や紅白幕といった形で体現されており、近づく者に花を散らしながら紅白幕で包み込むことで、歓迎の意志を表明する。
おせちが振舞われる時になると帰宅は許されず、人々は苦悶しながら久遠の世紀末を味わうことになる。
(『マギアレコード』内アーカイブ「ドッペル一覧」より)

八雲みたま 晴着ver.が行使するドッペル。
正月verと言うべき姿であるために紋付を着ていたり、攻撃時に鼓(つづみ)を鳴らしていたり、おせちで攻撃したりとどこか浮かれている。また攻撃時に登場する大凶の「凶」の字にとある生き物の顔が使われている。

その他

「メメント・モリ」(:memento mori)とはを忘るべからず」という意味である。

メメント・モリというキーワードから、名前の由来はフランツ・リストの作曲したピアノ独奏を伴う管弦楽曲、『死の舞踏』(:Totentanz)と思われる。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ マギアレコード
ドッペル 八雲みたま
SCP-201-JP-EX:外見が酷似。
コルボー(魔法少女たると☆マギカ):このドッペルの真名と同じく「死の舞踏」という意味を持つラ・ダンス・マカブルという技を使用する。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メメントモリのドッペル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7122

コメント