ピクシブ百科事典

ラインバッハ・ジャミール

らいんばっはじゃみーる

ラインバッハ・ジャミールとは、ライトノベル『神達に拾われた男』に登場するキャラクターある。
目次[非表示]

CV:子安武人

概要

神達に拾われた男に登場する。
公爵ジャミール家の先代当主で、先祖に動物の調教師を目指していた異世界転生者をもつ。本人は10体以上の竜種と契約しており、非常に優秀な従魔術師。
息子はラインハルト、義娘はエリーゼ、孫はエリアリア
リョウマとは息子ラインハルトの部下を森で助けてもらったことで知り合った。

彼が当主だった頃にスラムの住民救済及び町の衛生環境改善のため公衆トイレの設置など、精力的に領地にて活動していた(エリアリアの余談も参照)。また、他国との小競り合いに参加し武勲を挙げており、これらのことで各地に色々な知り合いがいる。

戦闘は火属性を中心とした魔法、先述の従魔術を組み合わせた万能型。従魔のドラゴンに頼らずとも高い戦闘能力を持つ。実際、(異世界転生者を除けば)作中でも非常に高い。

リョウマの人柄や優れた才能に着目し、冒険者ギルドや商業ギルドの紹介など自身のツテを紹介し、何かと便宜を図っている。リョウマと別れた後も時々手紙でやり取りをしており、彼の近況を聞いている。

リョウマエリアリアには好々爺だが、ラインハルト曰く「若い時は中々苛烈な性格」だったようで、漫画版の短編では先述の公衆トイレ事業で不正を働いた貴族マジ切れし、単身護衛も付けず乗り込み叩き潰している。

余談

ラインバッハは、ドイツ語で「美しい河」を意味する((ライン:美しい+バッハ:川))。公衆トイレの設置等、領地のために尽力した彼によく当てはまっている。半面、彼は火属性魔法が得意で真逆の側面もある。


関連タグ

神達に拾われた男
リョウマ・タケバヤシ
貴族 公爵 祖父 
剣士 魔法使い 魔物使い ドラゴン
高性能じいちゃん

息子ラインハルト・ジャミール
エリーゼ・ジャミール
 :エリアリア・ジャミール

ディオ・ブランドー/DIO(ジョジョの奇妙な冒険)…中の人繋がり文武両道で色々な所に影響力を持つところも共通している。因みに息子ラインハルトの中の人は、やれやれだぜ」「オラオラ」「てめーは俺を怒らせた」等で有名なこの人である。
セテス(ファイアーエムブレム風花雪月)…中の人繋がり。こちらも文武両道で影響力あり、実力に恥じない威厳を持つ点も共通。

関連記事

親記事

神達に拾われた男 かみたちにひろわれたおとこ

兄弟記事

コメント